リレーマラソン

中津川リレーマラソンに職場の仲間と出場した。
中津川リレーマラソンは2キロ強のコースをチームで20周するイベントだ。
リレーマラソンに出場するのははじめてだったが、それ以上に大人になってからはじめて陸上競技に出場する仲間も多かった。

天候にとても恵まれたこともあるが、仲間と一緒にがんばるのは楽しい。
皆それぞれ力走を見せてくれた。

自分としては3周を担当し、アップダウンのある2キロ強のコースを走ることなどないので、とても刺激が入った。
タイムも予想より早く、日々のトレーニングの成果が出たのかなと思う。

リレーマラソン後の打ち上げも大いに盛りあがり楽しい1日だった。

さくら道 その後

さくら道がリタイアにおわり、(あまりリタイアしないので)多くの方に心配をかけたようで連絡やコメントいただいた。
もう目に見えるようなダメージは抜けたが、抵抗力が落ちたのか吹き出物やヘルペスが出てしまった。
が、特に支障なく日々の生活に復帰した。

今回のリタイアをプラスにとらえ、次につなげ、またなにかを成し遂げたい。
自己満足でもいいから、自分の欲するチャレンジに挑みたいものだ。

さくら道 閉会式

レースから一夜明けて(二夜?)、今日はさくら道の閉会式だ。

さくらの記念植樹、閉会式、閉会パーティとすすむ。
レース終了直後はさくら道にリトライするつもりはほとんどなかったけど、みんなにまた会おう、また一緒に走ろうと言われると出たいような気持ちになる。
とてもありがたいことだが、レースは人のために走るものではない。
自分のためにもう一度さくら道を走りたい、走ることでなにかが得られると思える日が来たら、リトライしたいと思う。


さくら道 リタイア

今年のさくら道はリタイア。
暑さ順応がうまくいかず序盤はかなり抑えたにもかかわらず突っ込みすぎた去年より消耗が激しく、60km過ぎからは目眩との闘いとなってしまった。
涼しくなってきたらもう一勝負と粘るだけ粘ったが気温が下がった夕方でも目眩が治まらず106kmの第2関門でリタイア宣言。
今年のさくら道が終わった。
レース中できる限りのことはして粘ったので悔いはない。
翌日の夕方現在も頭痛や立ち眩みがあり、やめたことは正しい判断だったと思う。
強い選手は問題なく完走しており、準備不足&練習不足だったと言わざるを得ない。

人気のさくら道は1度リタイアすると再出場は2~3年後と言われており、リトライするかどうかは不明だ。

さくら道は応援もスタッフも暖かく厳しくも素晴らしいレースだった。
仲間たちとも出会える場となり、よい思い出と感謝の気持ちしかない。

レースの詳しい顛末と反省はまた後日としたい。

さくら道 スタート

いよいよスタート。

ではいってきます。