正真正銘?平日ラストナイター

今夜はおそらく正真正銘の今シーズンラストナイタースキーとして、稚内のこまどりスキー場へ行ってきた。
こまどりスキー場は(おそらく)日本最北端のスキー場だ。
稚内の住宅街近郊の丘にあるほんとに小さなスキー場で標高差50mぐらい、距離も300mぐらいしかない。
あまりに小さいのと傾斜も緩そうだったのでいままで行ったことがなかったが、スキーへの欲求から今回初めて行ってみた。

結果としては、思ったより楽しめた。
小さいながらもパークもあり(パークは入っていないけど)、何より料金がナイター券で600円と格安だ。
雪質も最近の気温から、ガチガチかとおもいきや適度に緩んだ雪面で、エッジの効きも良かった。
こんなことならもっと前から来ておけばよかった。
こまどりスキー場の営業も今週末いっぱいまで。
春の訪れはもうすぐそこだ。
しつこくスキーを楽しんでいきたい


ばんけいスキー場 固いよ

久しぶりにばんけいスキー場に日中行ってきた。
さらなるスキーテクニック習得のためSAJのテクニカル講習受講のためだった。
しかし。。。。

今日のばんけいは人生で2番目に固い超ハードなアイスバーンだった。
道北の良質な雪や深雪滑降をメインに滑ってきていた自分には、とても困難かつ恐怖な斜面で、いつもの滑りなんてとてもできなかった。
しかし、先生やハイレベルな受講者はものともせずに滑っていた。
すごい。。。

しかも、さとみんから受け継いだデモ用スキーの解放値をそのままにしていた(さぼっていた)せいもあり、ハードバーンで板を外す失態。しかも2回も。
左肩が抜ける感覚があり、こりゃまずいと思ったが、直後にはまったのと動かしても痛みがなかったので講習続行。
午後は雪が少し降ったことと、柔らかめの不整地で小回りだったので、ちょっとだけましに滑ることができた。

それでも、ハードなバーンでも華麗に滑るには程遠く、自分のレベルを痛感した。
上級者への道程はまだまだ遠いな。。。
しかしながら色々とアドバイスをいただき有意義だった。
近ければ通って習いたいと思うぐらい丁寧でわかりやすい講習だった。

代償?として時間がたつにつれて、左肩の状態が悪化。
こりゃーしばらく安静かもしれないな。。。
早く練習したいのに。。。

豊富温泉スキー場 今シーズンラストナイター

豊富温泉スキー場の平日ナイター営業が昨夜で終了した。
毎年スキー場の行事が終わるこの時期に営業が終了してしまう。
昨夜は一昨日からの降雪で、今シーズンベストといってもいいゲレンデコンディションだった。
非常にもったいない。。。

豊富温泉スキー場は、宗谷留萌のスキー場ではなかなかの長さと斜度があり、コブもあり基礎練習にはもってこいだ。
そして一番のセールスポイントは17:30からのナイター営業前に圧雪が入るということ。
ナイターに滑りに行くと、常にキレイな圧雪で滑れるのがとても良い。
値段も1,000円とリーズナブル。

ただしナイターは火・木・土しか営業していない。
amatchはその合間をぬってセルフナイターも楽しませてもらっていた。
今シーズンも平日は通いつめており、お世話になったなあ。

しかし、まだ終わらんよ。
ギリギリまでセルフで楽しませてもらおうと思う。
これからが春スキー本番!


ありがとう!豊富温泉スキー場

荒天の週末 練習あるのみ

今週末は北海道は荒天の予報だった。
予想天気図を見る限り、台風並みの低気圧が北海道の東沖に出現して山は相当な大荒れが予想できた。
本当は今週末に久しぶりの真面目なピークハントを狙っていたが、早々に諦めた。
やってやれないことはないとも、思ったが別に山は逃げないし、南極や8000m峰に行くための訓練でもないし、なにより荒天・視界不良で滑っても楽しくない。
というわけで、スキー場で不整地の練習を繰り返した。
山スキーヤーを自称するからには、長い時間かけて登って得た、ほんの一瞬の滑降でも納得のできる滑りがしたい。
そのためには、やっぱり練習あるのみ。
なんてかっこいいこと言ってみたけど、やっぱり山に行きたかったー。。。
体力を持て余したので、帰ってからジョグって鬱憤晴らしました。

15021512.png
台風並みの低気圧。今年は道東方面は荒天が多い。

テレマークスキーでコブ斜面

昨夜は近所のスキー場へナイターへ行ってきた。
ここのところ、ずっとATビンディングのスキーばかり乗っていたが、一段落したため昨夜はテレマークスキーに変更した。
かなり久しぶり(1ヶ月ぶりぐらい)だったのとATビンディングに慣れてしまっていたため最初は手こずった。
特に限界の低さと切り返しの反応の鈍さを感じたが、単にamatchの技術不足だったようだ。
慣れてくるとATとほとんど変わらない滑りができた。
勢い余ってコブにも突撃。
何度か練習するとなんとか滑れる(降りれる?)ようになり、練習の成果を実感した。
やっぱりスキーは楽しいなあ。次は何で滑るか悩む。


定点撮影は携帯カメラで、アクションはSONY HDR-AS100Vで撮影。