羊蹄山 お釜スキー

先週末のこと。
長い週末の始まりだ

金曜日札幌へ取って返し、まずは最大の?目的、羊蹄山でのお釜スキーだ
メンバーはいつものI氏だ。
午後から天気が悪くなる予報だし、予定も目白押しだったのでがんばって登る。

真駒内コースから2時間半ほどでで登りお釜に立つと、去年よりだいぶ雪が少なく、池もできていなかった。。。
自然のことなので仕方ないが残念。
釜底までの最大規模標高差をとれる西南部まで登り、1本にかけてドロップ。
雪はザラメでこの時期としては最高の斜面状況だった。
たった数十秒だが、それがまたいい。
スキーヤーでよかった。

後は登り返して下山。
登山口直前で雨が降ってきてギリギリセーフ。

その後はニセコの喫茶店スプラウトやアスパラの販売店を回って札幌へ戻る。


樹林帯を登る


稜線は眺め最高


お釜の縁に到着し、ラインを見定めて


ドロップ


短パンで攻めるI氏


底で記念撮影

GWスキートリップの〆 白馬鑓温泉

昨日はGW最終日。

NOZA君のチョイスで白馬鑓温泉に行くことになった。
メンバーは自分、みさごさん、NOZAくん、Nくんの4人だ。
みなさん経験豊富で安心のメンバーだ。
ルートなどはみさごさんNOZAくんのブログを参考にしてもらうことにする(手抜き)。

白馬鑓温泉は1年半前の秋にみさごさんとおはりんと行って以来で、その時もとても楽しかった。
もちろんこの気の合うメンバーでスキーで行く山中の温泉となれば楽しくないわけがない。
行きの歩きから会話は尽きない。
温泉では年甲斐もなくはしゃぎ、今シーズンの無事を祝う(自分はもうちょっと粘る予定)。
雪質もこの時期にしてみれば上々で計4本、楽しく滑ることができた。

白馬エリアのスキーはとても楽しく、ハイシーズン(7ヶ月後?)の再訪を誓う。
白馬駅でみなさんと別れ、電車で帰宅。
長いようで短いGWが終わってしまった。

脚へのダメージがひどく、GWのスキートリップはどうなるかとひやひやもんだったが、結果的に心身ともにリフレッシュすることができた。
これでまた次に向かって頑張れるような気がする。
充実のGWを一緒に過ごしてくれた皆さまありがとうございました!

18362807_591237101085716_1320260653_o.jpg
気の合う仲間となら登りも楽しい

18337389_810432862454575_32223411_n.jpg
話も尽きない

18362347_1223982921048022_417609721_o.jpg
温泉発見

18362106_591237387752354_1985781519_o.jpg
安心してください。見えてません

18405524_591237321085694_1071059924_o.jpg
大斜面にシュプールを描くみさごさん

IMG_2708.jpg
谷に滑り込むNOZA君

18360553_810434629121065_1366412356_n.jpg
温泉前を快調に飛ばすN君

IMG_2796.jpg
雄大な山をみながら思い思いのルートを滑る

IMG_2824_20170508230914b6b.jpg
無事下山、ありがとうございました!

GW最終スキーは白馬鑓温泉

GWの最終日は白馬鑓温泉。
もちろん山スキーだ。

今日は北陸よりみさごさんとノザ君が参戦し、春のスキーと温泉を楽しんだ。
詳しくは後日!

IMG_2824.jpg
みんないい笑顔

そして帰宅。
片づけが待っている。。。

白馬大雪渓

今日は白馬大雪渓から白馬登頂。
頂上付近のみ雲がかかり展望がイマイチまったがそれでもスケールの大きな山と谷が印象的だった。
白馬大雪渓は見た目以上の斜度と長さで充実の滑走。

登った分全部滑れるよい山だった。


大雪渓を登る


迫力の杓子岳


白馬登頂


大雪渓でテレマークターン


果敢に攻めるN君




常念岳スキー&安曇野の仲間たち

今日は常念岳にて山スキー。
徒歩あり、シール登行あり、つぼあり、滑走ありの合計8時間の充実のルートだった。


山頂!


槍ヶ岳ばっちり!


滑る!

その後は安曇野のトランス仲間を表敬訪問。
お二人とも快く歓迎してくれてありがとうございます(^^)


2014の女神


2016最年少飲んべえ