妙高エリア 神奈山BC

連休最終日は妙高エリアの神奈山へ。

当初は戸隠エリアのロングルートを考えていたが、前夜からの荒天が続き朝になっても雷が鳴っている。
上越市街は視界のない地吹雪状態でロングルートは諦めてなるべく森林限界を越えない場所、ということで妙高エリアの神奈山を選択。
強い西風が吹いていたので山陰にもなる東尾根から登れるということもポイントだ。

休暇村妙高ルンルンスキー場から藤巻山経由で登る。
前日のトレースも残っていたが登るにつれて新雪が増えて不明瞭になっていく。
神奈山東尾根は適度な傾斜と疎林で悪天候時には絶好の山スキー斜面だろう。
標高1,400m付近で急に立木がなくなり真っ白な斜面が出てきた。
さらに登って標高1,500m付近で無立木斜面をトラバース気味に登るところで気味が悪くピットチェック、問題ない。
が、視界も悪く気味の悪さもおさまらないのでもう少し登ったところで滑りだすことに決定。

滑降モードに切り替えまずは尾根に乗ったところで一安心。
あとはたっぷりとたまった新雪を縦横無尽に滑りあっという間に下山。
北海道並みの雪の軽さで妙高エリアの雪質の良さがわかった。

下山後は近隣の関温泉で汗を流し、長いようで短いスキートリップが終わった。
終わってみれば連日楽しく、悪天候の合間をうまくぬっていい雪にあたった幸せな週末だった。

Nくんありがとう。
またよろしく!


ブナの疎林を登る


上部は無立木斜面


オープンな面ツルバーンを滑るN君


どんなターンをしてるのか見えないほど深い雪


いい雪いただきました

2日目 大渚山BC

2日目は大渚山へ。

当初は雨飾山の荒菅沢の予定だったが、夜から下界は雨と天候が悪く視界もない。
視界のないなか初見で谷筋の滑降は危険すぎるし恐い。
ということで雨飾山のP2か大渚山へ転戦することにして現地に行ってみる。
登山口付近から雨が雪に変わり期待が高まったところで雨飾山の登山口を確認してから大渚山へ行くことに決定。
前日の情報では雪は悪かったようだ。

大草連集落から登りはじめる。
前日のトレースが残っていてありがたく使わせてもらった。
巨大な地すべり地形を末端から頭部まで登るのは生の地形が見れて勉強になった。
緩やかでオープンな沢地形を滑るつもりで時折覗き込みながら尾根を登りあげて2時間程で稜線に到着。
視界はないがせっかくなので山頂までいくも埋まった展望台があるだけで殺風景だった。

稜線を戻り沢に滑り込めるポイントから滑降開始。
が、さらっと積もった新雪の下が思ったより固い。
南向き斜面なので天気がよく気温が高い日の後はかなり固くなってしまうのだろう。
特にオープンな沢は固くなるようだ。
沢の滑降は諦め、疎林の尾根を滑るとこちらは雪が悪くない。むしろ良いぐらい。
時折この場所だけ晴れ間が覗くすばらしいコンディションになってくれた。
とても楽しく滑り、最後の崖は慎重におりて苦労することなく下山。
大渚山も難しいところはなく、楽しく滑れるいい山だった。

その後は次の頸城エリアのために上越の宿に移動。
上越のお酒、スキー正宗をいただきいい夜もすごした。


樹氷が美しい


雪が振る中、坦々と登る


大渚山山頂、わずかに展望台が見える


新雪は少ないが気持ちよく滑れた


疎林の中を豪快に滑るN君


気がつけば晴天がのぞく


夜はスキー正宗で乾杯
つまみは新潟銘菓?サラダホープ

四阿山 スキーツアー

今回の三連休は正月以来のN君と行くことになった。
みさごさんやTMKさんも合流する予定もあったが、事情により合流は叶わず結果的に2人で行動することに。
バディを組んだことは数知れず、登坂力もスキーのテクニックも申し分のないN君とのツアーは望むことろだ。

まずは2/10の四阿山スキーツアーについて。
初日ということもあり、集合しやすくて軽めの山、ということで四阿山か蓼科山か、と思っていたがその後の計画から四阿山に決定。
2/10は天気予報としてはあまり良くなく、期待はしていなかったが集合場所の上田に着くと春のような陽気の晴天で、浅間山の大斜面が輝いていた。

あずまや高原ホテルまで移動するが登山者用の駐車場はすでにいっぱい。
少し下ったところにある駐車帯で準備をして10時ごろに出発。
太陽がまぶしくすでに気温もだいぶ上がってきていて、雪は腐り気味だ。

菅平牧場へ繋がる林道と菅平牧場の緩斜面を坦々と歩くがとても暑く汗がすごい。
菅平牧場を過ぎると夏用のクロスカントリーコースを少し歩いてツアー尾根に取りついた。
下山するハイカーと多くすれ違い、人気がうかがえる。
稜線手前は積雪がなく岩が顔を出していた。
ここは帰りは慎重に。

稜線に出るとあとはあっという間に山頂へ。
なぜかふたりとも山頂は2,450mと勘違いしていたが実際は2,350mでいつの間にか着いていたという感覚だ。
2013年の夏以来5年ぶりの再訪となった。
難しい場所はなく人も多いし、時間も4時間程度とちょうどよいので山スキーデビューや冬山デビューにちょうど良い山だと感じた。
浅間山の大斜面がまぶしく、いつか滑ってみたい。
四阿山は長野や嬬恋方面をみると高山のようだが、菅平の街を見ると里山のようにも見える不思議な景色が広がっていた。
山頂周辺のみ風が強く、休憩もそこそこに滑降開始。

山頂付近は滑るところが狭く稜線以下は曲がるのも大変なストップスノーで樹林帯を通過するのにかなり疲れてしまった。
菅平牧場も期待できないな。。。と思っていたが日射のおかげか期待値が低かったからか思ったよりは良く滑り、最後は楽しく下山。
春スキーを先取りしたような日だった。
天気も持ってくれて本当にいい意味で予想外だった。7

その後は白馬のスキーショップを覗いて宿のある糸魚川へ移動。
到着するころには雨が降り出し、翌日が悩ましくなるが気持ちよく就寝。


菅平牧場からの四阿山の稜線


快適に登る


天気も眺めもよい。(左奥が浅間山)


浅間山の北斜面。滑ってみたい(岩でてそう?)


稜線も快適


四阿山山頂


滑りはキツかった。脚をあげて休憩中

妙高神奈山東尾根

連休最終日は妙高エリアの神奈山へ。
当初は戸隠エリアのロングルートと思っていたが、冬型の気圧配置ががっちり決まって吹雪模様。風を避けて妙高エリアの手頃な山に変更。
これが大当たりで、北海道にも劣らない激パウダーだった。
妙高エリアの底力を見た。
今後は妙高エリアも選択肢に入れよう。
いい週末を過ごせた。
詳しくは後日!


オーバーヘッドパウダーいただきました


N君の豪快なすべり

大渚山BC

今日は雨飾山、のはずだったが天候が悪く隣の大渚山に転戦してBC。
夜から下界で降り続いた雨は屋まではパウダーとなり、なかなかよいコンディションになってくれた。
程よい斜度と疎林で滑って楽しい山だ。

詳しくは後日!


山頂にて(かすかに見える展望台)


雪はよかった!