TJAR写真集お届け完了

土曜日は中岳避難小屋に写真集をお届けし、荒川小屋に宿泊していた。

日曜日もあいにくの空模様だが、台風はまだ九州で影響はほとんどなく、前線の秋雨が冷たく降っていた。
風は大したこのないので6時に出発。
今回はおはりんと自分共に70リットルオーバーの大型バックパックを背負っていたのでコースライムの6~7割ぐらいで行ければいいよね、なんて話していた。

赤石避難小屋にはその通り、コースタイムの6割ほどで到着。
避難小屋の中は暖かく、小屋番さんと話も弾む。
結局50分近く話しこんでしまう。

少し急ぎ目に百軒洞山の家をめざす。
百軒洞山の家で2冊目の写真集をお届け。
これで自分は任務完了。
ここでもとても喜んでもらえた。
ご飯もできるということなので、名物のカツカレーを注文しいただくことにした。
初めて食べたが、噂通りの美味しさで力もみなぎる。
結局ここでも45分以上ゆっくりとした。

いよいよ聖越えを前にして時間が押してきていた。。。
時間がたてばたつほど台風が接近し、天候は荒れてしまうだろう。
早いところ聖岳を越してしまうしかない。
さらに頑張って歩き、百間洞をスタートして聖平小屋まで3時間25分、コースタイムの50%を切る勢いで踏破。
風も大したことはなく、身の危険を感じるような場面は一つもなかった。
ランチタイムの2時前に滑り込む。

聖平小屋ではおはりんが写真集をお届け。
小屋の方総出で写真集に見入っていた。
若い小屋番さんはずっと見たかったらしく本当に喜んでくれていた。
ここでもカレーをいただく。笑
望月将悟スペシャルのゴマ塩をふったカレーを初めて食べたが、しょっぱさが疲れた時にはよさそうな、ピリッとしたおいしさだった。
なんやかんやでここでも1時間近く話しこんでしまった。

すっかり体も冷え切ってしまい、体温を上げるためにも茶臼小屋まで頑張って歩く。
この区間は1時間40分、コースタイムの39%ぐらいで踏破。
たぶん自己ベスト(レース中も含めて、トレランスタイルでここを通ったことはない)じゃないか。
コースタイムの6割ぐらいとはなんだったのか。。。
16時30分前の明るい時間に茶臼小屋へ滑り込んだ。

小屋で再度おはりんが写真集をお届け。
茶臼小屋では写真集が届けられるのを今か今かと待っていたようで、にこにこで受け取ってくれた。
夕食をご一緒させていただいたが、その最中にも1ページ1ページをみんなでかわるがわるじっくりと見ていた。
個人的にも買いたいという方もいらして、応援してくれていることを感じとてもうれしかった。

そのまま茶臼小屋に宿泊。
さすがに台風が接近した夜間はなかなかの風だったようだが、山小屋内は暖かく快適に熟睡した。

翌、月曜日朝食を食べても雲が晴れずすっきりとしない天気だった。
名残惜しいが下山。
少し下ると晴れ間が広がり、秋晴れのよい天気だった。
2時間ほどで畑薙大吊橋をわたり、さらに臨時駐車場まで1時間歩き、登山の行程は終了。
TJAR写真集のお届けプロジェクトは無事に完遂した。

その後は白樺荘で入浴 → アラジンさんへよって買い物 → さわやかにてハンバーグを食す → 大浜海岸にてモニュメントを見学と静岡の街を堪能し、おはりんを静岡駅まで送って帰宅。
台風の接近でどうなる事かと思ったが、充実した休日を過ごすことができた。
小屋泊まりなら雨でもとても快適だった。
台風の予報で人がすくなかったこともあり、静かな秋の山を楽しむことができた。

南アルプス南部はとてもよいところで、何度でもきたいエリアだ。
紅葉時期にでもまた行けたらなあー。。。


百軒洞山の家に写真集お届け


聖岳を越えて


聖平小屋に写真集をお届け



茶臼小屋にもお届け。


今回は仕方なくでかザックで山歩き
降りたら晴れるのもよくあること。。。


やっといけた大浜海岸のモニュメント
予想より大きい



TJAR写真集お届け

今日はTJAR写真集のお届け。
中岳避難小屋にお届け後、荒川小屋泊。
中岳避難小屋のご主人にもたいそう喜んでいただきました。

初めて泊まる荒川小屋は悪天候ということでがら空きで1人あたりシュラフに毛布が3枚も割り当てられる豪華仕様。
ストーブも焚かれていて、ほっとする暖かさだ。
超快適で秋のテント泊に戻れなくなりそう。。。笑

明日も悪天候の予報。
安全第一で楽しみたい。


中岳避難小屋のご主人にお届け


荒川小屋特製カレーに乾杯

MTSNにTJAR2016の記事が掲載

MTSNに自分のTJAR2016の記事が掲載された。
今回もライターさんの尽力によりよい記事にしていただいた。
写真もよい写真ばかりで撮影&提供いただいた方々には感謝だ。

読み返すと去年の夏のことを鮮明に思い出す。
充実した夏だったなあ。

また、いい山旅をしたい。

MTSNの記事はこちら

TJAR写真集&写真集を山小屋にお届け

山の日に発売になったTJAR写真集。
4人のフォトグラファーが10年間撮りためたTJARの様子が1冊の写真集にまとめられている。
すばらしい写真のオンパレードで自分も数カットの写真が取り上げられていて、うれしい限りだ。

そしてその写真集を、TJARの選手たちがお世話になった山小屋に手分けしてお届けする企画が進行中だ。
山小屋に写真集を置いてもらうのがフォトグラファーの皆さんたちの希望なのだ。
自分は南アルプス南部を担当しているが、中央アルプス南部を担当している桑山選手にお願いして同行させてもらった。
桑山選手は2016年初出場ながら7日を切る好タイムでゴールした強い選手だ。
残念ながらこれまであまり話す機会に恵まれていなかったが、仙波選手や米田選手との楽しそうなレースの様子が印象的で一度ゆっくり話してみたいとも思っていたので今回はいい機会だった。

今回は日帰りで空木岳周辺にある駒峰ヒュッテと木曽殿小屋に写真集をお届け。
都合により日帰りということで、いつも下降で使っていた池山尾根から登り、檜尾岳まで尾根歩きのあと檜尾尾根を下降するルートにする。
桑山選手とは歩き始めてすぐに意気投合。
実は同じ年で山屋、家庭環境などに共通点が多く、全く話題が尽きない。
長い池山尾根も檜尾尾根もあっという間で、話し足りないうちに行程終了してしまった。笑

肝心の写真集お届けは大成功で、両小屋のご主人にはとても喜んでいただけた。
両小屋ともTJARにとても好意的で来年も応援してくれるとのこと。
木曽殿小屋のご主人が、しみじみと見入っていたのがとても印象的だった。
TJARを目指す選手には、ぜひ通過するだけでなく小屋に寄って泊まって写真集を見てほしい(ほんとは買ってほしい)し、小屋の方々の優しさにも触れてほしい。

こんな素晴らしい機会を作ってくれたフォトグラファーさん達に感謝。
同行を快諾してくれた桑山選手にも感謝!


写真集、中身は買うか小屋に泊まってみてください!


駒峰ヒュッテにお届け!


木曽殿小屋にも


おまけの空木岳。桑山選手はナイスガイ


TJAR photo book & 竹内選手の記事

TJAR2016の時にカメラマンの方々から噂には聞いていたTJARの写真集。
とうとう山の日に発売になるとのこと。
その名もそのまま写真集「TRANS JAPAN ALPS RACE」。
限定415部でシリアルナンバー入りとプレミアム感が高い。
明日7/22より先行予約開始とのことだ。
もちろん自分も購入する。
事前情報では少なくとも一枚は入り込んでいそうだ。。。

気になる方はこちらをごらんください。

話は変わって、MtSNのTJAR2016連載にて竹内選手の記事が掲載された。
縁あって選考会の前から親しくさせてもらっていた。
選考会の結果が出た際は「うろたえた」竹内選手から連絡が来たことをはっきりと覚えている。

そしてともに出場したTJAR2016ではスタート前にゆっくりと話す時間が取れた。
その後は会うことがなかったが、常に気にかける選手の一人だった。
リタイアを知った時は脱力感に見舞われたものだ。
同じレースに出場した身としては年齢のことは言うべきではないかもしれないが、自分があの年齢になってTJARを目指しているとは今は思えない。
と同時にゼッケン30番を着て完走を果たしたいとも思う(TJARは年齢順ゼッケンなので30番は最高齢選手)。

いつまでも挑戦し続ける姿がかっこいい。
尊敬してます!

竹内選手の記事はこちら。