利尻二日目 豊漁沢~長官山北東尾根滑降

今日のメンバーも昨日と同様にI氏とF氏と3人だ。

利尻の2日目は滑りメイン。
利尻の北東へ流化する豊漁沢~長官山の北東尾根に取り付き、滑れるところまで登った。

昨日の満足感と疲労感から準備もゆっくりだ。
木曜日までの天気予報では、雨模様となっていたが天気がよい。
昨日よりもよい。。。今日が登頂を目指す日だったか?などとぼやきながら準備する。
借りている家(ベースキャンプ?)からスキーを履いて登行開始する。
家からスキーで歩けるなんて幸せだ。

沢沿いに歩き途中から長官山の北東尾根南面に取り付く。
風もなく、日差しがあり、暑い。。。大量に汗をかく。
昨日の風を少し分けて欲しかった。
選んだ斜面は締まったザラメで難しいことはなくぐいぐい標高をあげていく。
今日は急ぐ必要もないのでちょくちょく休憩を入れ、精神的なゆとりも十分だ。

標高1020mで尾根にあがると長官山の東面の岩壁の迫力がすごい。
そして、ここから先はスキーは無理だろう。
見た感じ長官山までは夏道にトラバースする必要がありそこまでも2ヶ所ほど岩尾根を越えなければならなそうだった(あくまで見た感じ)。
今日の目的は快適に滑降なので、ここから滑ることにした。

滑りはほぼ来たルート通り。
適度な斜度と雪質がよくスピードが乗って爽快だ。
樹林帯まで下るとストップ雪になってしまったが距離も短くあっという間にベースキャンプ到着。
2日目も満足だ。

F氏はここで帰宅のため夕方のフェリーで稚内へ。
自分とI氏はもう一泊。

それにしてもビールがうまい。笑


ベースキャンプを出発、山頂まる見え


まずは樹林帯を歩く


ほどなく尾根に取り付く


海を背に登る



斜度もなかなかある


途中から雲がでて雲海になる


景色が素晴らしい


今日の最高到達点、利尻(左、雲のなか)と長官山(右)


I氏の滑り、スピードにのっている


雲海に向かって滑るF氏


利尻を背景に滑るamatch


あっという間にベースキャンプへ


Fさん、ありがとう!

利尻山 山スキー&ピークハント速報版

今日から利尻島へ入り、利尻で山スキーだ。
メンバーはいつも一緒に行っているボーダーのI氏と美瑛のボーダーF氏。
ふたりとも体力、登山力、滑降技術そろった手練れで頼もしい仲間たちだ。

今日は朝の便で利尻島に渡り、早速ピークを目指した。
時間的には厳しかったけど、天気予報では今日が絶好の登頂日和、というか今日を外せば登頂困難だろうという天気予報だったからだ。

しかしながら、島に渡った時から頂上が望めるものの強風で、登りはじめてからすぐに雲が沸いてきてしまった。
ピックが刺さらないほど氷化した斜面もあり、痺れるピークハントとなった。

結果的に目標のピークハントと利尻滑降ができ、全員無事に帰ってこれたのはとてもよかった。
充実感でいっぱい。
これもお二人のおかげだ。

それと利尻で車と宿舎を貸していただいたKさんにも大感謝。

詳細は後日に。。。


島到着直後、本日の宿と利尻山頂

正真正銘?平日ラストナイター

今夜はおそらく正真正銘の今シーズンラストナイタースキーとして、稚内のこまどりスキー場へ行ってきた。
こまどりスキー場は(おそらく)日本最北端のスキー場だ。
稚内の住宅街近郊の丘にあるほんとに小さなスキー場で標高差50mぐらい、距離も300mぐらいしかない。
あまりに小さいのと傾斜も緩そうだったのでいままで行ったことがなかったが、スキーへの欲求から今回初めて行ってみた。

結果としては、思ったより楽しめた。
小さいながらもパークもあり(パークは入っていないけど)、何より料金がナイター券で600円と格安だ。
雪質も最近の気温から、ガチガチかとおもいきや適度に緩んだ雪面で、エッジの効きも良かった。
こんなことならもっと前から来ておけばよかった。
こまどりスキー場の営業も今週末いっぱいまで。
春の訪れはもうすぐそこだ。
しつこくスキーを楽しんでいきたい


豊富温泉スキー場 ラストナイター

今シーズンもお世話になった豊富温泉スキー場。
平日のナイター営業が今日で終了となった。
土日は北根室ランチウェイスノーシューランのイベントがあるので今シーズンはこれで最後となる。
まだ早い気がしてさみしいが仕方がない。
スキー大会や検定などのイベントも終え客足も激減していた。

今年は自分は偶然にも吹雪など悪天候に当たらず、また例年通りのすばらしい圧雪でナイタースキーライフを満喫できた。
これからは春スキーをどんどん楽しみたい。
まだまだしつこくスキーするぞ!


ランニングクラブスキー部のメンバーと


最後のリフト、間に合わなかったー(定番?)

春の企み

去年の残雪期、最後のスキー絞めは大雪高原沼でのどぼんツアーだった

少し気が早いが今年は何にするかをいつものパートナーI氏と酒の席で企んだ。I氏は去年を上回る楽しそうな遊びを胸に秘めていて、すぐに方針が決まった。
昨日の羊蹄山で今年のパウダースノーは終わりっぽさそうなので、あとは残雪期の遊びをどんどん企画していきたい。