ジョギング再開

PTLの連載は諸事情により休載します。
来週早々には再開予定です。
楽しみにしてくれている方(いたら)申し訳ないです、が、クオリティとリアリティを向上させるためと思ってください。

PTL後、北根室ランチウェイを挟んで昨日ようやくジョギングを再開した。
北根室ランチウェイでは本当に調子が悪く、自分のペース以外では走ることができなかった(ペース自体もかなり遅い)。
いつもであれば他人のペースにあわせることは(遅ければ)容易なのだが、遅いペースでもかなりぎくしゃくしてしまっていた。

そして昨日のジョギング再開。
心拍数がいつもの1割増しと不調を継続中。
足もかなり重く関節もぎくしゃくする。
体が疲れた時に食べられなかったからか、回復がかなり遅れているようだった。
調子を見て5kmで終了。

今日は昨日よりはスムーズに体が動いたものの関節のぎくしゃくはまだ感覚としてあり、大事をとって5kmで終了。
ようやく腸の調子もよくなり、食欲は回復してきて食べれるようにはなった。
しっかりと食べて念入りにマッサージとストレッチ、補強運動をして回復につなげたい。

ミニマスラン

思うところと、諸事情(ケガではない)により最近の夕ランは超スローペースなことが多い。
そんな時にただ流れにのって走ってももったいないので、以前買ったnew balanceのベアフット系シューズのミニマスを使っている。

かなりソールが薄いだけあり脚の疲労感はランニングシューズよりも大きい。
フォーム矯正にはもってこいだ。
が、それにも慣れてきたので最近はウインドスプリントも取り入れてみた。
意外と走れるものでシューズとほぼ変わらない速さで走れるのには驚きだった。

さらに調子にのって1キロインターバルもやってみたが、こちらはまだ足裏が慣れておらず靴擦れや足底のケガにつながりそうな違和感があったので2本で終了。
こうしてベアフット系シューズで走ってみるとまだまだ効率のよい走りができていないことがわかる。
毎日やるようなものでもなさそうだが、週1ぐらいで取り入れるのもいいかもしれない。

梅雨も明けて岐阜は酷暑が始まった。
足元から暑いのでランニングサンダルでも買ってみようかなと探してみた。
調べてみると色々と種類があるが、できれば鼻緒のないモデルにしたいと思っている。

第4回サロベツ・オロロンシーニックラン

ちょっと前の話になってしまったが、7/1に開催した第4回サロベツ・オロロンシーニックランについて

イベントの概要についてはこちらをご覧ください。
自分は主催者側の人間としてちょっとだけ準備から参加するために、6/29(木)に北海道入りし前日の6/30(金)に幌延に到着。
主催者側が少ない手作りイベントなので、続けていくために年を追うごとに省力化し、今年は過去最短で準備が終了した。
みんな仕事もあるし、低価格で続けていくためには仕方のないことだ。

準備終了後は前夜祭。
参加選手のみなさんと飲んで歌ってバンガローでまた飲んで。
天気はこの時点では曇り予報だった。

そして当日の朝、けっこうな雨音で目が覚めた。
天気予報は悪化し、午前中は雨の予報になっていた。
そしてかなりの土砂降りだ。
まじか。。。
去年に引き続き(人によっては前週のサロマに引き続き)雨か。
一時はコース変更や中止、スタートを遅らせるなどの対応も検討したが、悩んでいるうちに雨が小康状態になりそのままスタートすることにした。
今年は集合場所も幌延駅に変更させてもらう。
毎年このレースに出てくれる選手の方々との再会はとてもうれしい。
この手のイベント好きな人はおおらかな人ばかりで、多少の運営の不手際には目をつぶってくれるのはありがたい。
また、毎年新しい出会いもあり、それも楽しみだ。

小雨の中、予定通り10時スタート。
自分は最後尾から皆さんとお話ししながらのスタートだ(これも楽しみ)。
スタートしてすぐに雨はあがり、前半は霧、後半は曇りの中の走行になった。
霧の中も幻想的で悪くはないのだが、今年もサロベツ原野の絶景はお預け。
エイドでもいつも手伝ってくれる皆さんとの会話を楽しむ。
なるべく1人1人とお話ししながら徐々に順位をあげ、中間点の25kmすぎ辺りで先頭の2人に追いついた。
追いつくために自分も結構無理してしまったのでここでペースダウン。
ここからは3人での並走になった。
自分は練習不足があらわれ結構きつい。
残りも二人もサロマ疲れなどなど調子が上がらないようでがまんの走りとなった。

豊富温泉のゴールでは100mほど後方を走っていた選手と合流し、4人一緒にゴール。
ゴールが温泉なのもこだわりポイントだ。
自分はそのまま選手たちがゴールするのを待つ(これも楽しみ)。
皆さん良いとはいえない天候ながら楽しんでくれたようで、笑顔でゴールしてくれた。

そして最後に(メインイベントの)交流会。
豊富温泉名物のジンギスカンだ。
ここのジンギスカンも大変好評で、これ目当てにリピートしてくれる人もいるとかいないとか。

今年も思い出深いイベントになった。
自分は離れてしまったので積極的に運営側に関わることは叶わなくなってしまったけれど少しは手伝えて、また皆さんとお会いできてよかった。
運営側の人が少なく、来年も開催できるかは不透明だけれど、早くも来年参加表明してくれている人もいることだし、来年もなんとか開催できるようにしたい。
ほっこりとしたランイベントを味わってもらえれば幸いだ。

関わった選手、ボランティア、すべての人に感謝

IMG_3460.jpg
スタート前の集合写真、選手もボランティアも一緒

IMG_3472.jpg
スタート直後、まだ雨が降っていた

IMG_3476.jpg
いってらっしゃーい

IMG_3479.jpg
手作りエイド

IMG_3513.jpg
選手のみなさん、リラックス

IMG_3520.jpg
霧の中を走る

IMG_3530.jpg
先頭4人そろってゴール

IMG_3545.jpg
続々と選手たちが帰ってくる

IMG_3638.jpg
無事にイベント終了

IMG_3654.jpg
メインイベント?の交流会でのジンギスカン

IMG_3663.jpg
皆さまありがとうございました!

原点回帰の朝ジョク

出張先にて朝ジョク。
いつものフラットなコースは自分の現状を知るのに最適だ。
涼しい北海道の朝は心地よく、走るには適温。
景色もいい。
この場所で練習を積み重ねたことを思い出すと、当時はもっとひたむきだったような気がするなあ。
気持ちを新たにがんばりたい。
新鮮な気持ちって大事だと思う。


いつも見たホームも久しぶり


ダイヤ改正で本数は激減、さみしいなあ

四万十川ウルトラマラソン 落選

今年も登録していた四万十川ウルトラマラソン。
残念ながら落選となった。
これで通算4回目の落選、なかなか縁がない。
1度は走ってみたいレースだし、今年は友人が多数エントリーしていたのでぜひとも走りたかったが、残念な結果となった。

ロードランのモチベーションをあげるためにもそろそろ何かレースにエントリーしたいものだ。