さくら道、参加申し込み

来年のさくら道国際ネイチャーランに申し込んだ。
来年の日程は4月20日(金)~4月23日(月)でUTMFとは重ならなかった。
が、さくら道にのみ参加申し込みすることにした。

UTMFは優先エントリー権はあるもののエントリー資格がないという状況が春の段階からわかっていたが、資格レースに出場することなく夏と秋を過ごした。
もう出場することはできないかもしれないが、結局はそれでも構わないと思ったのだろう。

さくら道は今年は不完全燃焼に終わったと思っている(それも実力だが)。
選考されたら来年こそはしっかりと走りきって、気持ちよく夏を迎えたい。
選考結果が出るのは11月下旬とのこと。
それまで座して待つのみ。

朝ラン

今朝は晴天。

久しぶりに朝ランできた。
どこまでも続く朝の平原を走るのはとても気持ちがよい。
朝焼けも美しい。

が、意に反して調子はかなり悪い。
飲み過ぎで体が重いようだ。。。

北海道出張もそろそろ終わり。
次はいつ来れるのかわからないのでしっかりと堪能したい。


朝焼けの平原と湖

さくら道回想録

少し前の話になるが今年の春に走ったさくら道国際ネイチャーランの回想録が届いた。

ようやくじっくりと読むことができた。
どの選手もさくら道への想いを感じる回想文を寄せていた。
読んでいるとやはり今年のレースはしっかりと走れなかったことが悔やまれる。
来年もエントリーに向けて前向きに検討中。
来年こそは、納得のできるレースをしたい!

※回想録はWEBでも読めます。


手作り感たっぷりの回想録

ジョギング再開

PTLの連載は諸事情により休載します。
来週早々には再開予定です。
楽しみにしてくれている方(いたら)申し訳ないです、が、クオリティとリアリティを向上させるためと思ってください。

PTL後、北根室ランチウェイを挟んで昨日ようやくジョギングを再開した。
北根室ランチウェイでは本当に調子が悪く、自分のペース以外では走ることができなかった(ペース自体もかなり遅い)。
いつもであれば他人のペースにあわせることは(遅ければ)容易なのだが、遅いペースでもかなりぎくしゃくしてしまっていた。

そして昨日のジョギング再開。
心拍数がいつもの1割増しと不調を継続中。
足もかなり重く関節もぎくしゃくする。
体が疲れた時に食べられなかったからか、回復がかなり遅れているようだった。
調子を見て5kmで終了。

今日は昨日よりはスムーズに体が動いたものの関節のぎくしゃくはまだ感覚としてあり、大事をとって5kmで終了。
ようやく腸の調子もよくなり、食欲は回復してきて食べれるようにはなった。
しっかりと食べて念入りにマッサージとストレッチ、補強運動をして回復につなげたい。

ミニマスラン

思うところと、諸事情(ケガではない)により最近の夕ランは超スローペースなことが多い。
そんな時にただ流れにのって走ってももったいないので、以前買ったnew balanceのベアフット系シューズのミニマスを使っている。

かなりソールが薄いだけあり脚の疲労感はランニングシューズよりも大きい。
フォーム矯正にはもってこいだ。
が、それにも慣れてきたので最近はウインドスプリントも取り入れてみた。
意外と走れるものでシューズとほぼ変わらない速さで走れるのには驚きだった。

さらに調子にのって1キロインターバルもやってみたが、こちらはまだ足裏が慣れておらず靴擦れや足底のケガにつながりそうな違和感があったので2本で終了。
こうしてベアフット系シューズで走ってみるとまだまだ効率のよい走りができていないことがわかる。
毎日やるようなものでもなさそうだが、週1ぐらいで取り入れるのもいいかもしれない。

梅雨も明けて岐阜は酷暑が始まった。
足元から暑いのでランニングサンダルでも買ってみようかなと探してみた。
調べてみると色々と種類があるが、できれば鼻緒のないモデルにしたいと思っている。