山食音 京都の山と食事の店

先日行った京都でどうしても行きたい店があった。
山食音、いつもお世話になっている鎌倉のガレージメーカー「山と道」さんと、京都のVEGAN食堂「PLANT LAB.」さんの共同運営の食堂兼ショップだ。

昨年のオープンからずっと行きたくてチャンスをうかがっていたが、この度晴れて訪問する機会を得た。
行ってみると、山と道の製品が勢揃い。
店主さんも山スキーヤーで道具の知識も豊富だ。

山と道の製品で初めて触れるものも多かったが、ザックのTHREEや衣類全般の品質の高さはほんとにすばらしい。
触れただけで良い素材を使って丁寧に作られているのがとてもよくわかる。
来冬用にいくつかの製品に目を付けておいた。笑

食事はトランス野郎としてカレーを注文。
辛さもちょうどよくとても美味でヘルシーだ。

そしてびっくりしたのがロングトレイルの店らしく北根室ランチウェイの地図が置いてあったこと。
これには一緒にいったずんさんとテンションアップ!笑
また何度でも来たくなるようなお店だった。
京都に行った時の定番ショップになること間違いなし!

17855017_1151617271630773_6432269290772901163_o.jpg
ウェアに

17854752_1151616831630817_9068167670328010597_o.jpg
ザック

17834868_1151618134964020_5868434098431474794_o.jpg
試しに背負ってにっこりのずんさん

17760823_1151618864963947_4264844423636355750_o.jpg
食事はこんな感じ


ランチウェイの地図を見つけてはしゃぐふたり

(写真はずんさんからお借りしました)


GARMIN fenix3 アドバンスドランニングダイナミクスによる接地バランス

絶賛愛用中のGARMINのスポーツウォッチ、fenix 3j。
オプションのハートレートセンサーを装着して測定できる接地バランスに注目してみた。

最近は左腿の調子が悪く、すぐ固くなってしまう。
月曜日の接地バランスがこれ。

キャプチャ
横軸は時間

理想はもちろん50.0%:50.0%で、以前はそれに近い数字が出ていた。
が、不調を裏付けるように接地バランスが崩れていた。
これはいかんなーと思い、色々とストレッチやアップで調整してバウンディングドリルなども取り入れて必死に矯正。
その結果がこれ。

接地バランス
乱れているところは信号待ちなど。こっちの横軸は距離

だいぶ矯正されたのがわかる。
脚の調子や疲労感もだいぶいい感じになった。
長距離になればなるほど経済的で省力なランニングフォームが大事になると思っている。
特に自分のように陸上経験がなく、スピードがない市民ランナーには大事だろう。
フォームについては自分の感覚で走るのもいいが、客観的にデータで示してくれるのはコーチなどがいない市民ランナーにとってはとても助かるものだ。
こうして日々使っていればフォーム崩れからくる故障の予防にもなりそうだ。
ケガなくランニングを楽しむためにもとてもよい機能だ。

ということでGARMINのランニングダイナミクスはおススメ!

GARMINのトレッキングナビ、GPSMAP64scJの試運転中

昨日届いた、GARMINのトレッキングナビ、GPSMAP64scJ。
今日はその試運転を兼ねてご近所でさくら巡り。

GPS精度は圧倒的精度だった。
そして電源を入れればすぐに測位開始しログを残してくれるし、地図の読み込みも速い。
カーナビとしても使ってみたが、ルート選択も申し分ない。
カメラも登録すれば一発一瞬起動で画質も悪くない。
なによりスマホより安定感がありアプリの強制終了などはなさそうだ。
ということでスマホでもできる山で使う機能は一通りそろった上に、ナビに特化したデバイスと言えるのかな。

とはいえ完璧ではなく画面の大きさはスマホの方が上だ。
が、そこはさらに紙地図が上をいっているので広範囲を見る時は紙地図、詳細位置はガーミンという使い分けがよさそうだ。(スマホはその中間か?)
操作性もタッチパネルのスマホの方がいいが、タッチパネルは雨では使い物にならないし、真冬に素手を出すのもしんどい(タッチパネル対応手袋でも対応せずにいらいらすること多い)ということでタッチパネル非対応機種をあえて選んでいるから操作性は慣れてしまうしかない。

今日は体調不良もあり山で使えていないがこれからはどんどん山に持っていきたいと思った。
まだまだ機能はあるので、これから習熟していきたい。
GPSナビは楽しい!

IMG_1676.jpg
近所では早咲きのさくら(ソメイヨシノではない)が満開。GPSMAP64scJで撮影

我が家にガーミンナビがやってきた

先日注文した、ガーミンの最新トレッキングナビGPSMAP64scJ

初回入荷分はすでに完売で4月中旬の入荷予定と聞いていたが、早まったようでもう手元に届いた。
早速触れてみたが、多機能ですぐに使いこなすのは難しそうだ。
まずは基本機能の地図表示とカメラ機能から使ってみることに。
ひとまず基本はマスターできたような気がする。

次はスマホとの連携やルート管理などをやってみたいと思う。
山やスキーでの実戦デビューは自分の都合により少し先になりそうだが、それまでに使い方をマスターしておきたい。


愛用品のFenix3とGPSMAP64scJ

ガーミンGPSトレッキングナビ「GPSMAP64scJ」注文

前から欲しかったGPSトレッキングナビをとうとう購入した。
もちろん安心のガーミン、モデルは2017年3月発売で最新のハイエンドモデルGPSMAP64scJだ。

GPSトレッキングナビは登山道をあるく夏山では必要な場面は少ないが、道がない冬山ではあればよいという場面は多い。
そしてこの夏出場するPTLを完走するためには必須の装備だ。

GPSMAP64シリーズはアンテナ感度がガーミンのトレッキングナビで最高を誇る。
そして雪山での使用を想定して、片手やグローブ装着時も操作しやすいコントローラーが決め手となってこのモデルを選択。
最新のscJはカメラも搭載され、ちょっとした写真撮影にも対応している。
ちょっとした写真ならスマホでも対応できるがカメラアプリの起動が遅く操作性も悪いので面倒なことが多い。
これも改善できるのではないかと期待。
もちろんスマホとの連携も可能で、リアルタイムでWEBに軌跡を載せることもできるようだ。

人気モデルで初回入荷分はすでに完売のようだ。
自分の手元にくるのは4月中旬ごろになるのだろうか。
とても楽しみだ。

map64scj-01.jpg
GPSナビを買うならやっぱり安心のガーミンだ