道北某所テレマークスキーその3

2/25 またまた道北のとある斜面に行ってきました。
今シーズン三回目です。自宅の近くでは、もっともお気に入りの斜面です。
今度は職場の熟練テレマーカーと山スキー初心者との3人です。
またまた晴天に恵まれ、気持ちよく斜面を登ります。
滑降への期待が高まります。

2012025咲来峠ー1

この日は堅い雪面に20cmほどのパウダーが積もっていました。
疎林の斜面の快適に滑りました。

2012025咲来峠ー3
写真は熟練テレマーカーM氏です。

5回ほど登り、斜面を存分に楽しみました。

2012025咲来峠ー2

この斜面は5月まで滑れるとのこと、また訪れようと思います。

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

道北某所 テレマークスキー

2月19日にまたまた道北のとある斜面でテレマークスキーをしました。
この日は山スキーヤー2人とテレマーカー1人と私の計4人でのツアーです。
気温は低いですが、天気はすこぶるよく滑降への期待は高まります。

滑降斜面への登り

斜面上部には幅50cmぐらいのクラックがありました。
そこから見える積雪深は2mぐらい。
クラックを避けて滑降斜面の最上部に1時間足らずで到着。

滑降斜面

この日は写真の斜面を中心に滑降します。
深雪ではありませんが、堅い雪の上に10cmぐらいの新雪が積もり、板が滑ります。
滑りやすい雪質に思わず歓声が上がります。




斜面を変えながら登り返して何度も滑りました。
サイコーに気持ちよかったです。



テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

幌加内坊主山 テレマークスキーツアー

2/11に幌加内の坊主山にテレマークスキーツアーに行って来ました。

今回初の試みで、スマートフォンを活用したハイテクツアーをやってみました。
Android用アプリの地図ロイドとGPSを使用して、トラックログは山旅ロガーで取得。
地図ロイドは国土地理院2万5千分の1地形図をスマートフォンで見られるアプリでGPSで現在位置も表示してくれます。地形図をある程度キャッシュしてくれるので電波がなくても大丈夫。
使い方が悪いのか、位置確認の度にGPSで位置捕捉の指令を出さなければならないのが面倒ですが、その他の使い勝手は良好です。山旅ロガーのトラックログはGPX形式で保存でき、地図ロイドで表示することも可能でハンディGPSと同様の事ができます。
気になる電池の消耗は5時間で約1/3程度。日帰りなら十分使えます。

雪が降り続く中、坊主山に向かってまずは林道を歩きます。

アプローチ

標高516ポコから標高536まではかなり緩い平坦面です。

頂上直下は疎林のいい感じの斜面です。
吹雪でしたが・・・。

頂上直下

全行程が膝上ラッセルながら頂上まで約3時間で到着。
頂上直下の疎林斜面は深雪滑降を存分に楽しめます。
他にもいい感じの斜面はありましたが、帰りのことを考えて滑降を断念。
平坦面と林道歩きがあるので下りも1時間半かかりました。

最初から最後まで、誰一人とも会わない静かな山スキーを楽しみました。

平坦面~緩斜面や林道歩きが長いので、BCクロカン向き?
次に行く機会あればBCクロカンで出動します。

BCクロカンでゲレンデ再チャレンジ

再びBCクロカンセットでゲレンデに行ってみました。
今回は前回よりもみっちり練習しました。

結果は、、、
上級者用整地:下半身に力が必要でしたが、それなりに滑り降りられました。
ゲレンデ脇の不整地:スタンスを大きく広げて足の力ででなんとか滑走できました。

プラブーツとは安定感と楽さが全然違いますが、滑走性能は上々ですね。
また精進してレポートします。
今度こそBC!?