6月23日 ウエンシリ岳登山

6月23日にウエンシリ岳に登山に行ってきました。
目標はキャンプ場からの直登ルートを登り、中央登山口に下山する長大なルート踏破です。

久々の登山靴を履いた登山でした。
この日は朝から雨がしとしと降っていて、麓からウエンシリ岳は望めません。
もちろん、登山口には誰もおらず、車一台停まっていませんでした。
気持ちが萎えかけましたが、山の上は雲を抜けているかもしれないと気持ちを奮い起こして登山開始。

登山口

登りだして40分ほどで稜線に到達、まだ雨が降っています。。。

稜線

途中シマリスがお出迎えしてくれました。
少しモチベーションも上がります。

シマリスがお出迎え

2時間半程で山頂に到着。
雨はやみましたが、展望は全くありません。
そんな都合良い天気じゃなかった。

ウエンシリ岳山頂

気力が尽きました。。。
中央登山口下山はとりやめ、晴天時の再訪を誓い来た道をとぼとぼ戻りました。

敏根尻岳登山マラソン

中頓別町にある敏根尻岳の山開きとともに開催される、敏根尻岳登山マラソンに出場しました。
距離約4.1km、標高差649mを駆けあがる登山マラソンです。
ラン仲間たち5人+仲間の子供1人との出場です。

amatchの出場カテゴリーには音威子府高校クロスカントリースキー部の猛者達4名が出場していました。
毎年、同部の選手が上位を占めているとのこと。
元気そうで気後れします。
amatchは後方から粘りの走りで後半勝負と作戦を決めました。

レーススタートと同時にクロカン部の若者たちが飛び出していきました。
2km地点までは何とか走れましたが、それ以降は歩きと走りの繰り返しです。
細かくでも何とか走り、徐々に順位を上げ2.5km地点で2位グループに追いつきました。
3.5km地点で2位グループの先頭に立ち、何とか2位でフィニッシュ。タイムは37分8秒でした。
かなり苦しい思いをしましたが、登山者たちが暖かい声援を送ってくれ、がんばれました。
仲間たちも続々とゴール。好記録が続きました。

みんなで記念撮影

仲間たちと記念撮影を済ませ下山。
参加賞として箱ティッシュ5箱と洗濯洗剤1箱、隣接する温泉の入浴券と参加費1000円には有り余る景品でした。
2位の景品はタオルでした。。。

この大会は参加費も安く楽しめるのでおすすめです。
チャンスがあればまた出場したいと思います。

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

大雪高原沼 スキー納め

6月10日にスキー納めとして、大雪高原温泉から高根ヶ原方面へテレマークスキーで行きました。
天候は小雨で良いとはいえませんが、どうせこれから・・・

まずは大雪高原温泉から残雪までスキーを担いで夏道をたどりました。

高原沼への夏道


標高1350mあたりから、残雪がつながるようになったので、スキーを履いて残雪上を高原沼を目指しました。
2時間ほどで、高原沼に到着。ここからさらに平ヶ岳直下の標高差250mの急斜面を登りました。
あまりに急で、スキーを担ぎました。

稜線直下の急斜面


稜線の高根ヶ原からは白雲岳が望めました。

高根ヶ原と白雲岳


スキーの状況は以下の写真・動画をご覧ください。

高原沼スキー

高原沼スキー










すっかり濡れた後は、大雪高原温泉で温まり、今シーズンのスキー納めとしました。

樺戸山地トレイルラン

6月上旬に樺戸山地でトレイルランニングしました。

目標は浦臼山の登山口をスタートして
浦臼山~樺戸山~隈根尻山~マチネシリ~ピンネシリ~神居尻山と樺戸山地の全山を縦走ピストンする、総延長約35kmの壮大な計画でした。。。

登山口から浦臼山までの約3.2kmは何度も行ったことがあるコースで、ほぼ林道のコースです。
ここは快適に走りました。
約30分で山頂に到着。
山頂からは美しい田園風景が望めました。

浦臼山からの田園風景

浦臼山山頂から樺戸山の途中までの数百mは幅広い林道状の道でしたが、そこから先はシングルトラックとなりました。
登山道の状態はトレイルランには快適ではなく、膝がむき出しのこの日のウェアでは草や笹が当たり、傷だらけになりました。。。
乗り切れないまま登山口から1時間ほどで樺戸山に到着。
樺戸山~隈根尻間の縦走路はさらにひどく、藪山状態。
トレイルランの装備では無理と早々に心が折れました。

早々に撤退を決意し下山しました。。。
結局合計13.5kmと当初計画の半分以下の走行距離となってしまいました。

下調べ不足はダメですね。
特にトレイルランニングでは装備を軽量化するので、十分な下調べが必要と痛感しました。

利尻一周ランニング

6月3日に開催された第12回利尻一周悠遊覧人G(ゆうゆうランニング)に参加しました。

6時からレース開始のため、前日に受付が必須です。
せっかく利尻島へ行くため、前日の土曜日に自転車で下見をかねて一周しました。

土日とも晴天に恵まれ、利尻富士が美しく望めました。
写真は土曜日の様子です。

鴛泊港と利尻富士
鴛泊港と利尻富士

オタドマリ沼と利尻富士
オタドマリ沼と利尻富士

amatchのフルマラソンのタイムは2年前のJAL千歳の初マラソンで出した4時間25分。
それ以降はもっぱらトレイルランニングとウルトラマラソンに出場していたため、目標タイムの設定に迷いましたが、最近の練習成果とレースの結果から目標を55kmを5時間(最低でも5時間半)、できればフルマラソン通過を3時間30分と設定しました。

朝6時に利尻島の北にある鴛泊からレーススタート、利尻島を左回りに一周55kmを走ります。
この日は南西の風が強く、スタートから西海岸は強い向かい風が吹いていました。

55kmと長丁場であるためスタートから10kmは5分~5分15秒ぐらいに抑えて、中盤から4分45秒を目標にラップを刻みました。
アップダウンが激しく、なかなかペースが一定になりませんが、それでも追い風になる後半は粘りの走りでフル通過時点で3時間29分と目標クリア!
その後、目標達成から気力が無くなりペースダウンしましたが、44km付近のエイドの通過順位が1ケタであると知り奮起しました。
55kmまで約5分ペースでなんとか維持し、4時間35分ほどでフィニッシュ!
目標を大幅にクリアする大満足の走りで自身初の一ケタ順位を獲得しました。

沿道の声援も暖かく、とてもすばらしい大会でした。
来年は是非参加したいと思いました。

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

ハセツネ予選落ち

今年のハセツネCUPのエントリーに失敗しました。
年々厳しくなるハセツネのエントリー合戦ですが、今年はさらに厳しくなっていました。

最初は待ち人数も300人程度で順調にエントリー項目を記入していきましたが、最後の最後の確認ボタンでエラー発生!
最初からやり直しとなってしまいました。
その時点で待ち人数は3000人超、万事休す。
残念ながら予選落ちとなりました。
ラン仲間も含めたエントリー成功率は3/5の60%でした。
狭き門になってしまいました。

代替として信越五岳にエントリーしたいと思います。
が、信越五岳は今年は中止の噂もあり、どうなることやら。。。

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ