礼文岳登山

職場の仲間達と礼文島に泊まりで行ってきました。
家族での参加もあり大人8名子供5名の大所帯でした。

初日はみんなで礼文岳に登りました。
片道約4kmの道のりです。
礼文島到着時&登りはじめは厚く雲がかかっており全く展望がありませんでしたが、晴れることを信じて登り始めました。
元気な子供を先頭にすたすたと登っていきました。
登っている最中に徐々に雲が晴れ、山頂では大パノラマが望めました。

利尻岳を望む
利尻岳

スコトン岬を望む
島の北端 スコトン岬

そうこうしている間に続々とみんなが到着。
みんな元気ですねー。
その後、M氏のサックス演奏会が始まりました。
このためにサックスを新調した気合いの入れようです。
子供達も喜んでいました。

M氏の演奏

しばらく景色を堪能して下山。
この日は島の北部にある久種湖畔のキャンプ場に宿泊しました。


テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

函岳&ピヤシリ山トレラン

おんたけウルトラトレイル出場まであと2週間と迫って来ました。

http://www.powersports.co.jp/osjtrail/12_ultraontake/index.htm

おんたけウルトラトレイルはずっと林道を走るコースという情報です。
そのため、林道を長距離走る練習として函岳とピヤシリ山でトレランをしました。
両方とも林道が頂上直下まで延びている山です。


午前中は函岳を走りました。
道北スーパー林道と函岳林道の交差点から往復約20km、累積標高差約500mの道のりです。

晴天続きだったため、林道はほこりっぽくなっていました。
ゲートもなく車も通れる林道なので車が通るたびにものすごいほこりです。

そのかわり、林道からの景色はすばらしい。
勾配も適度な場所が多かったです。

函岳林道

こんな感じのパノラマの中を走れます。

函岳林道

ライダーさんも気持ちよさそうに走っていました。

バイクも通ります

1時間ちょっとで10km走破し山頂到着。
ちょっと休んで下りました。往復約2時間と少しでした。


午後にはピヤシリ山に向かいました。
ラン仲間の帰りのバスの時間から往復約12km、累積標高差約400mの地点から走り始めました。

ピヤシリ山の林道は函岳ほどのパノラマではありませんでしたが、山頂からはすばらしい景色です。

ピヤシリ山

勾配が急な箇所が多く暑さもあり苦しみながら休憩を含め往復2時間弱で完走。
合計走行距離は約32km、累積標高差約900mとなりました。
その後ピヤシリ温泉で汗を流しました。

その後、名寄市街の気温計をみるとなんと32℃!
暑いはずですね。


テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

ニセイカウシュッペ山登山

6月末の土曜日、ニセイカウシュッペ山に登りました。

この日はトレラン仲間と2人です。
ただ今日の趣旨は登山ということで、登りは歩きました。
ただし足下はトレランシューズでした。

登り始めてから1時間もすると霞の向こうにうっすらと大雪山が見えてきます。

霞の向こうに大雪山

沢には雪渓がまだ残っていて、涼しげです。

残る雪渓

山頂には2時間足らずで到着しました。
大雪高原温泉で仲間達と購入した避熊Tシャツで記念撮影。

ニセイカウシュッペ山頂

この日は晴天でしたが気温が高すぎて、空が霞んでしまっていました。
大雪山も北大雪の山々も天塩岳もうっすらとしか望めませんでした。

下りはつい走ってしまいました。
1時間足らずで登山口到着。
ニセイカウシュッペ山は勾配が緩く道も整備されていてトレラン向きですね。
距離が短いですが、手前の林道から走れば十分楽しめる&練習になると思います。

テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ