サロマ湖100kmウルトラマラソン レース後半

サロマ湖100kmウルトラマラソンのレース談 後半

54.5kmレストステーションにはドロップバックを置かない作戦だ。
給水をしてすぐに出る。
レストステーションの直後の登り坂も好調でぐいぐい登り何名かを抜く。
そのままの勢いで500mほど下ったところで左脚のハムストリングスがわずかに痙攣した。
痙攣は今までのレースで一度も経験したことがなく、びっくりしてペースを落とす。
よし、なんともない。
しかし、またペースを上げるやはりわずかに痙攣する。
まずい、このままでは本格的に攣ってしまうと一度立ち止まってストレッチをした。
痙攣の原因は電解質不足かもしれないと少し早いが塩熱サプリを入れようとポケットを探す。
すると、ない。
チャック付きのポケットなので途中で落とすはずがない。
どうやらはるか後方、30km地点で落としたようだった。。。(スタッフさん、ごめんなさい)

かなりショックを受け、だましだまし坂を下る。
ここからペースダウンが始まった。
手にむくみが出はじめており、水分不足を実感する。
とにかく電解質と水を入れようとエイドで飲んだり梅干しや果物を食べ、持っているジェル(shotz)を入れる。
しかし、内臓が疲労していてお腹はたぷたぷになってしまった。
そしていちど痙攣をしてしまうと、攻める気になれず守りに入ってしまう。
ずるずるとペースが落ち、70km関門あたりで8時間切りの貯金をほぼ使い切ってしまう。
なんとか持ち直したいと、もがくが痙攣の兆候、内臓疲労に加え腹筋にも痛みが出てきてペースをあげられない。
残念だけど、ここで8時間切りの目標はあきらめた。

しかし、これ以上は下げたくない。
なんとか5:15/km前後をキープしながらとにかく進むが、疲労と喉の渇きからエイドで立ち止まり2杯3杯飲むことが多くなってしまう。
トイレにも何回も行くことに。
疲労から行動の質も低下してきていた。

80kmを過ぎワッカに入ったところからアップダウンが多くなる。
ここは一般のロードランナーよりは得意分野で少し選手を抜く。
ワッカに入ってすぐにトップの選手(原選手)が折り返してやってきた。
そのあと続々と選手たちとすれ違う。
最後の粘りを見せる選手たちの躍動感と比較して、自分のだましだましの走りが悔しく、腹立たしい。
88kmあたりでHさんとすれ違う。
Hさんも快調そうで8時間を切りそうだった(結果は7時間52分。すごい!)。

そこで発奮し、これ以上のペースダウンは許さないと決意。
最後の10km強は余力を残さないつもりで走る。
ワッカの折り返し後、何名もの仲間の選手達とすれ違いそのたびに勇気をもらう。

ワッカを走り終え、最後の直線は記憶の通りすばらしい応援だった。
ここにたどりついた時、率直な感想は「もう終わっちゃう」だった。笑
最高の一時をもっとゆっくり走りたかったけど、目標もあるしがんばって走った。

ゴールではHさんと応援に来てくれたTKOの大将が出迎えてくれた。

記録 8時間17分31秒
ネットタイム8時間16分12秒
一般総合18位
年代別10位

最大の目標である8時間切りには届かなかったけどPBを80分更新できて満足している。
一緒に出た仲間たち、そして応援にきてくれた方々からたくさん勇気とパワーをもらったおかげで出た結果だ。
まだ伸びる余地はありそうだし、体調さえ整えて臨めばもっとやれるという気にもなれた。
次に100kmウルトラマラソンへ挑戦するのが何時になるかはわからないけど、その時にはもっと強くなっていたい。

仲間たちも続々とレースを終え、とても思い出深い大会となった。


一番苦しんだ75km付近(K氏撮影)

11693133_798463453603408_79832588_n.jpg
ゴール直前。(TKO大将撮影)

11652235_798463430270077_1733914295_n.jpg
Hさんとハイタッチするシーン。(TKO大将撮影)


ゴールシーン。珍しくカメラアピールがない。笑。もうちょっと喜べばよかったかな


チームメイトと

サロマ湖100kmウルトラマラソン レース前半

サロマ湖100kmウルトラマラソンのレース談 前半

ロードの100kmウルトラマラソンは3年ぶり、サロマに関しては4年ぶりのレースだ。
今までのPBは9時間40分ぐらい。
去年も北オホーツク100kmマラソンにエントリーしていたが、TJARの直前だったため出走しなかった。
今回は3年間で自分がどれだけ成長したかを確認できる、大事なレースだ。
そして初挑戦の仲間たちもいて、とても楽しみにしていた。

今回の目標は以下の4段階で定めていた。
1. できれば8時間
2. 妥当な目標として8時間20分(5分/km以下)
3. 順当にクリアできそうな9時間
4. 最低でも自己ベストの9時間40分

今月初めの利尻55kmの結果が4時間弱だったので、倍の8時間も視野に入れ練習を積むつもりだったが、降雨や低温もあり思うように練習はできなかった。←これはいつものこと
さらに同僚の7月転勤に伴う送別会がサロマ前の平日に4/5で入っており、食べ飲みすぎによる内臓疲労が蓄積していた。←自制しないのが悪い
土曜日に食事をかなり減らし、多少回復したものの不安の残る状態で当日を迎えた。

前日はスタート地点にてテント泊し、当日は5時スタートに備え3時起床。
仲間4人と共に行動を開始する。
朝食・皮膚保護クリーム(プロテクトS1)・キネシオテープ(Gontex)などの準備をこなしテントの撤収にかかる。
しかし、テント泊に不慣れな人もいて撤収にかなり手間取る。
そうこうしているうちにトイレに凄まじい行列ができていた。
スタート地点にもすでに行列ができていた。
悩んだ挙句、スタート地点に並ぶ。
結局朝から一度も(行きたいのに)トイレにいけず、後方に並ぶ羽目になってしまった。

8時間を達成するための作戦は以下の通りだ。
・10km/47分(休憩こみ)
・40分に1本ジェル注入(shotz)
・給水では必ず水を飲み、できれば梅干しなども食べる
・30kmに1回塩熱サプリをとる

5時にスタート。
気温は低く曇り予報でタイムを出すには絶好のコンディションだ。
スタートゲートは1分20秒で通過。
スタートしてすぐにとにかくペースを作ろうと目標ペースの休憩こみ10km/47分(4分42秒/km)に持っていく。
幸い走り始めると、トイレは気にならなくなっていた。

前半は至極順調にすすんだ。
仲間たちも順調そうで、20km折り返しでエール交換をする。
ペース的にはHさんやKさんと同じぐらいで、トイレなどで抜きつ抜かれつの展開だった。
一緒に走るとHさんの方がやや速く、無理せずついて行かないように下げることが多かった。

45kmぐらいまでは楽走でこのままどこまでもいけそうな気がしていた。
54.5kmレストステーションまでもタイム的には順調に進んでいた。
アップダウンも全く問題ない。
しかし、前日までの不摂生の影響か内臓が疲労してきて、水の吸収が悪い。
ゆったりめペースのレースなのに脚より胴体や呼吸が先に疲労してきているのを感じだした。

後半に続く

11324183_798463543603399_903180954_n.jpg
スタート前。(TKO大将撮影)


30km付近?(K氏撮影)

11694187_798463540270066_177077072_n.jpg
45kmぐらい?上り坂でも余裕(TKO大将撮影)

サロマ 完走

サロマ100kmウルトラマラソン、無事に自己ベストで完走。

正直、思った以上にきつかったー。

詳細は後日!


完走メダルと


なんのポーズだろこれ?


記録。後半落ちたなー


参加賞の食事券でホタテカレーとラーメンを食す

サロマ湖100kmウルトラマラソン 受付完了

サロマの受付が完了。
ラン友にも大勢会えて、モチベーションもあがってきた。
自己ベスト更新を目標にできるだけやりたい。

今週は北海道内は気温が上がらず初夏とは思えない寒さが続いている。
明日は最低気温7℃、最高気温13℃、風速4mの向かい風基調の予報と肌寒さを感じる展開になりそうだ。
半袖、短パンで走る予定だが、寒すぎて苦労しそうな予感がしている。

サロマのプログラムには、たった数十人から始まった大会が今では日本一、世界有数のウルトラマラソン大会に成長していることが書かれており、継続する事の大切さ、偉大さを改めて感じた。


受付後、幌延のみんなと

サロマ湖100kmウルトラマラソン 装備

今週末のサロマ湖100kmウルトラマラソンに向けての装備を決めた。
特に参考にする人もいないと思うが、なんとなく公開。
この装備たちで自己ベスト更新を目指す!

ヘッドバンド
Halo Ⅱプルオーバー
以前もっていたライトブルーが壊れてしまったため、この日のために購入。
今回はユニフォームにあわせて、ブルーをチョイス。
顔に汗が垂れてこないのでとても気に入っている。

シャツ
TRIMTEX (トリムテックス) Speed LZRシャツ 幌延ランニングクラブオリジナル
ベースのトリムテックスSpeed LZRシャツは汗抜けがとてもよく、今まで使ったレースではとても調子が良い。
ハーフジップでトレイル等にも対応。
チームオリジナルにプリントされていて、やる気もアップ。

ベースレイヤー
ファイントラック スキンメッシュ ノースリーブ(旧型)
言わずと知れたファイントラックのスキンメッシュ。
汗抜けは当然のこと、あまり締め付けがなく、皮膚ズレしにくいのもよい。

パンツ
パタゴニア ストライダープロショーツ
カラーのパンツでジェルポケット付きの珍しいショーツ。
インナー付きは初めてだったけど違和感なし。
ジェルポケット4箇所+チャック付きポケット1で収納力十分。

ソックス
R×Lソックス TTR-46G
ナイロン・ポリウレタンを使った速乾性の5本指立体裁断ソックス。
やや固い履き心地でも靴ズレせず耐久性もあり、ロングレースには適していそう。

シューズ
アシックス ゲルフェザーグライドワイド
こちらはアディゼロマナと違いロードのウルトラ専用機。
以前買って調子が良かったのだが、最近はいておらず、どうなるか。。。

時計
セイコーエプソン SF-710S
ランウォッチの全ての機能を備え、国産かつ駆動時間30時間のモデル。
言うことなし。

ジェル
shotz
色々なメーカーを試して、一番気にいっているジェル。
前の2レースでは1時間に1本でも栄養が足りなかったので、今回は40~45分に1本投入予定。

皮膚保護クリーム
アースブループロテクトJ1(非売品)
アースブルーのプロテクトS1の持続時間向上モデル。
S1の4時間前後から10時間前後まで持続時間を延長した試作品。
ご縁があり、テストさせてもらっている。
足裏や股などの擦れ防止材として使用。
プロテクトS1、J1ともに素晴らしい性能で、今シーズンは足裏トラブルゼロ。
日焼け止めとしてプロテクトUV+も使用予定。

Gon-tex
足裏貼足&膝貼足
膝痛予防とパフォーマンスアップのために。
今までで効果を実感しているので、今回も使用。


体重・体脂肪率とランニングレースの結果

最近体重がというか、減りが遅くなった。
毎年冬に増量し、夏から秋にかけて減っていく傾向は変わらないのだが、去年あたりから減り幅が小さくなったようだ。

そこでふと、レースの結果と体重・体脂肪率を照らし合わせてみることにした。
比較レースは3回出場している利尻島一周55kmとした。

2012年 65.70kg 9.8% 4:34:17(4:59/km)
2014年 65.60kg 9.2% 4:14:04(4:37/km)
2015年 66.55kg 8.4% 3:55:47(4:17/km)
(ほぼ1日の同じ時間に測定)

こうしてみると体重が増えて体脂肪率が下がっているので筋肉がついたと理解していいのだろう。
体重の減り幅が小さくなったのもきっと加齢のせいではなく(希望)、筋肉がついたためなんだと思いたい。
走力は去年と今年ではそんなに差がないと感じているが年々少しずつ上がっているので純粋に比較はできない。
しかし、これだけ見ると体重とタイムの相関はなく、体脂肪率の減少とタイムは関係がありそうだ。
一説には体重1kg減少でフルマラソンのタイムが3分早くなるといわれているが、自分には当てはまっていないようだ。

結論としては、体質によるが無理な減量などせず体を鍛えていれば速く走れるようになると考えた(体脂肪と体重の両方を減らせたらもっと速く走れるかもしれないけど)。
しっかり栄養を取りつつ、気持ちよく練習を続けようと改めて思った。

サロベツ・オロロンシーニックランのコース紹介その3

かねてより案内させていただいている、サロベツ・オロロンシーニックランのコース紹介その3。
おかげさまで去年の倍以上の方から申し込みをいただきました。

今回はコースの後半部分を紹介。
この景色の中を走ります。

参加される皆様、幌延RC一同心よりお待ちしております!


スノーシェルターは通過


稚咲内では直進


第6エイドのレストハウス砂丘林


第7エイドのサロベツ湿原センター、右折して少しだけ進みます。


豊富市街地は直進


豊富温泉街 ここまでくればゴールは目前


(写真提供 幌延RC T氏)

送別ラン5kmタイムトライアル

昨日は6月いっぱいで転勤により幌延を去ることになったランニングクラブメンバーⅠ氏の送別“ラン”だった。
Ⅰ氏の希望により送別ランの希望は5kmタイムトライアルとなった。
Ⅰ氏は昨年の秋に開催された稚内駅伝(幌延ランニングクラブが優勝!)のメンバーで、後継者の第一次選考会を兼ねたいとのことだった。
平日にもかかわらずクラブから送別のために8名が出走。
応援も含めると10名を超すメンバーが集結した。

町民マラソン大会の5kmコースを踏襲してタイムトライアルを開催。
最近タイムトライアルやインターバル走をほとんどしていなかったし、最近は練習もなぜか充実していなかったので自己ベスト更新はならないだろうなーと思ってのスタートだった。
体重も重いし。

それが走り出してみるとそこそこ体が動き、最初はペースが分からず突っ込みすぎて後半落としたものの、予想外に目標を達成し去年の稚内駅伝で出した自己ベストを20秒短縮する17:59(←ここの1秒は大事)でフィニッシュ。
駅伝のある秋までに達成できればいいと思っていた17分台をこの時期に達成できてとてもよかった。
インターバル等の練習を重ねていけば、まだ速くなる余地はありそうだ。

メンバーたちもほとんどが目標タイムを達成し、成長著しい2人は自己ベストを大幅に更新。
Ⅰ氏の後継者候補も決まり、充実の送別ランとなった。


スタート直後。みんな元気


記念撮影。Iさん、お元気で~(まだ一緒に走るけど)

美瑛が舞台の映画 愛を積むひと

先週末に札幌に行ったとき、映画「愛を積むひと」を鑑賞した。
内容については各自ご覧になっていただくとして(笑)、十勝岳が望める美瑛に移住したいという点は大いに共感した。

美瑛は大雪山や十勝連峰が美しく望め、山々へのアクセスも良く、比較的大都市の旭川に近く、旭川空港も近い。
なにより美しい農村で、東川・上富良野などの大雪山の麓の将来住んでみたいエリアのひとつだ。
もうひとつは小淵沢・白州の辺りで、どうやら裾野の広い高い火山の麓が好きらしい。

映画では美瑛の自然が美しく描かれていて、こんなところで生活できたらなーと思ってしまった。


札幌低山ナイトハイク

時間の都合から、今朝?は夜中の0時すぎから札幌でナイトラン&ハイクだった。
来週のサロマに向けてゆっくり長く動きたいのと、今回は夜かつ車なしなので札幌中心部から走って行ける低山巡りにした。
住宅地も通るので熊鈴なし。
独りで坦々と歩いたり走ったりコンビニ休憩したり。
気がつけば時間も距離も進み、眠気もなく気持ちよく汗をながせた。

札幌駅~三角山~大倉山~円山~旭山~藻岩山~円山(2回目)~札幌駅の約30kmを約4時間。
藻岩山で日の出を見ようと思っていたら、思ったよりも早く着きすぎて30分ほど待つハメに。
こんな時に登山者用の休憩室はとても助かる。

ちなみにヘッドライトはSilvaのCross trail 2(シルバ クロストレイル2)を使用。
単四電池、電池ボックス別体式、、防水、MAX250ルーメンの明るさとウルトラ系トレイルランに必要な条件をすべてそろえた逸品だ。
とんでもない明るさで登りは最小モードで十分、MAXなら自動車かというくらい明るい。
闇夜の下りトレイルは明るさと視界がとても大事なので、明るいヘッドライトは非常に使いやすい。
とても良いのでPTLでも使用するつもりだ。
後日詳細レビュー予定。


日の出間近。大雪山系や日高山脈まで望める(藻岩山にて)


日の出(藻岩山にて)


朝焼けの樹林帯を下る