無意根山 年忘れスキーツアー

12/30-31と無意根尻小屋泊で忘年会を兼ねてスキーツアーにいってきた。
激パウ&初日晴天&良い小屋=サイコーのスキーツアーとなった。

詳細は後日!

みなさまよいお年を!


天気すばらしい


景色もすばらしい!


小屋もいい!


飯もうまい!

三段山 激パウ

正月休みの初日は三段山で山スキーだった。
今回は5人と1匹の大所帯。
賑やかな山スキーとなった。

12月は雪が少なく、どんな感じか心配だったが、十勝連峰には大量に雪が降ったようだ。

積雪は1メートル不足だが、新雪は多いという不思議なかんじだった。
新雪が多すぎて三段山の傾斜ではスーパーファットのメガワットでも浮力がたりず埋まるような状況。
なのに斜面の凹凸がならされていない。

なかなか難儀する斜面だけど、久々の激パウは楽しい!
明日以降もいい雪がありますように!


珍道中の始まり


写真あまりない。。。

佐幸選手のTJAR記事

佐幸選手のTJAR2014の記事がMtSNでアップされた。

佐幸選手=サコさんとはスタートから北アの黒部五郎まで、薮原から駒ヶ根、三伏峠から井川ダムと一緒になることが多かった。
気さくで会話上手、楽しく会話しながら歩いた記憶がある。

TJAR報告会での再開時にPTL参戦を打診するとすぐに乗り気となり、ほんとにこの人は家庭があるのかなと思った。笑
この快諾が今年のPTL参戦につながった。

PTLでも色々なエピソードがあり、サコさんの話だけで飲み会1回はできる。
MtSNの記事ではまじめな感じ(不真面目というわけではない)に仕上がっているが、本当はもっと人間味溢れた親しみやすい選手だ。
これからの活躍も期待!


久々の(まともな)山スキー 手稲ネオパラ

今日は手稲ネオパラにいつもの相方I氏といってきた。
前日まではヨーテイやトカチも候補に挙がっていたけれども強風の予報が出ていたので、大事をとって西風の影響がほとんどないネオパラをチョイス。
今回はI氏のスプリットボードデビューということもあり無理せずのんびり(いつも無理していないけど)登る。
ネオパラは札幌駅から車でわずか30分で登山口につき、行動時間も長く見積もっても往復4時間とほんとにお手軽な山だ。
その割に滑れるところもあり、景色もいいところあり、静かな山も楽しめて満足度は高い。

今日は天気は良いが気温が低い。
稜線に近づくと風も予報通り強くなってきた。
それでも汗をかかない程度にまったり登る分には心地よく、景色を見ながらゆっくり歩いた。

I氏のスピリットボードの登りは快調らしく、だいぶ気に入ったようだった。
amatchは今日はアルマダ ディクリビティをパウダーランでは初使用。
滑りに支障はないけど気持ちよく滑るにはやや浮力不足か。
林道やツリーランは快調だった。
やはりこれは春用かな。

ネオパラでは北海道を代表する山岳スキーレーサーのみなさんが練習していた。
登りも準備も素晴らしく早く、あっという間に登って行った。
が、今日の気温では山岳スキーのウェアや装備では寒かったようだ。←普通の山スキーセットでも寒かった。
それにしても、練習熱心なことには頭が下がります。
いい刺激いただきました!


慣れないスプリットボードに苦戦中


進む林道。視界よし!


厳冬期の日差し。


滑りだし。今日は寒かったし写真少なめ


途中では眺望よし

MBTサンダル 試し履き

まえまえから気になっていたMBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)センサー搭載のサンダルを試し履きしてみた。
ソールの中心が盛り上がっているのが特徴のMBTセンサーはバランスの改善・姿勢の改善・体幹の強化などに効果が期待できるらしい。

履いてみると、違和感ゼロ。
歩いてみても違和感なし。
店員さんに聞いてみると、これからウォーキングを始めようと言う人とか立ち仕事の人にお勧めだそうだ。
これで体幹トレーニングをしようって人とかはいないらしい。。。
それが目的だったのに。。。

なかなかのお値段だったので、そこまでの購入意欲がわかず試し履きだけで撤収。
店員さん申し訳ないです。
それでもなんか気になるMBTセンサー。
どなたか、MBTセンサーの良さを教えてください!


気になるがお高いなあ。。。

長野県内スタバ限定 雷鳥マグ

さとみんさんから長野県内のスタバ限定マグカップをいただいた。
雷鳥絵柄に一目惚れして買ったらしい。
みさごさんともお揃いとのことだ。
大容量の400ml 仕様でお茶やコーヒーをがぶ飲みするamatchにはとても嬉しい。
雷鳥の絵柄も可愛らしく、自分も一目で気にいった。

今はヨセミテで買ったマグと北根室ランチウェイのマグがお気に入りで、職場と家で使っているが、3つ目ともなると使う場所に悩む。
とりあえずローテーションで使ってみようと思う。


雷鳥マグ


こちらはヨセミテ 山が呼んでる

まさかのレイニークリスマス

今年も残すところあと一週間。
例年この時期は雪が積もり、年末年始のスキーへむけて気持ちが高ぶっているところだ。

しかし今年のクリスマスはなんと雨。
北海道に来てからクリスマスに雨は記憶にない。
積雪も記憶にある限り過去最低だ。
例年はナイタースキーのできるころなのに。。。
週末からは気温も下がるようなので、淡く期待。

しかたないから雨がやんだ夜にランランしたが、こちらはPM2.5襲来中で不快。
いつもの神社で雪のお願いしておきました。

年末準備で大忙し

今日は久しぶりに何事もなく家にいた日だった。
実に半年以上ぶりじゃないかな、約束もなく家で過ごした休日は。

とはいえ年末の準備で大忙しだった。
・年賀状の準備
・山スキー用品の点検
・スキーのインビス化、ワックスがけ
・大掃除(だいたんな掃除途中。汗)
・合間を縫ってラン
・雪のないうちに倉庫の整理(倉庫は雪で閉ざされてしまう)
などなど、やることはいっぱいあった。

とにかくつよく感じたのは
「もっと物を減らそう」だ。笑
ランシュとスキー関係が半端ない量で足何本あるんだという量だ。
最近は徐々に減らしていっているはずなのだがなあ。。。

中途半端な掃除になってしまったので、明日も掃除続行確定!
頑張らないと気持良く年が越せない。。。

冬至

全国的に冬至だった。

昼休みに所用で外出したときの雑談で太陽が低いと話題になった。
冬の宗谷がスッキリ晴れることは珍しいので気にしてなかったが、確かに低い。

そこで計算すると北緯45度のわが町では冬至の南中高度は21.6度!
スキー場の中級斜面より緩い。
昼休みなのに影が長い。

もちろん夕方の帰宅時はまっくら。
これからは日が長くなる一方なのは嬉しい。


1時前の太陽、低い


影ながいー

ケガをしないこと

ここ最近、北海道のトップトレイルランナーが相次いで故障したようだった。
北海道のランニングシーンはシーズンオフに入ったところなので、ちょうどいい休養と言えばそうなのかもしれない。
それでも予定していた練習や山行ができないのは心身ともにきついだろう。
何より楽しくない。
早く完治することを願ってます。

自分はと言うとここ数年は本当に故障しなくなった。(調子悪いとかはある)
もちろん足を捻ったりはまれにあるけれど、後を引くような、休まなければならないような故障は記憶にない。

走りだして2年目ぐらいは故障との戦いで成果も停滞していた。
気持ばかりが焦り、負のスパイラルってやつに陥っていたと思う。
3年目になり故障が少なくなるとどんどん楽しく走れるようになった。

何をしたかというと無理をしないことと日々体幹トレーニングをしているぐらいだ。
ランニングなど持久系スポーツに限らずスポーツ全般は継続が力だということは異論ないと思う。
じゃあ継続するためにどうすればいいかを考えたときに行きついたのが、無理はしないことだ。
無理をしないために計画的に走るし、計画以下のペースになることはあっても思いつきや感覚で計画以上にあげることはまずしない。
そして他人と(レース以外で)走ることがあっても競わない。
狙ったレースでの負傷ならまだしも、遊びや練習で怪我のリスクを負うなんてもったいない。
狙ったレースであってもamatchのレベルではほとんどのレースが他人とではなく自分との闘いなので、自分のベストを出すことを考えれば怪我のリスクを負ってまで追い込むことはほとんどない。

ということで、自分はつまらない練習・レースをしているかもしれない。
でもケガとはしばらく無縁で、着実に完走を続けている。
そしてこれが、ちょっと走れる山ヤを名乗っている理由でもある。
山はちゃんと安全に下山する、レースはきちんと完走する、練習はケガせず継続する。
すべてつながっている。

という個人的な見解です。
本州のランナーはこれからマラソンシーズンですね。
ケガなく頑張ってほしいです。