冬の嵐

早いもので2月も最終日となった。
厳冬期も終わり、あと1ヶ月ほどで春が来る。

しかしながら今夜から明日にかけては冬の嵐のようだ。
街につながる国道や道道も閉鎖が相次ぎ、走れるような状況ではない。

ということでしばらく出張など不在にした代償として荒れ放題の部屋を片付けることにした。
スキー用品に山用品、トレラン用品とどれも一通り揃っていて、部屋の割には多すぎるのだ。
といっても使っているものばかりなので捨てるわけにもいかない。
結局ちまちまとしたところばかり手を付けてしまって、たいして進まなかった。汗

まあそれでもわずかに進んだのでよしとしよう。
明日の朝は雪かきかな?

tuukou.jpg
道北はいたるところが通行止め

三段山登頂&フリコ沢~ナマコ尾根滑降

今日はいつものパートナーI氏と2人で三段山で山スキー。

昨夜は友人の結婚式で午前様まで騒いでいたので、うっかり寝坊して集合時間に5分ほど遅刻。
まことに申し訳ない!と思ったら2人とも5分遅刻だった。笑

旭川~富良野盆地は晴天だったが十勝連峰には雲がかかっていた。
午後からの晴天予報を信じて、白銀荘からゆっくりと登りだす。
白銀荘の気温は-5℃でそれほど寒くない。
登りだしは風もなく今日は余裕だなと思っていたら、稜線手前からガチガチにクラストした斜面が出てきたり、風が思ったより強かったり、-15℃ぐらいまで気温が下がったりと意外と手強い。
それでも条件的には申し分なく、余裕を持って登頂。
登頂するころには雲も薄くなってきていたので、山頂でピーカンを待つが、とにかく寒い。。。
結局全方位雲なし、というわけにはいかなかったが、冬山の美しさを堪能した。

下山はフリコ沢~ナマコ尾根を滑る。
思ったよりが乗っていてノートラック!
天気も景色もすっばらしいの一言だ。

そして、このコースは新雪が乗ると斜度が少し足りないのだが、今日のナマコ尾根はとんでもなく雪が軽く(今シーズンベスト)気持良く滑ることができた。
十勝連峰の実力を思い知らされた1日だった。
この雪質を求めて、通ってしまうんだよなあ。。。


登りだしの樹林帯


稜線ではまだ視界不良


登頂。寒いし視界悪し


しかし待てば晴れてきた


青と白のコントラストが美しい


フリコ沢へドロップ


太陽をバックに滑るI氏


ノートラックにシュプールを描く


ちょっとした登り返しもたのしい。


おつかれさまでした!いつもありがとう!

スキーからの結婚式出席

土曜日はカムイスキーリンクスからの結婚式出席だった。
といってもそれは自分だけなく写真に写っている全員のことだ。
そして、写真の中心前は今日の主役「新郎」!
まさにスノーボードバカ。

この4人は大学時代から一緒にスキーに行っていた仲ではじめて一緒に滑ってからもうすでに15年近くになる。
最近はあまりセッションしない時期もあったが久しぶりに結成。
久しぶりの4人でのゴンドラでも会話が全然変わってない。笑
みんな健康で楽しく歳を重ねることができたのは素晴らしいことだ。
ありきたりだが、仲間っていいなと思った。

夕方からの挙式なのでさすがに午前中で切り上げ、新郎はスキーウェアのまま新婦宅に向かったそうだ。笑
式の様子は割愛。
お幸せに!


天気もよく、式に行きたくないと叫ぶ新郎。笑




北海道へ戻る

仕事もほぼ予定通り終わり、北海道へ戻った。
北海道はやはり寒く雪景色だった。
しかし、この季節に雪があるとほっとする。


おみやげの焼酎と辛子蓮根

旅ランその3

鹿児島宿泊だった今朝は市内をうろうろ観光ラン。
桜島行きのフェリーターミナル、鹿児島城(鶴丸城)と城山、神社などを巡った。
海に山に城に神社と盛りだくさんだ。

城山からは桜島と鹿児島市街地を一望でき、朝から清々しい気持ちだ。
桜島の噴煙を見るとなぜかパワーをもらった気持ちになれた。
もっともっと走りたかったが、時間の制約もあり1時間で切り上げた。

来週末には鹿児島マラソンが開催されるらしく、市内の至るところにポスターが貼ってあった。
大会が盛り上がることを祈念してます。


日の出直前の桜島と鹿児島市街


出場選手のみなさん、がんばれ!

鹿児島といえば

今夜は鹿児島市内泊まりの出張日程だった。
鹿児島市内のB級グルメ筆頭と言えば、白熊かと言うことで発祥店と言われる「天文館むじゃき」に様子を見に行ってみる。
すると70周年記念フェア中ということで食事メニューが半額だった。
これ幸いと入店し、食事後にメインの(?)白熊を注文。

白熊はアイスのせのタイプをチョイス。
お腹もいっぱいぎみだったが思いで作りということでレギュラーサイズを注文した。
練乳が全体にかかっており、甘めだが美味い。
かなりビッグサイズだが、かき氷のように密度が低く、意外とすんなり完食できた。
学生時代に来たときは、高くて(800円ぐらい)食べられなかったなあーと感慨深い。

連日食べ過ぎなので明日は旅ランの時間を捻出したい。


旅ランその2

九州は陽が長い。
今日は夕方からは晴天だった。
夕暮れ前に仕事が終わったので夕食前に軽く旅ラン。
今日は米ノ津川の堤防上にある、ジョギングロードを走る。

信号もなく、天気もよく気持ちいい。
堤防にはすでに菜の花が咲いていて、もう春だった。
北海道よりは2ヶ月早い。

昼食を豪勢に薩摩黒豚トンカツ定食にしてしまったので(?)スタミナ十分。
しかしながら気持ちばかりが走り、手足バラバラで脚に力が入りすぎるイマイチな走りになってしまった。
それでも肩の違和感は昨日よりも良い。
着実に回復しつつあることを実感した。

夜はさらに豪華に黒毛和牛の焼き肉。
とんでもなく美味だった。
それにしても完全に赤字出張だな。。。


米ノ津川の堤防。景色よい


夕暮れラン。日の出ている時間走るのは気持ちがよい。


おまけ1 黒豚トンカツ定食


おまけその2 特選黒毛和牛焼き肉

出張&復帰ラン

今朝は出張ラン。
鹿児島県の出水(いずみ)市で10kmほど汗を流した。
肩の怪我からの2週間ぶり復帰ランでもある。
さらに言うと1か月ぶりのアスファルトだ。

さすが西日本だけあって、日の出が遅い。
6時半ごろまで予想外の真っ暗で予定していた河川敷ルートはライトがなく断念。
歩道付の国道をゆっくり坦々と走った。

まだ肩痛みはほとんどないが違和感がすごく、腕が全然振れていない。
それなのに脚は休養十分で行きたがり、釣り合いを取るのが大変だった。

それにしてもランは気持ちいい。
特に朝ランは清々しく、その日の活力を与えてくれる。
できるだけ走りたいが天気予報はイマイチだ。。。

鹿児島に出張

今週は1週間鹿児島県に出張だ。
北の果ての幌延から南の果ての鹿児島まで特急、飛行機、新幹線を乗り継いで丸々1日かかった。
鹿児島は思ったより寒く?服装間違えたかなと思った。

ラン用品も当然持ち込んでいるので仕事以外の時間も有意義にすごしたい。

山本選手のTJAR記事

山本選手のTJAR2014の記事がMtSNに掲載された

山本選手との出会いは4年前になる。
悪名高き?第一回八ヶ岳スーパートレイル100マイルでレースの中盤から通して前後していたのが出会いだ。

その時が100マイル初挑戦ながら調子がよく、順調に進めていたamatchが山本選手に導かれて一緒にゴールした。
情けない話ながら今でもそれが100マイルのベストレースだ。
その時から強い選手だなあと思い、後々webで見てみるととんでもない経歴の選手だった。
そんな選手についていけたことが自信になり、次への挑戦につながっていった。

そんな山本選手とTJARの選考会で3度目の再会を果たし、そこでも一緒させていただき、その強さを目の当たりにした。
本戦でも自分を遥かに先行していた山本選手がリタイアしたと聞いたとき、とてもショックだったのを覚えている。

山本選手は今でも目標だし、尊敬してやまない。
ぜひまたどこかの山でお会いしたい。