京都一周トレイル 京北コースゆるラン

京都在住のずんさんに直前アポをとって京都一周トレイルにいってきた。
コースは京北コースだ。
京北コースは通常の一周トレイルとは別に北に離れたラウンドコースで距離は約40kmだ。
今回はラウンドコースから派生するちょっとした往復部分を省略した35kmを案内してもらった。

二人とも夕方から用事があるということで集合は京都市内に朝4時、スタートは6時前。
今朝の気温は2℃、寒い。。。
それでも走り出せばあたたかい。

京都一周トレイルはコースを通じて道標が分岐ごとにたっていて、ほとんど迷わないだろう。
トレイル管理者の愛を感じるすばらしい整備状況だった。

途中の山では雲海を見れたり、素敵な常照皇寺の境内にお邪魔したり、自販機の前でだべったり、道端のパン屋で買い食いしたりと、楽しい時間を堪能。
これこそ自分の求める里山トレイルだ。

話もつきず本当に心から楽しい時間を過ごすことができた。
ずんさん、ありがとうございました!
またよろしくお願いします!

注) コースの魚ヶ淵つり橋は通行止めなので迂回が必要です。公式サイトにてご確認ください


素敵な道標


霜がおりる寒さ


手入れの行き届いた明るい林 朝の木漏れ日の中をすすむ


朝のご褒美 雲海


夏ならドボンしたいきれいな川


常照皇寺に寄り道


苔むした境内を走る


天気がよい 明るい小川の畔を走る


最後の力走


完遂!

今シーズンの初夏山、伊吹山トレラン

今シーズンの初夏山として選んだのは百名山伊吹山。
家からそこそこ近所、雪なし、登山時間も適度ということで決定。

普通に往復しても面白くないのでプチラウンドということにして、上定寺尾根から5号目までは登った。
上定寺尾根には城趾もあり、遺跡ムード満点だ。
そして、人も全然いない。
きっちり整備もされていて走りやすい。
よいルートなのにもったいないなあー、と思っていたら城趾(京極氏遺跡)から先の「山と高原地図」の破線部分はちゃんと刈り払いされているものの幅が狭く、片斜面も多くてとても走りにくい。
しかし、今の時期は歩くには十分で秘境ムードも楽しめた。
夏場は草が繁ってこのルートは難しいかもしれない。

上定寺尾根から先は一般登山道だ。
伊吹山の一般登山道は樹林帯ではないのでここで1枚羽織った。
今日は風が強いし、寒いし、時々雨もぱらつく条件だったのだ。
幸い高曇りで山頂は見えているので気持ちは萎えることもなかった。

一般登山道は混雑していて、遅い時間に登り始めたので下り客と多くすれ違った。北海道ではこんなに多くの人とすれ違うことはなく、申し訳ない気持ちになる。
トレイルランナーとも来ているようで、数名とすれ違った。

山頂付近からは雨が雪に変わりとても寒い。気温は2℃らしく末端がもう冷たい。
1時間20分ほどで山頂に到着。
本当は山頂付近の遊歩道?を一周しようかと思っていたが、寒くてとても廻る気にならず、茶屋にもよらず一通り眺めのよいところを回って下山開始。

下山は一般登山道をそのまま下る。
山頂から少し下れば暖かくなり安心して気持ちよく下れた。
あっという間に登山口へ。

登山口の目の前のお店で買い食いしながらおばちゃんと談笑した。
トレイルランナーも多く来ているようだった。
確かに練習にはよさそうな山なので、通う人がいるのもわかる気がした。

その後は上定寺登山口までロードを走り完了。
合計2時間40分くらい(休憩含まず)となかなか良い運動になった。

明日は京都のトレイルだ、琵琶湖畔を通り京都に向かう。

幸先よいGWのスタートを切れた。
明日以降も楽しみだ。


上定寺登山口の直後 ムードあるよ


城趾からの景色


山頂証拠写真


わかりにくいけど琵琶湖も一望。はじめて琵琶湖みた


一般登山道の登山口


琵琶湖と伊吹山 海みたい

健康診断

今日は一日雨だった。

終業後に健康診断を受けた。
徐脈の気があるので心電図は丁寧に取ってもらった。
そしてひととおりいつもの検査をして終了。
結果は10日後には出るそうだ。

事情があり、定期健診とは別に健康診断を受けるのはとてもひさしぶりだ。
ここで診断書をもらえれば、また一つ例の書類が整う。
明日からのGWに入ってしまうと、自分以外のところも休業なので色々と停滞してしまう。
ここでほとんどの書類を整えて、すっきりとした気持ちで明日からの10連休(!)を迎えることができた。
本州のGWを思う存分に楽しみたい。

TJAR2016 書類選考

TJAR2016のエントリーが始まった。

TJAR2016の書類選考に向けての書類作成を始めた。
はじめてみると色々と準備に不備があり、直前の準備だったら間に合わなかったな。汗
必要書類の整理だけでもけっこうな手間だ。
これを確認する実行委員の皆さまはもっともっと手間だろう。
質問なども多数来ていると思う。
TJARはメジャーにはなったものの、営利目的ではないため専任のスタッフがいるわけでもなく、実行委員のみなさんは各自仕事などをされつつ準備している。
本当に頭が下がる。

すこしでも手間がかからぬよう、しっかりと不備なく書類を作ろうと思う。
まずはそこだ。
選考の結果はこれまで2年間の成果でついてくるはずだ。

ということで必要書類を集めないと。。。
引越しなどもあり、色々見当たらない。。。


阪田さんMtSNに登場!

身体能力抜群の阪田さんがMtSNのTJAR2014の記事に登場。

TJAR2012の放送では主人公の1人といっていい活躍だった。
2014も当然上位を狙って素晴らしい成績でフィニッシュしている。

去年、ほんのちょっとだけ一緒に山を歩いたが、身体能力と省エネ体質で驚いた記憶がある。
家も近所になったことでからめる機会があるととてもうれしい。
もっとも、今の自分では待たせるだけになってしまうので、そのためにも練習しないとだが。。。汗

ともかく、面白く熟読。

興味がわいたらぜひこちらを

GWの予定検討中

あと3日間も働くと、世間はゴールデンウィークに突入する。
自分もなんとか休みをつなげて、最大10連休獲得に挑戦したい。笑

今年は本当は本州の山々でスキーを、と思っていたが例年になく残雪が少ない模様だ。
となると、北海道遠征か?とも思っていたが、せっかく本州在住になったので、まだ見ぬ景色を求めてうろうろしようと思っている。
でもやっぱりスキーも捨てがたいので、1~2回ぐらいはスキーに行きたいなあ。。。

そのためにも道具の準備もしっかりしないとね。
最近は使っていなかった火器・燃料・宿泊道具などなど、準備が必要なものは多い。
あと3日といいつつ、宴会その他もろもろで準備できる日は少ない。
最高のGWのために、しっかりと準備したい。

引き続き観光 高山&下呂

ベタな観光地巡り2日目は飛騨高山&下呂温泉。
飛騨高山も今や世界的な観光地となっていただけあり、インターナショナルな観光客で賑わっていた。
人が少ない場所なんてなさそうだった。

引き続き下呂温泉。
こちらも北海道にはほとんどない由緒正しき温泉街で、温泉街散策が楽しい。

どちらも歩き回って買い食いしてと正しい観光を漫喫。
これで中部での目標を1つ果たせた。

週末は限られているから、どんどんいろんな所を廻りたい。


カエル神社、下呂だけに。。。

桜観光

せっかく中部に引っ越してきたので、今週末は山ではなく観光。
まだ山地のほうでは桜がいい季節だ。

荘川桜、白川郷などべたな観光地を巡った。
開拓地の北海道とは違った、伝統や歴史のパワーを感じるなあ。


荘川桜 満開


飛騨高山 世界的な観光地になっていた

トニーからの絵ハガキ

PTLのチームメイト、トニーからパタゴニアの絵ハガキが届いた。
トニーはパタゴニアで開催されたウルトラフィヨルド100マイル(コース変更により140kmぐらい?)に出場していた。
そして、見事9位表彰台ゲット!
鏑木選手の2位に続く日本人2位だ。
ほんとにすごい。
そして、ショーゴTシャツを南米お披露目だ。

パタゴニアもいつか行ってみたいと思っていた。
しかしこうなったらショーゴTシャツ7大陸制覇、なんてのもいいかも。笑


表彰台ほんとすごい!

悲報 アディゼロmana7 とうとう廃盤か

ロードはもちろんトレイルもこなせるシューズとして一部ではカルト的な人気を誇ったアディダス製ランニングシューズのアディゼロmana7。
昨年あたりから噂があったが、とうとう廃盤か?
メーカーサイトではすでに完売で、新型のマナが発売されている。
新型はソール形状が一新され、トレイルでのグリップ力がダウンか?

昨年のセールまとめ買いによって、まだ残ってはいるが今後入手できなくなると思うと残念でならない。
mana7の良さは
・ロードを基本としながら林道、そしてシングルトラックまで無難にこなせるソール
・安く、ソールがあまり減らないのでコスパがよい
といったところで、つまり練習用の万能シューズとしては最適だった。
本格的なトレイルでは捻れ剛性が足りずトレランシューズに一歩譲るし、ロードでスピードを出す場合は軽量レースシューズにこれまた一歩譲るのは仕 方がない。

すでに近くのアウトレットでは合うサイズが欠品していたし、ネット在庫も減ってきている模様。
ここ数年は悩まずmana7を買っていたのに、これからはロードシューズ難民になってしまうのかと思うととても残念だ