小ネタ

今日は朝に町内会の草刈りが入っていた。
もちろん大事なことなのでサボる訳にはいかない。

ということで早朝出発のお出かけはできなかった。
何するかなーと、思ったところでなんとなく、「食の祭典inぎふ郡上2017」が目についたので行ってみることにした。

東海北陸道沿線の特産品やB級グルメが集っているこのイベント。天気もよく大入りで座る場所もなかった。
この辺りの名産の鮎を使った鮎飯や鮎の塩焼き、ケイチャン、富山のギョウザラーメンなどなどのB級グルメに加えてスイーツもいろんな種類があり楽しいなかなか楽しいイベントだった。


鮎の塩焼き。美味しそう

夕方からは軽くジョグ。
最初の5キロはゆっくり、後半はしっかりと走る。
PTL以降ではじめて5:00/kmを上回る速度&5キロ以上を走った。
調子が悪い悪いと思っていたが、負荷をかけると意外といつも通り体は動くもので、秋の涼しさも相まって気持ちよく走れた。

小ネタ
ヨーグルトメーカーで作っていた、手作りヨーグルト。
いつもは雪印の恵だったが腸炎以降、もっと機能の高いヨーグルトを、と思いLG21を増やしてみた。
さらに、豆乳ヨーグルトにチャレンジ。
前情報では糖分が入っているヨーグルトは増えにくいと言う話だったが、しっかりとヨーグルトになっていた。

味は、、、酸っぱい豆腐かこれ?
正直、美味しくないな。。。
続けるには美味しくないと。。。
ということで残念ながら豆乳ヨーグルトはこれにて終了。


しっかり固まったが、見た目はざる豆腐。
味は酸っぱい豆腐


南木曽岳登山

今日は南木曽岳登山。

よくなかった天気予報が昨日急によくなったので、昨日の午後から急な誘いに乗ってくれた仲間たちとゆっくり登山だ。

朝はちこり村で朝食バイキング。

そこから南木曽岳を登る。
急な登山道の連続で標高差の割になかなか大変だった。
山頂の奥、避難小屋前でゆっくりと昼食(カレーメシ&カップ麺)を食べてコーヒーでまったり。
特に下りは思ったより時間がかかったが、皆無事に下山。

帰りは温泉に使ってから中津川のプリンス松葉にて夕食。
さらに巨大なパフェまで食べて、(食の意味で)充実の1日だった。

ゆっくり登山も色々と学べることは多いなあ。


南木曽岳山頂


展望台(目の前は崖)からおそるおそる眺める


プリンス松葉のプリンス定食。美味


巨大なパフェが700円ちょっととリーズナブル!?

送別会

今日は3年に渡り仕事を一緒にしてきた同僚の送別会だった。
色々と助けられたものだ。
新天地でもがんばって欲しい。

次の勤務先は札幌とのこと。
なんともうらやましい。。。

秋のレート

書き溜めていた分が尽きてしまったのでPTL分は休みます。
すみません、遅筆なのと色々とやることが(溜まってて)多くて。。。

秋のレースの予定がほぼ決まった。
今年は久しぶりに多くのレースに出場予定だ。
10月2週目MAMM(南アルプスマウンテンマラソン)
10月3週目六甲山縦走キャノンボールスピード
11月1週目忍者トレイル駅伝
11月2週目OMMストレートA
11月3週目FTR

10月、11月に固め打ちだ。
全く体調が戻らずジョギングも捗っていないが第1戦のMAMMまではもう1ヶ月足らず。
少しずつ調子をあげていきたい。
そのためには練習あるのみ。


PTL2017 2日目(8/29) 後半

Cabane d'Ornyを16時過ぎに出発。
来た道を少し戻ってからFerret谷に向かって下ることになる。
下り始める直前にCabane d'Ornyへ向かう日本人女子チーム、なでしこJAPONを発見。
大声でエールを送ると、向こうも気が付いたようだった。

そこから2,800mから1,200mへの標高差1,600mの下りだ。
PTL2015で日中に登った区間だったので記憶も鮮明だ。
かなり登りが長く大変だったが、景色もよくトレイルも歩きやすかったので気分的には楽だった。
PTL2015のマイベストショットはここで撮影したものだ。
下りトレイルは夜と日中では速度差が大きいので日が高いうちに下ってしまいたい。
と思っていたが、まだ2日目ということもあり足も元気で小走りでトレイルを走破、舗装路に出たところで記憶にある沢によって足をアイシングしてから再スタートしてFerret谷へ到着。

IMG_6474.jpg
絶景続きの下り

IMG_6475_20170920231228eb8.jpg

21761357_1463391123778733_4044218447804263983_n.jpg

DSC_1684.jpg

Ferret谷はUTMBでクールマイユールからシャンぺ湖までの中盤戦の舞台になっている谷だ。
イタリア側も峠を越えたスイス側も同じ名前らしい(日本では珍しい?)。
我々はFerret谷は横切るだけだが、何カ所かにUTMB用のマーキングがされていてテンションもあがる。

Ferret谷から次の峠、La Tejereはまでは標高差約1,100m。
視界のないゆるい傾斜の林道を登っていくのだが、非常に退屈だった。
林道が終わりトレイルに入るころ日没を迎えた。
この辺りは記憶が不鮮明だ。
トレイルを登りきるとあんまり記憶に残らない下りトレイルをすぎまた林道へ。
長い長い林道をトラバースして、次の登りに入るのだが、とにかく長い。
集中力も切れ気味で何回か道間違いをしながら歩くが、たまらず道端で15分の仮眠をとる。
仮眠後も道間違いを何回か繰り返しようやく登り口へ到着。
この登りはオフトレイル表示で踏み跡をたどって登ると、今度は沢沿いの踏み跡すら見当たらない急斜面の藪を登らされる羽目になった。
他のチームがいたのが多少心強かったが、だいぶ精神力を使ってしまった。

オフトレイルを登り切った後は牧草地内の踏み跡を使った長いトラバースが始まる。
このトラバースでは主にナビを担当していたO選手がだいぶ眠気にやられてしまったようで、集中力が続かない。
I選手もルートファインディングをする余裕がなさそうだ。
そこで自分ルートファインディングしつつナビも確認しつつの行動になった。
これだと効率が悪いうえ日中なら踏み跡も見えるだろう牧草地は細かい分岐が多々あり、ほぼ水平移動にもかかわらずなかなか進まないのでイライラしてしまいそうになる。
が、PTL2015でこんな場面は多々あったので、PTLはこんなもんだ、と思うことができた。
この牧草地を突破し、道を下れば第一関門のBourg-Saint-Pierreだ。
早く2人を休ませてあげたい。
その一心で牧草地を突破。
ようやく道に出た。
が、ここからもなかなか長く1時間ほどかかってようやくBourg-Saint-Pierreへ到着。
時間は朝4時すぎ、行動時間は丸1日を超え26時間だった。。。

21199552_1417467055035890_3808423788275071875_o.jpg
スイス在住で今回も大変お世話になったKさんに撮ってもらった到着直後の写真

PTL2017 2日目(8/29)前半

PTL2017 2日目(8/29)の前半

ベッドにありつけたのはいいものの、テントがある場所はかなりの寒さでなかなか寝入ることができず、化繊ダウンに腹巻に雨具とフル装備で毛布にくるまった。
まだ初日で走った直後ということもあり、あまり眠気がなかったことも理由のひとつだろう。
それでも毛布にくるまっていればうとうとはできるし、脚を上げて目を閉じているだけで体は回復する。
なんやかんやで1時間半はうとうとしていた。
出発予定の30分前に起床し準備を開始する。
やはり寒い。
そしてこの時点ですでに下痢の症状が出ていた(この時点ではたいして気にしていなかった)。
チームメイトも続々と起きてきて時間前に出発の準備が整った。

そして暗闇の中を出発。
まずは標高差1,000mのCol de Balmeへの登りだ。
このパートはほぼ傾斜のある林道で黙々と歩くしかない。
幸いにも数チームが周辺にいたので(特に会話をするわけではないが)ルートファインディングも比較的楽だし、飽きもしなかった。
ただただ、坦々と歩きCol de Balmeを越えると(気づかなかったがフランスとスイスの国境も越えていた)今度はトレイルの長大なトラバースが始まった。
トラバースに入ると徐々に明るくなってきてモチベーションも上がってくる。

21743192_1463390767112102_2614402375862602386_n.jpg
薄暗い中を歩く

21730907_1463390763778769_3629196949425314369_n.jpg
アルプスの朝焼け

比較的歩きやすいトレイルで快調に進むが、この区間も水場がなく結局5時間以上を1.5リットルの水で歩くことになってしまった。
2日間続けてこれはまずい、と思い途中の水場(というか小川)で大休憩。
多めに水や食料を補給し歯も磨いてリフレッシュした。

21728506_1463390790445433_9017022806590819266_n.jpg
やっとあった水場

21742906_1463390833778762_1172721334902036437_n.jpg
ハミガキしてリフレッシュ

そのままトラバースを続け、Refuge Les Grands(PTLパートナーになっていない山小屋)を通過するとTrient川に向かって下り、川を渡ったところにあるレストラン、Buvette du Glacier du Trientに到着。

21752059_1463390823778763_7496642852090649188_n.jpg
氷河が目前に迫るトラバースルート

21731308_1463390870445425_2285589303475011862_n.jpg
Trient川への下りトレイル

営業時間外か数チームが外で休んでいた。
そこで他のチームに話しかけられ、「ヘルメット区間はルート変更になった。もうヘルメットはいらないぞ」のような意味のことを教えてもらった。
どうやら自分たちがBuet Skirocを出発した直後に悪天候によるルート変更が決まっていたらしい。
ただでさえ落石が多いコースも歩くPTLのさらにヘルメット区間とはどんなものかと思っていたが回避となってしまい残念半分、安心半分だった。
変更後のルートは距離が長く時間もかかりそうだったが、PTL2015で歩いた区間もありなんとなく想像ができたのは良かった。
ちょっと休憩しているとちりめんじゃこが追いついてきた。
なんでも少し前の山小屋Refuge Les Grandsでコーヒーを飲んでいる間に抜いたらしい。
前夜は同じテントに入ったものの寒さで寝られず、1時間ほど休憩して我々より先に出発していたそうだ。
少し休憩するようだったのでこちらは先に出発する(しばらくつかず離れずの行動となった)。

氷河を見ながらTrient川に沿って登りCol des Ecandiesを越える。

IMG_6458.jpg
ちりめんじゃこさんは元気いっぱい

IMG_6463.jpg
Col des Ecandiesで記念撮影

IMG_6475.jpg
Col des Ecandiesからの下り

ここでまたちりめんじゃこと会う。
だんだん6人で旅をしている気分になってくる。
時間も日中となりかなり暑くなってきていた。
当初ルートとの分岐で当初ルートを眺めてみると、確かにガレ場で危険そうだ。
踏み跡も見えない。
よっぽど危険なコースなのだろう。
Col des Ecandiesからかなり下ったところで水場があり、下りの後ということでアイシングも兼ねて大休憩をした。
とやっぱりちりめんじゃこが追いついてきた。
巡航速度はほとんどかわらないようだった。
ここからしばらく下り、今度はCol de la Breyaへの登りだ。
ここはPTL2015で下った場所でいやなガレ場があったことを覚えていた。
が、今回は登りということもあったがあっさり突破し拍子抜けだった。
ここは後半の疲れが出ているときに歩いたからなのか。。。

DSCF6634.jpg
Col de la Breyaにて PTL2015でカットされたLe Catogneの迫力ある山様

Col de la Breyaを越えるとやっと次のエイドCabane d'Ornyが近くなってくる。
前回は近くを通りながらもルートではなかったため見ただけだったが、素敵な山小屋だったことを覚えている。
すぐだったように思っていたが400m以上の登りがあり、標高2,800mを越える小屋への道は予想以上にきつく消耗した。

小屋に入ると日本人選手のS選手(外国人と3人チームで出場)が休憩していた。
なんでもゆっくり休憩するプランらしくこの小屋でも1時間近く休憩しているらしい。
食事を頼み、この次のエイドはドロップバッグのあるライフベースなので温存しても仕方ないとカレーメシも食べるためお湯ももらう(ドロップバッグにカレーメシは入れていた)。
食事はトマトのスープとご飯に肉という食欲をそそるものだったが何故か入っていかない。
カレーメシも食べられない。
気持ち悪いわけでもないのに食欲がわかない。
何かおかしい。。。
カレーメシに苦戦しているとちりめんじゃこが到着。
Col de la Breyaへの登りのガレ場で心が折れそうだったらしい。

DSC_1680.jpg
トマトが食欲をそそる美味しいご飯

DSC_1678.jpg
カレーメシも追加

後半へ続く

TJAR写真集お届け完了

土曜日は中岳避難小屋に写真集をお届けし、荒川小屋に宿泊していた。

日曜日もあいにくの空模様だが、台風はまだ九州で影響はほとんどなく、前線の秋雨が冷たく降っていた。
風は大したこのないので6時に出発。
今回はおはりんと自分共に70リットルオーバーの大型バックパックを背負っていたのでコースライムの6~7割ぐらいで行ければいいよね、なんて話していた。

赤石避難小屋にはその通り、コースタイムの6割ほどで到着。
避難小屋の中は暖かく、小屋番さんと話も弾む。
結局50分近く話しこんでしまう。

少し急ぎ目に百軒洞山の家をめざす。
百軒洞山の家で2冊目の写真集をお届け。
これで自分は任務完了。
ここでもとても喜んでもらえた。
ご飯もできるということなので、名物のカツカレーを注文しいただくことにした。
初めて食べたが、噂通りの美味しさで力もみなぎる。
結局ここでも45分以上ゆっくりとした。

いよいよ聖越えを前にして時間が押してきていた。。。
時間がたてばたつほど台風が接近し、天候は荒れてしまうだろう。
早いところ聖岳を越してしまうしかない。
さらに頑張って歩き、百間洞をスタートして聖平小屋まで3時間25分、コースタイムの50%を切る勢いで踏破。
風も大したことはなく、身の危険を感じるような場面は一つもなかった。
ランチタイムの2時前に滑り込む。

聖平小屋ではおはりんが写真集をお届け。
小屋の方総出で写真集に見入っていた。
若い小屋番さんはずっと見たかったらしく本当に喜んでくれていた。
ここでもカレーをいただく。笑
望月将悟スペシャルのゴマ塩をふったカレーを初めて食べたが、しょっぱさが疲れた時にはよさそうな、ピリッとしたおいしさだった。
なんやかんやでここでも1時間近く話しこんでしまった。

すっかり体も冷え切ってしまい、体温を上げるためにも茶臼小屋まで頑張って歩く。
この区間は1時間40分、コースタイムの39%ぐらいで踏破。
たぶん自己ベスト(レース中も含めて、トレランスタイルでここを通ったことはない)じゃないか。
コースタイムの6割ぐらいとはなんだったのか。。。
16時30分前の明るい時間に茶臼小屋へ滑り込んだ。

小屋で再度おはりんが写真集をお届け。
茶臼小屋では写真集が届けられるのを今か今かと待っていたようで、にこにこで受け取ってくれた。
夕食をご一緒させていただいたが、その最中にも1ページ1ページをみんなでかわるがわるじっくりと見ていた。
個人的にも買いたいという方もいらして、応援してくれていることを感じとてもうれしかった。

そのまま茶臼小屋に宿泊。
さすがに台風が接近した夜間はなかなかの風だったようだが、山小屋内は暖かく快適に熟睡した。

翌、月曜日朝食を食べても雲が晴れずすっきりとしない天気だった。
名残惜しいが下山。
少し下ると晴れ間が広がり、秋晴れのよい天気だった。
2時間ほどで畑薙大吊橋をわたり、さらに臨時駐車場まで1時間歩き、登山の行程は終了。
TJAR写真集のお届けプロジェクトは無事に完遂した。

その後は白樺荘で入浴 → アラジンさんへよって買い物 → さわやかにてハンバーグを食す → 大浜海岸にてモニュメントを見学と静岡の街を堪能し、おはりんを静岡駅まで送って帰宅。
台風の接近でどうなる事かと思ったが、充実した休日を過ごすことができた。
小屋泊まりなら雨でもとても快適だった。
台風の予報で人がすくなかったこともあり、静かな秋の山を楽しむことができた。

南アルプス南部はとてもよいところで、何度でもきたいエリアだ。
紅葉時期にでもまた行けたらなあー。。。


百軒洞山の家に写真集お届け


聖岳を越えて


聖平小屋に写真集をお届け



茶臼小屋にもお届け。


今回は仕方なくでかザックで山歩き
降りたら晴れるのもよくあること。。。


やっといけた大浜海岸のモニュメント
予想より大きい



TJAR写真集お届け

今日はTJAR写真集のお届け。
中岳避難小屋にお届け後、荒川小屋泊。
中岳避難小屋のご主人にもたいそう喜んでいただきました。

初めて泊まる荒川小屋は悪天候ということでがら空きで1人あたりシュラフに毛布が3枚も割り当てられる豪華仕様。
ストーブも焚かれていて、ほっとする暖かさだ。
超快適で秋のテント泊に戻れなくなりそう。。。笑

明日も悪天候の予報。
安全第一で楽しみたい。


中岳避難小屋のご主人にお届け


荒川小屋特製カレーに乾杯

PTL完走証

PTL2017の完走証が公式サイトにてダウンロードできるようになっていた。
さっそくしてみたが、あっさりとしてわりと味気ない感じ。
でもとりあえず記念にダウンロードしておいた。

その勢いでUTMBのFBをのぞいてみると。。。
トップ画面の最初の写真が自分のゴールシーン!
なんて奇跡!
こんなことはもう一生ないだろう。。。
とりあえずスクショをとって保存した。

この写真、どこかで買えるのかと思っていたがどこにも売ってないうえに公式サイトにアップされているわけでもない。
ゴールで撮られた写真はどこへいったのか。。。


PTL2017完走証
完走証。正直地味だ。。。

トップ画面
FBトップ画面。奇跡!即保存

ジョギング再開

PTLの連載は諸事情により休載します。
来週早々には再開予定です。
楽しみにしてくれている方(いたら)申し訳ないです、が、クオリティとリアリティを向上させるためと思ってください。

PTL後、北根室ランチウェイを挟んで昨日ようやくジョギングを再開した。
北根室ランチウェイでは本当に調子が悪く、自分のペース以外では走ることができなかった(ペース自体もかなり遅い)。
いつもであれば他人のペースにあわせることは(遅ければ)容易なのだが、遅いペースでもかなりぎくしゃくしてしまっていた。

そして昨日のジョギング再開。
心拍数がいつもの1割増しと不調を継続中。
足もかなり重く関節もぎくしゃくする。
体が疲れた時に食べられなかったからか、回復がかなり遅れているようだった。
調子を見て5kmで終了。

今日は昨日よりはスムーズに体が動いたものの関節のぎくしゃくはまだ感覚としてあり、大事をとって5kmで終了。
ようやく腸の調子もよくなり、食欲は回復してきて食べれるようにはなった。
しっかりと食べて念入りにマッサージとストレッチ、補強運動をして回復につなげたい。