テレマークブーツ フィッシャー(Fischer) BCX 675

山岳スキーレースで使用するため歩きと滑りをそこそこのレベルでこなすことができ、テレマーク3ピンビンディング対応のテレマークブーツを探していた。
すると同僚のテレマーカーM氏が最近購入したというフィッシャー(Fischer) BCX 675 を紹介して、試させてくれた。

このブーツは革と布の複合素材にカーボンカフで補強がされているおり、初めて見るタイプのブーツだった。
試しにゲレンデを滑ってみると、適度な剛性感があり、ハードなエッジングさえしなければ充分滑れることがわかった。
大変気に入ったので、レースや春スキーにこのブーツで行きたいと、M氏に頼み込んで譲ってもらった。

譲ってもらったのち、色々と試してみたが、とても良い感触だ。
長所は
・革のみのブーツと違い複合素材なので最初から非常に柔らかく、テレマーク姿勢をとりやすい。
・靴ひもと足首のベルクロで締めれるため、フィット感が非常に良い。
・カーボンカフのおかげでねじれ剛性が高い。
・ハイカットでカーボンカフがついているので、後ろ方向にもある程度剛性がある。
・革ブーツやプラブーツよりも軽い。
などさまざまだ。

これでウロコ板、ストレート板、カービングスキー、ファットスキーと試してみたが、amatchの技術レベルでもファットスキー以外では制御不能レベルの剛性不足を感じることはなかった。
3ピンとの相性も良さそうで、歩きも軽快だ。

ただし、当然のことながらプラブーツほどの剛性感、ダイレクト感はない。
悪雪やアイスバーン、コブ斜面なのでは苦戦を強いられそうだ。
プラブーツから3ピン+革に移行しようと思っているテレマーカーにはすんなり受け入れられるのではないだろうか。
丘めぐりや、長く歩いてからちょっと雪渓を滑りたいなんて時には非常におすすめ。

KIMG0884.jpg
75mmノルム規格のコバにサイドのカーボンカフ

KIMG0883.jpg
中は紐締めで、ベルクロで固定できる

KIMG0882.jpg
さらにカーボンカフにつながるベルトで固定できる

2015-03-29 9-53-33
山岳スキー競技北海道大会でも使用
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する