利尻登頂&山スキー 後編

前編はこちら

利尻山避難小屋はすきま風もなくとても快適だった。
寒さも予想通りといったところでぐっすり眠ることができた。

4:30
起床。外に出てみるとまだ雲海が続いていた。
これはご来光と朝焼けも期待できると急いでHさんを呼ぶ。
山頂を見ると、ちょうど半月とコラボしていた。

写真撮影などひとしきりゆっくりしたあと朝食。

6:15
昨日の登頂で満足してしまっていたので、頂上岩体直下までスキーを持ち上げ滑ってみることに。
予想通り固くクラストしていて、なかなか手強い斜面だった。

8:00
惜しみつつ、避難小屋を後にする。
長官山へ少し登り返して1,250ポコから北西斜面を滑ることに。
上から見た感じかなりの急斜面だが途中に岩もなく、多少固いだろうがそれなりに安全にくだれそうだった。

が、完全に見当違いだった。
慎重に滑っていたが途中で完全に氷化した箇所があり、ふんばったところで板が開放。
片足でふんばろうとしたところ、両足とも開放してしまい転倒。
固いクラスト斜面を少し滑落してしまうが、ウィペットのおかげで停止できた。
装備が流れてバラバラになってしまったため登り返したりくだったりで大幅に時間をロスしてしまった。
不幸中の幸いでケガもなく、装備の紛失もなかった。
聞くとHさんも板が開放してしまい、たいへんだったそうだ。

標高900mあたりから斜度もゆるくなり、固い斜面ながらもまあ安全に滑って下る。
標高600mあたりから雪も柔らかくなってきて快適に滑る。
天気は下り坂でガスったり雪が降ったりだった。

10:30
利尻北麓野営場着。
デポしていた荷物を回収し、もうすこし滑って下る。
スキーを諦めて担いだ頃から小雨が降ってきた。

11:25
フェリーターミナル着。

2日間通して天候には恵まれ、大満足の2日間だった。
この時期にこんなに恵まれることはめったにないのではないだろうか。

今回は二人ともファットスキーを持ち込んだが、クラストした斜面には全く合っていなかった。
春用のスキーを持ち込むべきと思った。
また、大斜面を滑るならもっと雪が緩んだGW後あたりの方が楽しめるのではないだろうか。

IMG_0004.jpg
利尻山頂と月

IMG_0015.jpg
御来光

IMG_0011.jpg
御来光を眺めるamatch

IMG_0021_20150412224728126.jpg
頂上直下斜面まで登り返し

S0013161.jpg
頂上直下を滑るHさん

KIMG1003.jpg
滑った大斜面(転んだけど)。海まで続いていそう

MAH00151000011139.jpg
標高500m付近。雪が緩んで快適にシュプールを描く

MAH00153000001151.jpg
最後は小雨の中を重装備で歩く
コメント

No title

絶景ですね!来シーズンは僕もバリエーションルートで利尻ピークトライすべく気合い入ってます!しかし冷や冷やする体験でしたね((+_+))

Re: No title

yamanobori5963さん

> 絶景ですね!来シーズンは僕もバリエーションルートで利尻ピークトライすべく気合い入ってます!

お先にやってしまいました!。
バリエーションというと。。。いっぱいありすぎてどれに行くのかわからない!

> しかし冷や冷やする体験でしたね((+_+))

実際はもっと。。。

3年前、長官山からは

ゴールデンウィークでも午前中は斜面はカリカリで、お昼過ぎに緩んで滑り易くなりました。

あそこで転倒したら数百メートル止まらないので怪我しなくて良かった。
ゴールデンにもう一回行く⁉︎

Re: 3年前、長官山からは

悟空さん

なかなかカチカチでした。

GWは別方面に遠征予定ですー。


> ゴールデンウィークでも午前中は斜面はカリカリで、お昼過ぎに緩んで滑り易くなりました。
>
> あそこで転倒したら数百メートル止まらないので怪我しなくて良かった。
> ゴールデンにもう一回行く⁉︎
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する