馬追丘陵トレイルラン 

先週に引き続き馬追丘陵を走ってきた。
今時期、札幌近郊でもっとも気持ちいいと思われるトレイルだ。

今回は利尻も同行してもらったHさんとマンツーマン。Hさんはとても速いランナーで、amatchはまだ脚ができていないので先行されてビュンビュンいかれるとキツイと思い、amatchがほぼ先行してゆっくりめで坦々と進むようにペースを作った。

今回は花を見たり話をする余裕がありつつも登りも歩かない、そこそこいい感じで走れたと思う。

トレイル約15km、起伏のあるロード約13kmの計約28kmを3時間ちょっとで走破。

思ったより走れたし、収穫の多い練習になったようだ。
Hさん、ありがとうございました!


文学台からの展望。死角なし!


長沼スキー場を勢いよく下る


アップダウンのある直線ロード


トレイル脇の花が美しい
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する