TJARトレーニングキャンプ

TJAR公式サイトにてTJAR2016に向けたTJARトレーニングキャンプの参加者募集が発表された。

TJAR2014は上位完走者はほとんどが過去大会完走者で、下位完走者のほとんどが初出場選手だった。
このことから(もちろん総合力に差があったとはおもうが)経験が非常に大事な大会であることは明白だ。

amatchはというと、トレキャンは不参加おろかTJAR報告書すら目を通したことがない状態でTJAR2014に出場した。
試走も大部分の区間でできておらず、過去大会出場者との面識もない。
事前の情報はDVDと書籍、それとネットのみ。
かなりの情報弱者っぷりだった。
TJARは旅の要素が強く、あまり知ってしまうとつまらないのではないかと考えていたということもある。
おかげで苦労したことも多々あるが(いまではいい思い出)。

しかしながら、完走への最短距離は経験者からの情報収集と経験の積み重ねだ(もちろん走力・体力も大事だが)。
トレーニングキャンプの参加条件の1つに「TJARの参加基準をおおむね満たしている事」とあるので、ULハイクやビバークの初心者のための講習会ではなく、それなりの経験者がさらにレベルを上げるためも講習会という位置づけなのだろう。

出場&完走を目指している選手は、参加を検討してみたらいかがだろうか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する