サロマ湖100kmウルトラマラソン レース前半

サロマ湖100kmウルトラマラソンのレース談 前半

ロードの100kmウルトラマラソンは3年ぶり、サロマに関しては4年ぶりのレースだ。
今までのPBは9時間40分ぐらい。
去年も北オホーツク100kmマラソンにエントリーしていたが、TJARの直前だったため出走しなかった。
今回は3年間で自分がどれだけ成長したかを確認できる、大事なレースだ。
そして初挑戦の仲間たちもいて、とても楽しみにしていた。

今回の目標は以下の4段階で定めていた。
1. できれば8時間
2. 妥当な目標として8時間20分(5分/km以下)
3. 順当にクリアできそうな9時間
4. 最低でも自己ベストの9時間40分

今月初めの利尻55kmの結果が4時間弱だったので、倍の8時間も視野に入れ練習を積むつもりだったが、降雨や低温もあり思うように練習はできなかった。←これはいつものこと
さらに同僚の7月転勤に伴う送別会がサロマ前の平日に4/5で入っており、食べ飲みすぎによる内臓疲労が蓄積していた。←自制しないのが悪い
土曜日に食事をかなり減らし、多少回復したものの不安の残る状態で当日を迎えた。

前日はスタート地点にてテント泊し、当日は5時スタートに備え3時起床。
仲間4人と共に行動を開始する。
朝食・皮膚保護クリーム(プロテクトS1)・キネシオテープ(Gontex)などの準備をこなしテントの撤収にかかる。
しかし、テント泊に不慣れな人もいて撤収にかなり手間取る。
そうこうしているうちにトイレに凄まじい行列ができていた。
スタート地点にもすでに行列ができていた。
悩んだ挙句、スタート地点に並ぶ。
結局朝から一度も(行きたいのに)トイレにいけず、後方に並ぶ羽目になってしまった。

8時間を達成するための作戦は以下の通りだ。
・10km/47分(休憩こみ)
・40分に1本ジェル注入(shotz)
・給水では必ず水を飲み、できれば梅干しなども食べる
・30kmに1回塩熱サプリをとる

5時にスタート。
気温は低く曇り予報でタイムを出すには絶好のコンディションだ。
スタートゲートは1分20秒で通過。
スタートしてすぐにとにかくペースを作ろうと目標ペースの休憩こみ10km/47分(4分42秒/km)に持っていく。
幸い走り始めると、トイレは気にならなくなっていた。

前半は至極順調にすすんだ。
仲間たちも順調そうで、20km折り返しでエール交換をする。
ペース的にはHさんやKさんと同じぐらいで、トイレなどで抜きつ抜かれつの展開だった。
一緒に走るとHさんの方がやや速く、無理せずついて行かないように下げることが多かった。

45kmぐらいまでは楽走でこのままどこまでもいけそうな気がしていた。
54.5kmレストステーションまでもタイム的には順調に進んでいた。
アップダウンも全く問題ない。
しかし、前日までの不摂生の影響か内臓が疲労してきて、水の吸収が悪い。
ゆったりめペースのレースなのに脚より胴体や呼吸が先に疲労してきているのを感じだした。

後半に続く

11324183_798463543603399_903180954_n.jpg
スタート前。(TKO大将撮影)


30km付近?(K氏撮影)

11694187_798463540270066_177077072_n.jpg
45kmぐらい?上り坂でも余裕(TKO大将撮影)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する