UTMFの装備紹介

UTMFで使った主な装備の紹介をしようと思う。
PTLとほとんど変わらないけど。。。
記述もかぶってますが参考になれば。
PTLの装備はこちら

バックパック:オレンジマッド(Orenge mud)ベストパック2
肩甲骨で背負うほぼボトルホルダー。
胸と肩にもポケットが付いている。
背面ボトルの間に防水バックをつければ見た目より容量は多い。
UTMFの必携品はこれとジェルポケット付きのパンツがあれば十分だった。
ボトルは慣れれば使いやすく、残量管理も楽だ。
腕を体の前でコンパクトに振る選手は胸にボトルを差すタイプよりお勧めだと思う。
揺れにくいし。

12064126_417973945064526_1281492713_n.jpg
背面から。左のボトルには必携品を入れてある。

11988437_696841523783254_7714947593091431615_n.jpg
横から。かなり上で背負っているのが分かる

シューズ:ディナフィット フィライン(Dynafit Filine)
直前までディナフィットパンテーラと悩んだが、雨で滑りやすくなりそうだったのでPTLでサコさんが履いていてよりグリップのあるフィラインを選択。
これは大正解で、他ブランドの皆が苦戦していた天子山地を楽に下れたと思う。
ビブラムソールで耐久性はよく、アッパーも作りがしっかりとしている。
小さめで細身の作りなので足幅が普通の日本人であれば1サイズ大きいものがよいかも。

DSCF5145.jpg
洗濯後のフィライン

DSCF5146.jpg
ソールまだまだ残ってる。いかにもグリップありそうなパターンだ。

ヘッドライト:メイン SILVA クロストレイル2
明るい、乾電池、防水、PTLで実績ありということで採用。
文句なし。

雨具:モンベル バーサライト上下
言わずと知れたモンベルの超軽量雨具。
防水性には難ありだが、蒸れにくさと軽さはピカイチ。
暴風雨でもないトレランレースやレギュレーション対策ではこれが一番かな。

ジャケット:ディナフィット トレイルジャケット
撥水加工の軽量ソフトシェルジャケット。
両脇と背中の広範囲にメッシュが入っていて、汗抜けがとてもよく快適。
夜間や稜線の肌寒い時に使用。
すこぶる快適。

ソックス:RxLソックス TBW-900
PTL同様ソックスは蒸れ防止と履き心地からメリノウールで、着脱が容易なラウンド型のRxLソックス TBW-900をチョイス。
汗をかくような場面でも足裏で濡れても快適だった。
ドロップバックで履き替えた。
おかげで靴擦れは全くなし。

皮膚保護クリーム:アースブルー プロテクトJ1(未販売、今秋発売開始?)
PTL同様に皮膚保護クリームプロテクトS1の強化版で10時間ほど効果が持続するプロテクトJ1使用。
足裏や股、脇などに使用。
靴擦れ、股擦れ、脇擦れなど全くなし。
においやべたつきもなく快適そのもの。

補助食品:ショッツ エナジージェル
数々のジェルをためし、一番飲みやすく効果が実感できたショッツ エナジージェルを使用。
10本程度ならランパンのポケットに入るので、エイドやドロップで補充。

電解質:ショッツ エレクトロライトパウダー
この夏新発売の水に溶かす粉末タイプの電解質補助食。
以前から愛用していたエレクトロライトタブレットの後継版。
とても薄味で飲みやすくおいしい。
電解質不足からくる足の攣りなどはまったくなかった。

テーピングテープ:Gontex 膝貼足2、足裏貼足4
膝痛予防とパフォーマンスアップのためにGontexの膝貼足2と足裏貼足4を使用。
Gontexのブースで貼ってもらった。
やはりプロが貼ると全然違う!
貼った瞬間から脚が軽くなったようだった。

大きく違うのはバックパックとシューズ。
どちらも今回は正解だったと言えるだろう。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する