Gokibiru Trail 30K レース結果 後半

濃昼山道の往路はamatch Kさん Tちゃんの順で進んだ。
濃昼山道の入り口からはかなり急勾配で70mほど登る。
ここでMATAGIチームをパスし3位に浮上、目の前にSRCチームがいる。
ここからは走れるアップダウンのある山道を7kmほど進 んだところで最高点(標 高約360m)の濃昼 峠だ。
落ち葉でふかふかのシングルトラックで、途中で倒木をまたいでくぐって、渡渉してと飽 きさせない楽しいルートだ。
ここのシングルトラックでは徐々に走力で勝るSRCが先に離れていくが、トレイル経験が少ないとの噂を聞いており、下りや後半で挽回する作戦だったので慌てない。

峠の手前のつづら折れで上を見ると2分ほど先でTRCとSRCが一緒に進んでいるのが見える。
TRCは飛ばしすぎがたたって早くも崩れたか?
峠の直前で山の遊び仲間のOさんがスタッフとして待っていた。
差は1分半とのこと。思ったより少ない。
これなら下りで挽回可能だ。
峠からは下りは約3km、抑えつつも快調に飛ばす。
足場の悪いところは先頭のamatchが声をかけながら走る。
チーム戦の醍醐味だ。楽しい。

あっという間に濃昼の集落へ。
集落へ着くとSRCがエイドに到着しているところだった。
TRCは抜かれているようだ。
差は400mぐらいか、意外と縮んでいない。
濃昼の集落を一周してエイドで給水し、すぐに復路の山道へ。

復路の山道はKさん Tちゃん amatchの順で進む。
復路の峠まで3kmは勾配がきついぎりぎり走れる登り坂が続く、がんばりどころだ。
そして後続の選手達とのすれ違いポイントでもあり、にぎやかで楽しい。
Kさんが快調に引っ張ってくれる。

山道に入ってすぐ、MATAGIとTKOとすれ違う。
少し差がありそうだ。
そしてTRCを捕らえた。
TRCはもう走れないようでかなり疲れた感じで歩いていた。
遠慮なく抜いて2位に浮上、テンションがあがる。
しかし、Kさんは快調すぎて後続の2人と少し差ができることが多くそのたびに「落ち着いて(心の中ではまってー)」 声をかけてペースを調整する。

そしてこのあたりから、amatchの脚が引き攣り始めた。
ええっ、こんな距離で?っと思ったがよくよく考えるとレース前の給水や補給を怠っており、レース中の補給も不足気味だ。
30kmのスピードレースはしばらく出ておらず、なめていた。。。
登りがきついが、かといって置いて行かれるほどでもなく、下りや平地は大丈夫だ。
まずいなあと思いながら登り続ける。

峠の手前で幌延から参戦しているチームともすれ違う。
そして峠に到着。
Oさんに聞くとSRCと の差は4分に拡大していた。
後半必ず落ちると思っていたのに驚きだ。

ここでスイッチが入ったかKさんは下りをがんがん飛ばす。
それにKちゃんとamatchも 着いていく。うん、下りは脚は大丈夫。
アップダウンでもKさんがいい勢いで引っ張ってくれる。
それにちゃんと着いていくKちゃん。
先週の練習より確実に速いペースなのに、きちんと着いていくKちゃんはやはり強い!
しかも後半になるにつれてフォームに力強さが増している。
これほど力強い女子選手は西田選手以外間近で見たことがないぐらいだ。
おそらく負けん気も強く、本番に強いのであろう。
男子シングルの選手を何名か抜く、しかしチーム戦トップのSRCは見えない。
お互い声をかけながらの快調な走りで山道を下りきる。

下りきるとあとは登り基調のロード4kmだ。
ここでトップのSRCとの差はまだ4分だったようだ。
SRCも速い!
4kmで4分は絶望的な差だ。
残念ながら優勝は難しくなった。

残りはTちゃんの足首の調子も気になることだし、楽しく怪我しないようにゴールしようとの話になった。
となると気が抜けてしまったのか、amatchの脚が攣りそうになってしまった。
体や心肺はまだまだ元気なのに情けない。。。
申し訳ないけど攣らない程度のスピードダウンをお願いした。
(2人はまだまだいけるようで時折声をかけないとどんどん先に行ってしまった。汗)
それでも何回か攣ってしまったが、和気あいあいと進み、3人で手を繋いで2位フィニッシュ。

コースや天候、メンバーに恵まれて今シーズンの最終戦はとても楽しく終わることができた。
T ちゃんもトレイルランの楽しさ再発見と言っていたし、チーム戦も楽しかったようだ。
3時間16分とタイムは悪くなく、去年までなら確実に優勝できるタイムだったが今年は相手が強かった。
前半抑えすぎたかとも思ったが、走力の差もありそうだった。
また練習を積んで出直しだ。
もし来年もこのメンバーで出れるなら、もっと頼れるチームメイトになっていたい。

ゴール後は北海道のトレイルランナー達を交流を深めることもできた。
幌延から参戦した仲間たちも無事完走を果たしていた。
11/3の「あさひかわトレイルランナーズフェスタ」や11/14の「札幌ロングトレイル報告会」に来てくれると言う人も多数いてありがたい。
全く準備ができていないので、がんばって準備しないと。。。


往路の下りかな?


最後のロード区間


ゴール直前


フィニッシュ!


フィニッシュゲートで記念撮影


表彰式
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する