雪道用ランニングシューズ ミズノ ウェーブスペーサースノー 投入

amatchが暮らす街の道路にも積雪があった。
今週はほぼ毎日降雪の予報となっていて、もしかしたら根雪になるかもしれない。

そこでようやく雪道用ランニングシューズを投入した。
モデルはミズノのウェーブスペーサースノーだ。
本当は足先がもう冷たいので早く投入したかったが、雪が積もっていないので我慢していた。

自分が思う雪上ランニングシューズを選ぶポイントは
・雪道専用設計のシューズ
・カバー付き
ということだ。

雪道専用のシューズはソールがスタッドレスタイヤのような作りになっていて滑りにくい。
そしてアッパーも暖かく作られており、寒冷地でも快適だ。
最近はゴアテックスなどを使ったトレイルランシューズも出ており、それで走っている人ももちろんいる。
しかし、日本の大手メーカーが雪道専用で作ったシューズよりもアドバンテージがあるとはとても思えない(全部試したわけではありませんが)。
スノートレイルランシューズも出ているが、こちらは「トレイル」シューズだけあってソールパターンがスパイクのようになっている。
圧雪や踏み固めただけの「トレイル」ではよさそうだがアスファルトや氷では雪道用のシューズのほうが有利だろう。

そして、2つ目のカバー付き。
これはカバーがないと少し深い雪では上から雪が入ってきてしまう。
そうなると当然ゴアテックスも撥水も関係なく冷たい。
また、走っているうちにシューレースが凍り付いてしまうので、結び直す時にも恩恵がある。
クロスカントリースキー用のブーツも大半がカバー付きなのでこの方が雪上では有利ということだろう。

ということで紆余曲折のうちにこれに合致するシューズの「ミズノ ウェーブスペーサースノー」に辿りついた。
これは滑りにくい、暖かい、雪が入ってこない、手入れ簡単と4拍子そろっていてとても使いやすい。
アスファルト・圧雪・踏み固められたトレイルではグリップもよく快適だ。
さすがに氷ではピン付には負けるがそれでも気をつければ問題ない。
冬の藻岩山ぐらい踏み固まっていればほぼ最高のグリップ力なのではないだろうか(実際トレイルランシューズよりグリップが良かったと思う)

ほんとにお勧め。
結構早く売り切れることもあるので悩んでる人は検討してみてはいかがでしょう。


※個人の見解です。シューズは合う合わないや個人の趣向・スタイルもあるので参考までに


旧モデルを愛用中


ソールはスタッドレス仕様。すべりにくい
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する