知駒岳&天塩摺鉢山 山スキーその1

今日は昨日に引き続き幌延の3山をめぐる山スキーとして知駒岳と摺鉢山に山スキーに行ってきた。

知駒岳(529.1m)も摺鉢山(480m)も知駒峠(419m)から歩いてすぐだ。
そのかわり滑った後に登り返して終わるという、一風変わったスタイルの山スキーだ。

まずは知駒峠から知駒岳へ。
知駒岳は電波塔が林立しており人工的な山となっている。
電波塔があるということは当然眺めも良く、知駒峠は滑降のドライブルートにもなっている。

峠の駐車場から道路を挟んでいきなり斜面に取りつく。
まっすぐ登ると管理用道路に当たるのでそこから山の方へ登ればすぐ頂上だ。
昨夜から今日にかけて20cm以上の積雪があり、昨日のすねラッセルが今日は膝ラッセルになっていた。

一汗かいてから北西の疎林斜面を滑る。
大体標高差150mぐらい滑れる。
登り返して何回か滑るのが楽しみ方だろう。
今日は軽い雪が多すぎてこの傾斜では全然スピードが出なかったので一本にしておいた。汗
登って滑って登り返して下りてで賞味2時間もあれば楽しめるだろう。

朝からもさもさ雪が降っていたが、滑る時は奇跡的に晴れた。
晴天のスキーは気持がいい。

DSCF5385.jpg
頂上で晴れ間が

DSCF5386.jpg
景色はなかなか良い

DSCF5387.jpg
滑る斜面。どフラット

DSCF5389.jpg
シュプールを見上げる。雪が多すぎてスピードが出ない。汗

知駒
なんとなくのルート

天塩摺鉢山へ続く
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する