テレマークスキーにて本格的にナイター復帰 

肩の負傷により自粛気味だったスキーに、ようやく本格的に復帰した。
とはいっても転ぶわけにはいかないので、まずは慎重にだ。
慎重に滑りすぎると滑りが小さくなってしまうので、慣れてきたら徐々に滑りを大きくしていく。

それにしてもテレマークスキーは楽しい。
ゲレンデを滑るにしても色々な滑り方ができ、ひとつひとつがとても有意義な練習になる。
山スキーの道具が発達した現代では、テレマークスキーは滑り、登りともに優位さを失っており(滑りではもともとないか。。。)スペックの上ではアルペンスキーにはとてもかなわない。
唯一優位だとしたらちょっとしたアップダウンをそのまま歩けるぐらいだろうか。
しかしながら滑りの優雅さや楽しさでは別だ。
アルペンスキーにはない優雅さや楽しさが自分には捨てがたい魅力になっている。
また、あえて不安定な道具を楽しむという考え方も、もちろんあってもいい。
そして、技術があればアルペンスキーでできることはプラブーツのテレマークスキーならばたいていはできる。。。はず。
今夜はテレマークスキーの魅力を再確認できてとてもよかった。

ちょっと前までは17時前には真っ暗だったが、今はナイター開始直後はまた薄明るくなった。
まだまだ寒いが少しずつ春が近づいている。
もうすぐ終わる冬をしっかりと楽しみたい。


今夜も最高の雪質とピステの豊富温泉スキー場

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する