利尻島三日目

利尻島三日目。

今日の天気予報は氷点下の低温、強風、雪となっていて、山はカチカチに凍りついている事が予想された。
下手したらフェリーの欠航もあり得る。
ここまでの2日間ですっかり満足していた自分とI氏は朝のフェリーで利尻を発つ事にした。
その前に利尻の斜面を偵察(観光)ということで島を1周ドライブする。

シーズンオフの早朝ということで観光地も閑散としている。
南斜面は雪解けがだいぶ進み、尾根はもう地面が出ていそうだった。
そして、山の裾野が広くアプローチが長い。

ふたりとも利尻1周マラソン(悠遊覧人G)に出場しているので、その思いでを話ながらドライブするとあっという間にフェリーターミナルへ。
フェリーは予定通り出航するとのことで一安心。
さよなら利尻、また来るよ。

と思ったら港の外は時化でフェリーが揺れに揺れる。
こんなに揺れるフェリーははじめてで、油断すると船酔いしそうで目を瞑って横になることしかできなかった。。。

地獄のような一時間半を耐えて、稚内に入港した。
その後も酔いがとまらず、その後夜中まで頭がふらふらだ。

そんなこんなで利尻の旅もおしまい。
離島にはロマンがある。
それを堪能したけど、利尻はまだまだ深く楽しめそうだった。
満喫するには住むしかない。笑

一緒に行ったI氏、F氏と利尻での車や宿を提供してくれたKさんには深く感謝です。


凍りついたオタトマリ沼の上で


3日間お世話になった車。ダイハツネイキッド


フェリーターミナルにて、青空も覗くが強風


さよなら、利尻。また来るよ



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する