富士山大滑降 詳細版

5月6日にみさごさんと富士山の吉田大沢を滑ってきた。
その詳細版。

富士山滑降はこれで3回目となる。
1度目は3年前のGWで、カチカチの斜面に歯が立たず7合目付近で撤退。
2度目も3年前の5月下旬。このときは晴天に恵まれ、剣ヶ峰を踏みテレマークスキーでお釜滑降まで果たせた。

今年も雪の状態を考えると5月下旬と考えていたが、みさごさんの都合や雪の少なさからGWにチャレンジすることにした。
日程的には5/6 or 7だったが、天気予報から6日に決定。
6日の天気は11時ごろから崩れてくる予報だったので、早期決着が必須だった。
しかしながらこの時期の富士山は気温が氷点下を行き来し、斜面がカチカチに氷化しやすく早すぎても危険だ。
ということで、日の出とともに行動開始の午前5時出発とし、下山は遅くとも10時開始という設定にした。

5:10 スバルラインの5合目駐車場(標高約2300m)発、ほぼ予定通りだった。
あいにく快晴とはいかないが高曇りで視界は良好。
登山道を歩くが3年前の5月下旬より雪が少なく、歩きパートが多そうだった。

5:30ごろ 吉田登山道に合流する。雪が少なく夏道を辿ることにする。

6:30ごろ 7合目、標高2800mあたり到達。雪がつながってくるが固く、アイゼンを装着する。
登るにつれて傾斜が徐々に増してくる。
もっと息切れするかとも思ったが前日まで八ヶ岳の2000m付近で行動していたおかげか高山病の兆候はなかった。それでもゆっくり、 着実に登る。3300m付近から風も出てきていた。

9:30ごろ 吉田口登山道の頂上に到着。富士山頂は人も見当たらず自分たちだけの物だった。
山頂からお釜への崖には氷瀑がものすごい迫力で落ちている。最高地点の剣ヶ峰も見えていたが天気予報から考えたタイムリミットと、今年の残雪ではお釜滑降ができなさそうなことから下山を選択。
一通り記念撮影をして下山の準備開始。
下を見ると数名の登山者やスキーヤーが登ってきている。

ここからが本番だ。
山頂付近の雪は、ピッケルも容易に刺さらないほど固く、スキーへ装備変更する時は緊張感がある。
それでもスキーを装着し、斜面に立ってしまえばいける感じがした。
滑る斜面は障害物もなく、斜面の先には広い富士山の裾野が広がっている。

そして自分が先にドロップ。
やはり固いが太陽のおかげで斜面が緩んできている。
最初は慎重に、そして3500m付近でエッジが利いた。
ここまで下れば安全圏だ。
富士山の広大な斜面を思い思いのラインで滑り降りる。
適度な斜度と緩んだ雪質が滑りやすく、爽快だ。
このために山スキーをやってきたといっても過言ではない達成感だ。

そしてあっという間に至福の時間は終わり、2500m付近の雪渓の末端部へ。
あとはザレ場と夏道を歩いて5合目駐車場に到着する。
感無量だ。

車に戻り片付けをしていると急に風と冷気が吹き込み、雨が降ってきた。
剣ヶ峰まで行っていたらこの風雨に当たり、ろくに滑られなかっただろう。
いい判断だった。

今回いろいろな条件に恵まれ、無事に富士山を滑ることができた。
富士山は斜面として難しいわけでもなく、傾斜がきついわけでもない。
パウダーが狙えるわけでもない。
それでも山スキーヤーを惹きつける特別な山だと改めて感じた。
いまでも心地よい余韻が残っている。

また来るよ!

ski ARMARDA DECLIVITY
binding Dynafit TLT Radical st
boots Dynafit TLT6 CL

みさごさんの記事はこちら。


夜明け前から5号目で準備


夜明けと共にスタート


7号目まで雪が続かない


7号目を過ぎてアイゼン&ヘルメット装着 安心感が違う


天気はまあまあ、視界良好


9号目付近、もうちょっと


少しだけ急なところも


登頂!


記念撮影


剣ヶ峰と迫力の氷瀑


みさごさんも気合い十分


お待ちかねの滑降


適度に緩んでスプレーもあがる


頂上直下のみさごさん


麓は遥か遠く


広大な吉田大沢の斜面をすべるみさごさん


吸い込まれそうだ


滑りきったら歩いて下山


無事下山完了


感無量
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する