富士の積雪期登山、いよいよ規制か。。。?

積雪期の富士登山にいよいよ規制がかかってしまいそうだ。

詳細はこちら

遭難事故が多発してしまっている以上、いずれこういう議論が出てくることもあり得るとは思っていたが。。。

なお、リンク先の新聞記事では「スキー、スノーボード滑走などの原則禁止方針が盛り込まれた。」とあるが、実際のガイドラインの文面は「夏山期間以外の時期は、充分な技術・経験・知識としっかりとした装備・計画を持った者の登山は妨げるものではないが、以下の理由により、このような万全な準備をしない登山者の登山(スキー・スノーボードによる滑走を含む)は禁止する。」である。
つまり、「原則禁止=例外的に認める」ではなく万全な準備をしない登山者の登山を認めないということだ。
山屋にとっては積雪期の富士登山で「万全な準備をしない登山者」が例外中の例外であり、大多数の登山者が「万全な準備」をしていることと思う。
しかし、自分も含め多くの登山者が事故を起こしたくて起こしているわけではないはずだが、アルプスを含め積雪期に遭難が多発している事実は重く、世間の眼も厳しくなっているのも頷かざるを得ない。

冬山に対しては技術・体力・装備・気象条件などを十分に考慮し、夏山以上に謙虚な気持ちで登ろうと思うし、(こんな若造に言われたくはないだろうが)登山者の皆さまもそうあってほしい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する