鈴鹿を走った 2日目

2日目は6:30に起床。
朝から天気も良くすがすがしい。
イベントサポーターの方々が朝からがっつりご飯を用意してくれ、食べまくる。
というか、食べすぎた。
その後あーだこーだしているうちに出発予定の8:30を過ぎてしまう。
そこからささっと準備していざ出発。

今日のルートは朝明-釈迦ヶ岳-竜ヶ岳-宇賀渓-東海自然歩道経由朝明だ。
まずは釈迦ヶ岳へ登る。
やっぱり激坂だ。
そして、実力差がはっきり出る。
まばらな登山者とあいさつを交わしながら、あっという間に頂上へ。
頂上から見える竜ヶ岳は遥か遠くだ。
そして予想通りアップダウンもきつそうだ。

記念撮影をして竜ヶ岳に向かう。
ここから先のアップダウンも急で走れたり走れなかったりであまり進まない。
長大で時間がかかる尾根道らしく登山者は激減していた。
稜線を通り一旦石榑峠に降りて給水する。
これからまたまた激坂だ。
石榑峠から竜ヶ岳は最短コースだけあり人も多い。
ひとしきり登ると頂上付近は平坦だった。
そして登頂、めちゃくちゃ人が多い。
阪田さんいわく一年で一番多い日だとのこと。
暑くも寒くもなくちょうど良い気候で登山客の皆さんは思い思いの場所で寝転んだりして初夏の山を楽しんでいた。

遠足尾根を使って宇賀渓へ下山する。
途中でサポート隊が迎えに来てくれていて、合流する。
そこからはゆっくり和気藹藹とさとみんの待つ宇賀渓へ。
宇賀渓では軒下を確保してくれていて大量のおにぎりや漬物、アイスなどを用意してくれていた。
座って食べる。
そして談笑。

長いこと休憩してしまい雰囲気的にこれで終わってしまいそうな感じだったが、気合を入れなおして朝明渓谷へ向かうことに。
ここからは東海自然歩道だ。
緩やかな走れるアップダウンで、距離もすすむ。
2時間かからず朝明渓谷へ到着しゴール。
川で身を清めて解散となった。

ほんとにいい休日になった。
企画してくれたさとみんと阪田さん、サポート隊の皆様、参加者のみんな、それぞれが大いに楽しんだのではないだろうか。
サポート隊の皆様には感謝しかない。
次回もどこかで開催したいなあと話しつつ、お別れ。
次は6月末に集合できればうれしいなあ。


スタート前


朝日の激坂を登る 


岩場を軽々と走る面々


たまには走れた


竜ヶ岳山頂


竜ヶ岳の下りでみんなと合流


ゴージャスエイド


ゴール後はみんなでアイシング


ありがとうございました!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する