平地を走る

現在の住居は丘の上にあり、前回住んでいた幌延とまるで変わり、平地があまりない。
あるにはあるが、平地まで4キロで標高差200mほど結構な坂を下らねばならず、もちろん登り返しもあり、平地でそこそこの距離を走ろうとするとなかなか大変だ。
ということで、しばらく平地を走っていなかった。

やっとまとまって平地を走る機会が作れたので走ってみたが、感覚がまるで違う。
ジョグ程度で走るつもりがついつい負荷をかけて思ったよりも全然速く走ってしまった。つまり制御不能。
そしてなかなかの勢いで疲労がたまってしまった。
それでも平地は変に負荷がかからず気持ち良い。

やっぱりランの基本は平地だ。
めんどくさがらず、ちゃんと時間をとって平地も走ろうと思う。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する