上信越百名山ハント 苗場山&巻機山

6/18 土曜日のこと

その1 苗場山

おはりんと5時に長野で集合し、一路苗場山へ。
この日は2座予定だったので苗場山へは秋山郷からの最短ルートを選択した。
また、今週末からは夏の縦走に向けてトレッキングポールを解禁して、ポールの技術も磨くことにした。
登山口で苗場山頂ヒュッテの管理人さんとお話しする機会を得た。
なんでもこの日は雨続きの晴れの日で、池塘の水量が多く湿原が美しく見えるだろうということだった。

8時過ぎに出発。標高差約800m、登りCT3時間程度なので1時間ちょっとで着くだろうと足元の悪い急坂をぐいぐい登る。
あっという間に頂上付近の高層湿原に飛び出た。天気も景色も良く、天国のようだ。おはりんのテンションが高い。それもみて、いつか北海道の山岳湿原も案内したいなーと思った。
湿原にでるとすぐに山頂ヒュッテにつく。山頂ヒュッテはきれいで、目の前に湿原展望台もありここで朝陽や夕陽を眺めながらヒュッテに泊まるのもとても魅力的だ。いつか再訪したい(その前に百名山をやってしまいたい)。山頂は全く展望がなく殺風景だったが。。。笑
しばし休憩し景色を楽しみ、名残惜しいが下山開始。
下山中に管理人さんと会い、またおいでーと声をかけられる。
今度は泊まりで宴会をしに来ますーと元気に返答した。
足元が滑りやすく、登りと大して変わらない時間をかけ11時前に下山。

次の巻機が控えているので、足早に出発する。


天気がよく、日当たりの良い湿原は気持ちがいい


かわいいワタスゲ


山頂はちょっと殺風景


広大な湿原。とてもさわやかで気持ちがいい


絵になる男、おはりん


その2 巻機山
苗場山から下山して、途中のコンビニで補給しつつ巻機山の登山口へ移動。
天気が良く、暑い。。。
手早く準備して13時前に出発する。
今回も最短ルートをとることにした。
標高差1250m、登りのコースタイムは4時間半ぐらい。
巻機山ははっきりとした登り一辺倒の山でアップダウンがほとんどない。
ということでガシガシ登る。
1時間ほどで森林限界を越えると展望がとても良い山だった。
谷川岳と清水峠、燧ヶ岳、平ヶ岳、越後三山、至仏山、そしてさっきまでいた苗場山までが見渡せる。
稜線は宗谷丘陵や道北の山に似て笹原となっており、国境稜線付近の冬の厳しさをうかがわせる。
しかし、夏の晴天時は別天地だ。
見晴らしの良い稜線歩きはとても楽しい。
小屋やテンバの立地も最高で宿泊もとても楽しそうだ。
そして、頂上から谷川馬蹄へと伸びる縦走路にぐっと魅かれるものがあった。
いつの日か、縦走路を歩きたいと思う。

15時を過ぎ、陽も傾いてくると肌寒い。
気温もそうだが、完全にカロリーが足りていない。
後ろ髪をひかれつつ下山開始する。
下山はあっという間で17時前に登山口に到着。

これで初日の目標は達成だ。
2座ともさすが百名山という風格だった。
そして、翌日の越後三山の相談をしながら飲むビールは最高だった。


六号目からみる巻機山


キレイな小川の水場、礼文島に似てるなあ(礼文は海抜0mだけど)


巻機山の看板?巻‘桟’山になっちゃってる。笑(ニセピークに巻機山看板があった)


ニセピークから谷川岳に想いを馳せるおはりん


下りは走る


急ながらなかなか快適
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する