TJAR2016選考会 スタッフ参加録 その3

続き

翌朝スタッフは1:30集合だ。
でもテントの撤収はしなくても良いのでぎりぎりまで寝ていられる。
1:15ぐらいまでぐずぐずして集合場所へ向かう。
選手のみなさんほとんど準備できている。。。ようだったが奥の方にまだシェルターがたっていた。
1:45の選手集合に間に合うのか?(結局間に合わない選手数名)

2日目は歌宿の関門係りだ。
軽くミーティングしてから選手のブリーフィング、見送り、撤収をして3時ころに両股小屋を出発する。
まずは林道を10kmほど歩いて北沢峠に向かう。
ここでもいろんな話をした。
レース中はゆっくり話す機会がない選手ともこうやって話せるのはとても良い。

北沢峠で一服してから、軽いジョグで歌宿関門へ。
関門付近へつくと後ろから選手に追いつかれた。
なんでも数名は先に行っているらしい。予定よりだいぶ早い。
やらかした。関門にスタッフが間に合わなかった。
そこからは選手のペースに合わせて関門へ移動し、みんなを待つ。
2年前はカンカン照りで猛暑だったが今年は曇り空で寒い。
あまりの寒さに外で選手を待つのがつらくなってきて、バス待合室に逃げ込む。
ここでも望月選手、石田選手とたくさん話をした。
ふたりともTJARが大好きなのがよくわかる。

3時間ほどですべての選手を見送り、スイーパーと合流。
その後バスを利用して仙流荘へ帰着。
これで2日間のスタッフとしての仕事が終わった。
知人の選手たちに声をかけ、出来栄えを聞く。
皆さん晴れ晴れとした顔をしていて、やりきった感が出ていたと思う。
新たな仲間も見つかったかな?

TJAR選考会のスタッフをしてどんどんTJARが好きになってしまった。
自分がTJARを卒業する日が来たとしても、何らかのかたちで関わっていきたいと思う。
そのためにも、今回も必ず完走したい。
前回も「必ず完走する」という気持ちはあったけれど、100%の自信はなく公言はできなかった。
今回は言える、必ず完走する。
それが選考会を免除してもらって出場する責任だと思う。
しっかりと準備したい。




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する