1泊2日中央アルプス高度順応

3連休の前半2日間でみさごさんと中央アルプスを縦走した記録。

今回の目的は高度順応と道具のチェックだったので焦らずまったり行程にする。
車でラウンドするには夏休みに通る福島Bコースではロードが長くめんどくさそうなのと、すぐ通るので面白みがないので上松(あげまつ)Aコースを選択。下山は当初予定は越百山まで縦走して林道を走って中八丁峠を越えて国道19号を北上の予定だった。

まずは上松Aコースの登山口に車を泊めて木曽駒ケ岳をめざす。
林間の気持ちの良いコースで登っていると雲を突き抜け青空が見えてきた。
調子はよくない。前回の南アルプスあたりから、高度があがると息切れを起こしやすい感じがする。
そのための登山でもあるので焦らず順調に登り木曽駒到着。
雲の上から、南アルプス・富士山・乗鞍・八ヶ岳などが見える。
昼前だというのにテンバは結構混んでいる。
ここでしばらく休憩。
日射しが強く、じりじりと焼ける感覚があった。


登山口にて


気持ちの良い樹林帯


森林限界を越えて木曽駒ヶ岳目前


木曽駒ヶ岳山頂

ゆっくりと昼食を取り空木岳方面の縦走路へ。
途中からガスが出てきて見晴らしが良かったり悪かったり。
調子もやっぱり上がらない。
そんなこんなで初日の目的地、檜尾へ。
到着時刻は15時前。
こんなにゆっくりとした登山も久しぶりだ。。。


天空の散歩

持ち上げたビールを飲みながら温かい食事を食べるなんて本当に久しぶりだ。
もうちょっと遊び心のある登山もしなきゃだな。
飲むと標高が高いせいか心拍数が激増。汗


檜尾避難小屋で満面の笑みのみさごさん


空木岳もばっちり


花もキレイ

2日目は予想通り雲中行軍となった。
風も少々吹いていた。
歩みの方は多少順応したか、調子は向上していた。
ただ、雲中行軍は面白くないので空木以南はまたのお楽しみとして、当初の予定を変更し木曽殿から下山する。
悪天候の練習なんてもういいだけやった。今はもう必要ない。


2日目は視界不良


雲中の空木岳

木曽殿山荘で夏のイベントについてごあいさつし、コーヒーを一服する。
ご主人は理解のある方で、今回も応援してくれるとのことだった。
再訪を近い下山。


TJAR2014でのO選手のモノマネ

うさぎ平までは順調そのものだったがその後の中八丁峠ルートは「山と高原地図」では実戦ながら整備が悪く、破線ルート並みの歩きにくさだった。←ほとんど人も入っていないようで破線ルートにしてほしい。
特に「イザルボテ」のあたりはトゲトゲしい直物にルートを阻まれ、馬の背以降の破線ルートはもはや下り口がわからず廃道状態だ。
ロードをジョグで下る。
ここを通ろうと考えている奇特な方はご注意あれ。

倉本駅に着き、駅舎を見学しているとなんという偶然か予想もせず普通電車が滑りこんできた。
迷わず乗車してしまい、上松駅まで車窓から木曽川沿いの街を見学した。これで3kmほど短縮
上松駅からはロードを登山口まで走って車回収。


滑り込みセーフ!

暑かったり寒かったり晴れたり曇ったりを色々バリエーションがあって楽しく実りのある登山だった。
道具たちについてはもうちょっと使ってからレビューしたい。


初公開!?
山と道 MINI2
サイドポケットと背面がメッシュになり細部が調整され使いやすく進化
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する