TJAR2016 8/6 DAY 0

出発の前日(8/5)は魚津のマンテンホテルに宿泊した。
マンテンホテルは北陸圏のホテルチェーンで朝食メニューが素晴らしく、数年前からの大ファンだ。
マンテンホテル以外で宿泊しても朝食はマンテンホテル、というぐらい朝食が素晴らしい。

8/5の24時ころに魚津駅に到着し夜食を調達してマンテンホテルへ。
先着しているおはりんと合流し、ツインルームでパッキングだ。
おはりんは100リットル近いボストンバッグを3個ほどと、膨大な物資を持ち込んでいて、びっくり。
こっちは機内持ち込みサイズのキャリーバッグと山と道MINIだけだぞ。。。
シューズも3足(4足か?)持ち込んでいて、どんだけ直前まで悩むのよ、って感じだった。


ウェアたち


おはりんの荷物の一部
食べ物もおおすぎ。。。笑

夜食を食べつつビールを飲み、なるべく夜更かしをするようにだらだらと準備開始。
それでも基本的な準備は済んでいたので2時ごろには準備完了してしまう。
忘れ物は特になし。優秀だ。
準備が終わってしまったのでゆっくりしているとついつい眠ってしまった。

はっと起きると朝の6時ころだった。
大浴場に入り、待ちに待った朝食を食べて8時ころに再度就寝。
寝たり起きたりしながら16時ころまでゆっくりできた。

小腹がすいたのでコンビニで夕食とスタート前のおにぎりを購入し、腹ごしらえ。
19時半までに集合だが、今回はすべての準備が整っているので19時に会場入りだ。
会場までは大原選手のご両親に送ってもらった。

会場では懐かしい顔ぶれがほぼそろっていて、再会を喜ぶ。
受付も順調に終わり、ビブスを受け取った。
今回は14番だ。

DSCF6362.jpg
再会(と言ってもちょくちょく遊んでる三人組)


ビブゼッケンをもらう

開会式までは時間があり、両親や友人が応援に来てくれているようなのでそこへ向かう。
すでに多くの観客が集まってくれていた。
知り合い一人一人に声をかけ、スタート前のひと時を楽しむ。
前回はほとんど知り合いもいなかったけれど今回は大勢の人と話すことができた。
とてもゆったりとした時間を過ごすことができた。

DSCF6376.jpg
出発の碑にて記念撮影

DSCF6431.jpg
PTLチームとの再会

そして、盛大な開会式が始まる。
2年前とほぼ一緒の段取りで、2年前と同じようになにか他人事のような感覚を懐かしく思う。
そしてブリーフィングを経て多くの人たちの激励をうけ、スタート地点へ。

DSCF6381.jpg
開会式

富山湾へタッチしスタートラインに並ぶ。
前回と変わらず、これからTJARを走るという実感もなく、ほとばしるような闘志もない。
弱気も強気もなく、ただただこれから始まる最高の旅を自然体で待っていた。

DSCF6433.jpg
スタート前には花道が出現
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する