TJAR2016 8/13 The last day

つづき

井川ACに着くとおはりんは数分前に1分も止まらずに出発したとのことだった。
自分は飲み物でも買おうかと売店を見てみると営業時間内でカップ麺やレトルト食品などが食べられるとのことだった。
ここから先は時間帯的におそらく40km以上食料が買えない。
最後の補給と思い、カップ焼きそばとレトルトドライカレーと味噌汁をいただいた。
さらにゆでとうもろこしも見つけ、購入してたべる。
今になってやっと胃腸も全快したか?
そういえば、と思い家族を探すと来たけどすぐに帰ったのことだった。
まだ20時半だぜ。。。相変わらずのドライっぷりだ。

13923397_1120679681360062_466758704117291223_o.jpg
井川ACで補給中

食べながら飯島委員長と今後のプランについて話す。
おそらく休憩なしでは大浜にたどり着けないこと。
休憩するにしても場所が限られること。
まだ時間が早いので少しでも先に進んだ方がよいということ。など

食事をすると力が湧いてきた。
21時過ぎに意を決して先に進む。
前回は井川ACから16時間以上かかっていた。
前回よりは速く進めそうなので、7日目の日中ゴールが現実的なものになってきた。
脚はまだ元気だったが、お腹がいっぱいで走る気にならず、井川駅まで小走りしたり歩いたりを繰り返しながら進み、23時前に井川駅に到着。
ここからは富士見峠への登りだ。
その前に建物の影で1時間休憩することにした。
しかし、建物の影だが風通しがよく、あまり寝ることはできなかった
ここは省くか短時間の休憩でもよかったかなと思う。

TJAR2016 8/13 The last day

1時間の休憩の予定だったがあまり休まらないので45分ほどで先に進むことにする。
休んだおかげもあり、お腹もこなれてきたし脚の調子もよい。
富士見峠への緩い登坂をゆっくりながら走る。
前回はとても長く感じた富士見峠への坂を1人で黙々と登る。
涼しく適度に風もありとても気持ちがいい。

前回お世話になった食堂「じんきち」前の自販機で飲み物を補給し、富士見峠を目指しているとRさんとFさんが車で応援に来てくれた。
ある程度応援したのち、下山して追いかけてきてくれたらしい。
自分は前回の苦い記憶、富士見峠を降りた後に大失速した記憶から、峠の東屋でもう一度休憩を入れることにするので峠でお別れした。
東屋は人もおらず(当然か)快適そのものでベンチで脚を上げて仮眠した。

はっと起きると、1時間の予定が5分ほど過ぎていた。
時刻は3時過ぎ、残りは50kmだ。
うまくいけば午前中には到着できそうだ。
と思ったところでおはりんの状況確認すると少し前に15kmほど先の横沢で1時間ほど仮眠するとの情報が入っていた。
あいつは絶対寝坊する、それなら追いつける!とやる気が溢れた。笑

そして富士見峠を下り始めた。
自分でも驚くくらいに回復していて、下り坂ということもあり1km5分くらいで下ったのではないかと思う。
絶対に追いつく、という強い気持ちがあった。
途中でNHKのカメラと並走したときもそんなことを言ったと思う。
まだ暗いうちにCasso横沢を通過。
店舗は灯りが点いていたが、また来ることはあるだろうと素通りする。

すぐに夜が明けてきた。
横沢のバス停に到着するがおはりんはいない。
トイレを済ませ飲み物を補給してすぐに出発する。
ここからは多少アップダウンのあるロード区間だが、ほんとうに強い気持ちで登りも走ることができた。
このままのペースでゴールまで着くのは無理だろうとの自覚はあったが、それでも追いかけたかった。
走りながら食べれる所にしまった行動食が尽き、燃料が切れそうになっていたがそれでもおかまいなく、がむしゃらに追いかけた。
最後の最後にこの走りができて本当によかった。人生の中でも(記録とかではなく)5本の指に入る走りだったんじゃないかと今でも思う(たいしたランナーではないけれど)。


今年もあった横断幕。力もらいました

燃料も飲み物も尽きかけた中河内川の合流地点で自販機により、行動食をザックの中から取り出しつつGPSを確認すると、おはりんは1時間ほど先に進んでいることが分かってしまった。
ここで残念ながら追いつけないことを悟ってしまった。(後から聞くと仮眠は15分ほどしかしていなかったらしい)
少し気落ちして、座って行動食を食べているとRさんとFさんが再び登場。
もっと早く観戦する予定が寝すぎたらしい。
もう追いつけそうもないから、あとはマイペースで進むことを告げ走り出す。
この辺りでトランス大ファンのYさんが来てくれて、思い出に残る写真を撮ってくれた。

14045437_830553573742582_784782682_o.jpg
休憩中。(Rさん、Fさん提供)

13987147_830553610409245_349576390_o.jpg
座ってゆっくり食べた。(Rさん、Fさん提供)

14087161_640628929438865_1523928187_o.jpg
準備完了。(Rさん、Fさん提供)

13987908_830553657075907_1390039169_o.jpg
そして、走り出す。顔むくんでる(Rさん、Fさん提供)

13996323_921533984619281_6087956572650961079_o.jpg
自販機休憩中(Yさん提供)

DSC_4579.jpg
元気そうに走ってる(Yさん提供)

安倍川を渡る6時半過ぎ、家族も登場。
転々と応援してくれた。

陽が登りだすとものすごい暑さだった。
静岡手前の最初のコンビニのサークルKでおにぎりを食べ水とアイスモナカを買い、モナカをかじりながら走る。
水は飲んだりかけたりしながらとにかくオーバーヒートにだけはならないように坦々と走った。

新東名手前でゴールを見届けに来てくれたN氏とも会え、元気をもらう。
アラジンでも多くの人が出迎えてくれた。
道でもいろいろな人が応援してくれる。
どれも笑顔で応えられたと思う。


岐阜から駆けつけてくれたラン仲間のNさんと

13912842_1045219952181269_9097743514737144007_n.jpg
アラジン前にて(アラジンのFBより拝借)

静岡に近づくと信号が多くなかなか進まない。
前回は赤信号を理由に休んでいたが、今回は止まらず進みたい。
前回は安倍川を渡ってから本当に遠かった静岡駅も今回はあっという間だった。
静岡駅では写真を撮り、FBに最後の投稿をした。


静岡駅にて。前回もやるつもりだったけど余裕なし

ちょっとだけ道に迷って、いよいよ大浜街道へ。
ここでもいろいろな人が応援してくれた。
応援者の中には遠く旭川からわざわざ自分のゴールを見るために来てくれた人もいて、自分でも元気や勇気をもらうだけじゃなくあげることもできてるんだなと本当に感激だった。

いよいよ大浜海岸の松林が見えてくると、終わってしまうさみしさがこみあげてきた。
時間をかけたい気持ちもあったが、みんなが待っていてくれるので走っていった。
そして、海岸に到着する。
おはりんや実行委員の皆さん、友人、家族そして応援の方たちが待っていてくれた。
まだ脚が残っていたので元気よく防潮堤を駆け上がる。
ゴールゲートが見えた。
昼の大浜も見えた。
一呼吸おいてから、ゴールゲートまで全力で走った。
もっとゆっくり楽しめばよかったのかもしれないが、この瞬間は頭がまっしろだった。
そしてゲートに到着。
6日9時間48分だった。

13937963_921534664619213_3478106304783605025_o.jpg
おはりんとはぐ(Yさん提供)

14068027_921534944619185_1512724769706727306_o.jpg
実行委員のみなさまとグータッチ(Yさん提供)

13912561_1121062524644219_4101414720242647583_n.jpg
最後はダッシュ(FBより拝借)

14067800_921535244619155_5548263780521527389_o.jpg
つられてみんなも走る。笑(Yさん提供)

13975558_921536081285738_4689989833141279993_o.jpg
ゴールゲートへ(Yさん提供)

13913662_921536564619023_3870775300749644508_o.jpg
ありがとうございました(Yさん提供)


もうちょっとだけつづく
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する