TJAR2016 after race

ゴール後はもちろん海へ入水。
ここも走っていきたかった。
待ちに待った昼の海だ。
勢いよく海へ。
汗を流すつもりが海水は本当に目にしみた。

14067826_921537054618974_5550416391742665578_o.jpg
海へダッシュ

14068589_921537264618953_6838147101103415923_o.jpg
これがやりたかった

その後はゴールに戻って写真撮影とスピーチそしてシャンパンファイト。
あんまりうまいこと言えてなかったと思う。汗
シャンパンファイトは前回はなかったので人生初!
Nさんが持ってきてくれていたので合計2本。
1本は自分で、もう1本はおはりんと一緒に。

13996256_921538017952211_3927000233909539573_o.jpg
人生初のシャンパンファイト

13908922_921539067952106_5370814899785287741_o.jpg
おはりんも一緒に

一通りゴールのセレモニーが終わったら、応援してくれた人たちに挨拶ののち関係者スペースに移動する。
先にゴールした皆さんも待っていてくれた。
望月さんもいてくれて、2年越しでゴールでご挨拶できた。
本当にありがたいです。

その後は風呂にも行きたいけれどお腹もすいたし眠い。
そしてなにもやる気が起きない。
だらっとしていると、どんどん食べ物や飲み物が出てきて、吸い込むようにいただいた。笑
それからはサコさんのお出迎え、お風呂、Oさんから花束の贈呈、京都のズンさんとのお食事など祝いの行事(?)が続く。
夜中にゴールした選手たちには申し訳ないが、その時間は起きてられませんでした。。。

13932885_1045351478834783_1211200543719506216_n.jpg
アラジン前でサコさんお出迎え

13987410_1097686443653204_5852945846343505625_o.jpg
Oさんより花束贈呈、いつもありがとうございます!


京都から祝福に駆けつけてくれたズンさん、ありがとうー

夜が明けて、いよいよ最終日の8/14となった。
2年間一緒に頑張ってきたみさごさんのゴールが近づいてきた。
まずはアラジン前で出迎えて、ゴールへ移動して待つ。
このゴールは家族とチームメイトたちの物なので、自分はでしゃばらない。
米田選手(ヨネさん)と、陰から見守った。
ヨネさんは2014年にみさごさんと行動を共にすることが多かったから、感無量だったのだろう。
男泣きしていた。←自分もちょっとだけもらい泣きしたがウソ泣きとツッコまれた。

IMG_1092.jpg
No.1芸人みさごさんも影では真面目な顔。

IMG_1116.jpg
ここまでくれば貰ったようなもんだ。

そして夕方近くに田中選手がゴールへやってきた。
防潮堤の前でワクワクしながら待っていたが、顔を見た瞬間泣いてしまった。
田中選手とは2014でかなり長時間にわたって前後し、アドバイスをいただきながら塩見まで一緒に来た。
そこから田中選手が少しずつ遅れ、荒川小屋でビバーク中にあったのがレース中は最後で、茶臼にて無念のリタイヤだった。
田中選手のリタイヤの報を聞いたとき、ほんとうに悲しかった。
田中選手とみさごさんのゴールで、自分のTJAR2014がやっと完結した。

13920534_1123892814344943_8580574875914576254_o.jpg
田中さん、本当によかった。

その後はゴールに向かう岩崎選手や夜間にゴールするであろう最後方の選手たちを応援しに車で逆走した。
静岡市内は応援も多く、店なども多いので頑張れるだろう。
前回の自分は、静岡市街の手前が一番苦しかった。
そこで応援してあげたいと思ってのことだった。
そこでの選手たちは満身創痍ながらもひたむきにゴールを目指していた。
(恐らく)人生最大の苦行の最中であろう。
2年前の自分と重ね合わせてしまい懐かしくあり、また勇気をもらった。
井川ACを出発した選手が全員ゴールできて本当によかった。


コンビニで補給中の岡田選手。座っちゃって平気かなーと思ったら、元気に走っていった。

13923256_1123892887678269_7657092131341070660_o.jpg
闘志あふれる恵川選手。ひたむきさが眩しかった

最後のゴールは、やっぱりずっと応援してくれていた家族やご友人達とのものだと思ったので見に行かず、自分のTJAR2016はここで終わった。

繰り返しになりますが、今回は天候にも恵まれ、山や里で応援してくれる方も多数いてくれて、本当に楽しい旅をすることができました。
実行委員の皆様、スタッフの皆様、応援の皆様、WEBで観戦してくれている皆様、そして最高の旅を共に過ごした仲間たち、その存在をどんな時も身近に感じていました。
そのおかげで、ただの一度も気持ちが折れることなく、どんな時も恐怖を感じることなく、歩けたのだと思います。
皆様には感謝しかありませんが、その気持ちが大きすぎてそれを伝える言葉が「ありがとうございました」しか見つかりません。
またお会いできたら、思い出話に花を咲かせましょう。

本当にありがとうございました。


自分のレースが終わってからちょうど1カ月、長々とお付き合いしてくれた読者の皆様もありがとうございました。

IMG_1178.jpg
トランス双六手ぬぐい。販売予定?
コメント

お疲れ様でした!

大会、それにブログ(記録)お疲れ様でした。
読みながら、最後泣いてしまいました。
本当に素晴らしい仲間達に囲まれて羨ましいです。
いつしか僕のその舞台に立ちたいです。

Re: お疲れ様でした!

夢追人さま

長期にわたり読んでいただきありがとうございました。
自己満足の記録ですが、すこしでも心に残ってくれればうれしいです。

もし目指しておられるのであれば、出たいと思った時が準備を始める時です。
時が過ぎるのはあっという間ですので。。。

お互い、夢を追っていきましょう!

> 大会、それにブログ(記録)お疲れ様でした。
> 読みながら、最後泣いてしまいました。
> 本当に素晴らしい仲間達に囲まれて羨ましいです。
> いつしか僕のその舞台に立ちたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する