南アルプス南部 ぐるっと縦走

先週末の3連休、南アルプスの南部をぐるりと縦走してきた。
今回は小屋泊ということでうきうきの出発だった。
代わりに避難小屋用の食事セットや差し入れ、お酒などを持ったので荷物はいつもより重い。
相棒は北海道のO氏、おはりんも同行予定だったが急遽不参加となる。

1日目(9/17)
中岳避難小屋宿泊予定だったので畑薙ダムの臨時駐車場からバスを利用できる。
これは使わない手はないので、11:30発の椹島までバスを利用。
バスの運転手さんから「中岳は無理だ」と何度も心配されてしまった。汗
「ムリだったら千枚小屋に泊まりますー」と返答したが、とっても悪いことをした気持ちになる。

バスがちょっと遅れて12:45頃に千枚登山口に到着。
まずは樹林帯を坦々と登る。
久しぶりに会ったO氏とは会話も弾み、ペースも同じくらい。
薄曇りで湿度が高く風もなく汗が大量にでる。
最初はルンルン山歩きだったが、千枚への樹林帯は単調で視界もほとんどなくだんだんとダレてきて、飽きたなあーというところで千枚小屋へ到着する。
ここは登山客も多く、大賑わいだった。
時間はまだ16時前だったので、中岳には日没前の18時頃到着予定だ。
一応小屋の方に先に進む事を告げて、軽めの休憩で先に進む。

蜀咏悄 2016-09-17 12 41 52
登山口

蜀咏悄 2016-09-17 16 45 50
千枚岳への稜線

IMG_1185.jpg
千枚岳登頂

すぐに千枚岳に到着し、これからはやっと稜線歩き。
道は良く、やや曇りがちだったが視界も時折良好だ。
樹林帯とは違い飽きることなく悪沢岳を越え、中岳避難小屋へ予定通り18時前に到着する。

蜀咏悄 2016-09-17 17 03 03
たまには走ったりもする

IMG_1187.jpg
幻想的な稜線

IMG_1188.jpg
山頂付近は紅葉もはじまっていた

IMG_1189.jpg
悪沢岳登頂

中岳の親父さんは自分の事を覚えていてくれて、本当に歓迎してくれた。
バスの無線で遅い時間から中岳に行く2人組がいると聞いたときに、自分(とおはりん)が来るんじゃないかと予感していたらしい。
夏の約束が果たせてよかった。(^^)
小屋のお客さんは先客1名と後から入ってきた4人パーティだけで、ゆとりのスペースだった。
20時の消灯まで、親父さんと、トランスのエピソードや小屋番の仕事についてなどそれはもう色々なことを話した。
名残惜しいが20時に消灯で他のお客さんもいるので2階に上がって就寝。
小屋なので快適そのもの、ぐっすり寝ることができた。

IMG_1191.jpg
ランプの避難小屋 ムードたっぷり

IMG_1192.jpg
4人パーティにもらった韓国焼酎と岳さんからもらったブドウ

2日目(9/18)
3:30頃起床。
そのまま4時頃までぐずぐずして、4人パーティが出発するころに1回に降りた。
かるーく朝食を食べながら準備をしていたが、また親父さんと会話が盛り上がり結局出発は6時ころだった。笑

IMG_1193.jpg
避難小屋前でご主人と ダンディでかっこいい

曇りがちのなか、中岳を経由して荒川小屋(のカレー)を目指す。
いよいよグルメツアーの始まりだ。笑
今年の夏は長く感じた下りだったが、視界があると小屋が目視でき意外と近い。
途中で雨が軽く降ってきてしまったが、気温が高いので全く気にならない。
あっというまに荒川小屋に到着。
小屋番さんにお礼とあいさつをして食事をお願いする。
ここではもちろん荒川カレーだ。

IMG_1196.jpg
中岳経由

蜀咏悄 2016-09-18 6 37 22
荒川カレー行き

カレーで腹ごしらえした後は赤石岳を目指す。
大聖寺平を過ぎたあたりから雨が降り出し風も強くなってきた。
が、行動不能になると言うほどでもない。
久々の悪天候登山がなんだか楽しかった。
何事もなく小赤石~赤石岳を過ぎて赤石避難小屋へお邪魔する。
ここのご主人も覚えていてくれて、風雨でお客さんが誰もいないこともあり大歓迎された。
去年トランスのみんなと遊びに来た時の写真を大きく印刷してくれていた。
とてもいい写真だったがサコさんの肘が自分の顔に被っていた。。。笑
コーヒーとおしるこをごちそうになりながら話がはずむ。
だいぶゆっくりさせてもらってから先へ進む。
小屋の外までご夫婦で見送りに来てくれた。

IMG_1200.jpg
ここにいるはず。。。あれ?顔うつってない、の図

百間平への下りはトランスの時は夜間で足元がガラガラでよくなく、ストレスのたまる下りだったと記憶していた。
が、日中歩けばなんということはない。
あっさりと百間洞に到着した。
カレー、おしること食しお腹いっぱい気味だったので山の家には寄らずに先へ進む。

中盛丸山のコルからは風雨がさらに強くなり、稜線では平地の台風並みだった。
それでも二人とも気力体力ともに十分でぐいぐい進み中盛丸山~小兎~兎~聖と次々越えていった。
残念ながら展望は全くなく、足早に下る。
聖を越えれば聖平小屋はすぐだ。


山頂!

聖平小屋ではもちろんカレー。
ボリュームたっぷりのおいしいカレーがたったの500円と破格だ。
もちろんウェルカムフルーツポンチもいただく。
ここでも小屋のスタッフが自分を覚えていてくれて御礼とあいさつをした。
小屋で停滞の人が多いらしく、雨の割に小屋は混雑していた。
目的地の茶臼小屋も混んでいるだろうか。。。

蜀咏悄 2016-09-18 13 20 37
聖カレーを食す

続く


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する