末端冷え症対策 防寒テムレス

amatchの居住地は道北の片田舎で、言うまでもなく寒い。
特に厳冬期の早朝、日の出前は-20℃を下回ることも多々ある。
刺すような寒さとはよく言ったもので、外気にさらしたり薄着でいると寒いというより痛い。
そんな時でももちろん走る(こともある)。
その時に使っているのがショーワグローブ製の防寒テムレス
透湿性と防水性を兼ね備えたポリウレタンをコーティングして、汗などの湿気を手袋外部に放出することでムレを軽減するらしい。
実際、他のゴム手袋よりムレにくい使用感だった。
汗冷えもしにくいのだろう。
実はスキーの登りでも使っている。
皮のグローブは寒さで固くなりやすく写真撮影などの小さな作業には向かないが、防寒テムレスは柔らかいままなので細かい作業もできる。
末端冷え症のamatchにとって冬山でグローブを脱ぐのは自殺行為なので非常に助かっている。
また、登りでグローブを使うと消耗してしまうが、防寒テムレスは実売1,500円前後と安価なのでガンガン使えるのもいい。
3ヶ月タフに使っているが、破けたりしていない。
ランニング、スキー、除雪などに大活躍中。
タイトなつくりなので、1サイズ大きめの方が使いやすいと思われる。

KIMG0618.jpg
昨日も朝ランと

KIMG0622.jpg
豊富温泉セルフナイターで使用

KIMG0620.jpg
ラン仲間はスノーランで参戦。adizero mana7族
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する