利尻島一周悠遊覧人G(ゆうゆうらんにんぐ)&PTL(UTMB)エントリー

先日のブログでも紹介した、amatch激推しランニング大会の利尻一周悠遊覧人GにTJAR2014完走者の米田選手がエントリーした。
amatchのラブコールに応えてくれた感じだ。
このレースは利尻島一周55kmを走る、いわば草レースだ。
しかし、景色のよいコース、利尻島あげての歓迎ムードと温かい応援、そして前後夜祭のおもてなしなどがとてもすばらしい。
リピーターが多いのもうなずけるし、道北最大級のランニングイベントとしても町興しとしても成功した例だろう。
メインスポンサーの一社である石屋製菓の白い恋人は、島南部のオタトマリ沼から望む利尻富士がパッケージになっているそうだ。
その縁もあり、去年は石屋製菓の社長が走り、完走を果たしている。
簡単なもので、一発で石屋製菓のファンになってしまった。笑
利尻一周悠遊覧人Gのページには去年の写真がたくさん掲載されている。
興味ある方はご覧になれば、アットホームな大会だろうということが分かると思う。
例年はなかなか定員に達しないが、前夜祭は早々に埋まる可能性があるのでご注意を。
去年はウニが出なかったので今年は「倍返しだ!」とのことでした。

米田選手とはおなじくTJAR2014完走者の佐幸選手とともに、今年のPTLにチームで出場する。
PTLはUTMBシリーズのひとつで、2人もしくは3人のチームで300kmの山道を5日と22時間かけて走破する耐久レースだ。
基本的にサポートも道標もなくTJARと似たようなルールとなっている(山小屋泊などの使用制限はない)。
日本人チームとしては昨年初めて1チームが完走を果たし、大きな話題となっていた。
我々のチームもそれに続く意気込みで、しっかり準備して挑戦したい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する