馬籠-妻籠 古道ハイク

前々から気になっていた中山道の妻籠宿と馬籠宿。
長野方面や木曽に行くたびに道路標識でみて惹かれるものがあった。
予定のあいたこの週末、とうとう行くことができた。

今日は雲ひとつない快晴だ。
せっかくなので妻籠‐馬籠間は歩くことにした。
まずは妻籠まで車でで移動し、朝一のバス(といっても10時台)で馬籠に移動。
馬籠は中津川市街地や恵那山を望む峠の中腹にあり、南向き斜面で日当たり良好。
きれいに整備された宿場町と売店の数々で買い食いが進む。笑
民宿や旅籠も多数残っていて泊まってみたい(というより中の見学がしたい)。
いろいろ見学していたら馬籠宿を突破するのに1時間以上もかかった。

馬籠宿から妻籠宿までは馬籠峠を経由して8km弱の道のりだ。
走ってしまえばあっという間なのだろうが今回は途中の史跡や古民家を見ながらゆっくり歩く。
途中で茶屋や野菜や干し芋(!)の無人販売もありとても楽しい道のりだ。
さすがは五街道の旧中山道ということもあり、道は快適そのもので迷うようなところも一つもない。

馬籠峠をこえると北向き斜面となり急に涼しくなった。
それでも快適そのものでよく手入れされた杉林の中の手入れされた古道を歩く。
お茶をふるまってくれる無料の休憩所(寸志はいれる)もあり、まったく飽きることなく妻籠宿に到着。
3時間かかった徒歩旅もあっという間だった。
妻籠宿の町並みもぶらぶらと楽しみ古道と宿場町跡を満喫した。
ハイカーも多く、外国人のハイカーも多かった。
日本人の自分でも感動するぐらい古き日本の良さが楽しめる古道ハイクは外国のハイカーにはとっても良い経験となっただろう。
休憩所の雑記帳にもアルファベットで称賛するコメントがあふれていた。

馬籠-妻籠ハイク、超お勧め!
桜の季節や積雪後など四季折々で楽しめそう。

IMG_1373.jpg
馬籠宿出発

IMG_1390.jpg
写真用コスプレセット貸し出し中

IMG_1398.jpg
露店で買ったサツマイモがささるザック

IMG_1404.jpg
今日は快晴。中津川方面の景色が素晴らしい

IMG_1367.jpg
熟成中の柿

IMG_1409.jpg
初めて見る干し芋の無人販売。めっちゃうまかった

IMG_1410.jpg
民家の軒先で干してた

IMG_1433.jpg
林間の古道を歩く

IMG_1451.jpg
妻籠宿に到着


完歩証明書も販売中

IMG_1469.jpg
馬籠からの夕陽もうつくしかった
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する