鍋倉山 山スキー

正月休み最後の山スキーは鍋倉山へ。

パートナーは前日に白山を登ったみさごさん
疲労もありそうなので手頃な山にした。

前日の情報ではなかなかのパウダースノーがあるとのこと。
が登ってみると、固いところとパウダーが入り混じった難しそうな雪質だ。
積雪も少ない。
わりとさくさくと登り、2時間ほどで登頂し滑るがやはり難しいー。
ターンごとにパウダー・パックが入り混じり自分の技術では華麗に滑り下りるのは困難だった。
今回は北海道旅行でつかったフルロッカー板のDYNAFIT CHUGACHIを使用したが、スキーのチョイスを間違ったようだ。。。
パウダーでは軽快に小回りをしてくれるこの板も、パック・パウダー・クラストが入り混じった雪質では振り回すのが大変だった。
それでもわずか数cmのパウダーがあればその圧倒的な浮力で楽しめるのは素晴らしい。
自分レベルではスキーのチョイスからスキーツアーは始まっている。
ちゃんと道具選びもしないとならない。
そして、どんな状況・板でも滑れるようになりたいものだ。

鍋倉山は景色もよく、ブナの林間ハイクも楽しい。
手頃でスノーシューハイクも楽しそうだ。

下山後は白馬の偵察をして帰宅。
白馬は雪不足のようで八方尾根も下まで雪がつながっていなかった。
が、帰宅中には大雪に見舞われ、中央高速が通行止めそして大渋滞となり帰宅にはいつもの倍時間がかかりってしまった。。。

こうして無事帰宅し北海道ツアーは終了。
これから平常運転が始まる。


歩き出して少し、田園風景の景色はよい


ブナ林を登る


ブナの巨木がうつくしい


ブナの疎林を滑る。ここが難しかった。。。


最後は林道滑り
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する