さらに試し履き YONEXランニングシューズ

昨日に引き続き、YONEXのランニングシューズを試し履き。

今日はSAFERUN810だ。
今日中に返さないとならなかったので試し履きできたのは昼ランの5kmのみ。
昨日の800がジョギングユースなのに対し810はランニングユースということだった。
履いて走ってみるとサポート機能が省かれているようで自然な着地感があり自分としてはこちらの方が好みだった。
とはいってもドロップも大きくある程度重量もある。
最近はいていたシューズと比較してあきらかに重い。

超長距離のシューズ選びに関しては、ある程度重くてもサポートやクッション性を重視する考え方と脚がもつなら軽くてもいいという考え方が世の中にはあるようで、自分としてはどちらが正しいのかは判断できない。
なんせ250kmノンストップで走ったことはない、ロードの最長は100kmだ。
だがひとつだけ言えるのは違和感を引きずったまま走り続けるのは得策ではないし、きっともたなくなるだろう。
そういう意味では810の方は合格で選択肢としては残るかなという印象だった。

シューズ選びは本当に難しい。
他メーカーのシューズも試してみたいが、試し履きシステムなんて都合のよいものはあまりなくその点ではYONEXには感謝だ。


例によって作りはよい。デザインも悪くない
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する