槍ヶ岳飛騨沢 山スキー 詳細版

3/4(土)に槍ヶ岳飛騨沢を滑った記録

槍ヶ岳飛騨沢を滑るのは今回が2回目だ。
1回目は2013年5月にテレマークスキーで登り、条件もよく山頂まで行けた。
飛騨沢は長く、林道歩きも長く、下山は日没ぎりぎりだったのを覚えている。
飛騨沢滑降の経験者は自分のみ。
あのスケールに2人は感動してくれるだろうか。。。

今回はみさごさんとゆうじんさんという体力のある仲間とのパーティということに加え、天候条件もいい。
楽しく最後まで頂上まで行けるのではないか。。。と期待。

朝3時出発予定でみさごさんと高山周辺で1時に集合し出発地の新穂高温泉へ。
星が美しく、そんなに寒くない。
温泉周辺は風もなく、成功を予感させる。
2時半ごろにゆうじんさんも合流し、準備が本格化。
登山届を提出し、3時過ぎに新穂高を出発する。

まずは林道歩き。
前回はGW過ぎだったのでもう土が出ていたが今回はずっと雪がつながっていて楽ちんだ。

17105920_1301744419914071_1020993640_o.jpg
夜間の林道歩きも楽しい

林道の終点、白出沢を過ぎたところでルートに関する意見が割れ、結果的に30分程度のロスとなった。
経験者としてもっと強く意見を言うべきだったと反省だ。
GPSに頼りすぎたのもよくなかった。

夜が明けるころに雪で埋まった飛騨沢に降り立つ。
そこからはたまに沢に空いた口を避けるだけで単純な登りが続く。
雪は固く凍り付いていて先行者のトレースもあり歩くのも楽ちんだ。
槍平をすぎ徐々に傾斜がきつくなってきても、会話は途切れない。
さすがに体力のある2人だ。

飛騨沢を詰める700mの登りも体力的にはすんなりだ。
が、最後の150mほどで強風&クラスト斜面となり、スキーで登るのは断念しアイゼンを装着する。
風は登れば登るほど強くなり、飛騨乗越では歩くのも厳しい強風となった。
槍沢側を覗き込む気にもならない。
気温もかなり低い。
槍の穂は目前に見えているが、この状況では登ることには多大な危険が伴ってしまう。
あっさり全員一致であきらめ滑降モードに切り替えた。

17121293_1163448740434774_617696732_o.jpg
目の前には槍の穂が

クラスト斜面をアイゼンのまま少し下りスキーを装着。
急斜面でのスキー装着が一番の緊張ポイントだったが無事にクリアし斜面を見下ろすと、雄大な飛騨沢と真正面に悠然とそびえる笠ヶ岳がとんでもないスケール感で目に飛び込んでくる。
雪質はクラストの上に20cmほど軽いパウダーが乗っていた。
もうキメるしかない。

17122008_1301744393247407_349256281_o.jpg
ラインを見極めるみさごさん

2人に続き自分も飛び込む。
雪面状況はとてもよく、傾斜もちょうどいい。
気持ちよく標高差700mの大滑降を納得の滑りでやり遂げることができた。
みんなも納得の滑りだったようで、満足そうな笑みが浮かんでいた。

17121872_1301744383247408_919292867_o.jpg
みさごさん

17121565_1301744426580737_152740597_o.jpg
もいっちょみさごさん

17121479_1301744576580722_290754136_o.jpg
ゆうじんさん スプレーがうつくしい

17142096_1163449240434724_2073461569_o.jpg
自分も一枚

17101563_1301744349914078_1986339124_o.jpg
立ち止まるとすごい景色だ

17121438_1301744313247415_1414312669_o.jpg
さらにドロップ

標高を下げると難しい雪質もでてきたが後は安全に下山するだけだ。
途中ですわってまったり休憩などしながら下っていき、15時頃に下山。
飛騨沢滑降完遂だ。

17091306_1301744533247393_681906772_o.jpg
緩斜面をまったり滑る

みさごさん、ゆうじんさんありがとう!

17142262_1301744336580746_669533022_o.jpg
下山後の記念撮影

あとはいつもの平湯温泉に宿泊して、近所に座った人たちと大宴会となった。
ビールがうますぎて飲みすぎた。

みさごさんのブログはこちら
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する