さくら道 前編

先週末に出場したさくら道国際ネイチャーランの前編。

さくら道のスタートは名古屋城の本丸だ。
朝は6時からのウェーブスタートで5時半には集合することになっていた。
ということで名古屋に前泊し5時過ぎに名古屋城に到着。
すでに多くの選手と応援の方々が集まってきていた。
友人たちとあいさつを交わし、名古屋城の本丸に移動する。
スタート前の時間にやっとさくら道を走ることを実感し、感慨深いものがあった。

スタート順はさくら道の完走者が後で、初挑戦組は早いスタートになる。
自分は第2ウェーブの6時3分スタートだ。
ロードのウルトラ過去最長距離は100kmでそれ以上は初体験の距離だ。
自分の体がどんなことになるのかわからない。
制限時間も厳しく、大崩れしたら完走はすぐに危うくなる。
ということで久々に自信のないレースで、緊張感があった。

まず6時発の選手たちを見送り、3分後に自分たちもスタートする。
本丸から名古屋城の正門に向かい正門を出ると、本当に多くの方々が応援に来てくれていた。
友人も多数いてくれて、とても幸せな気持ちになれた。

それも一瞬でいよいよ本番のロードがスタートした。
自分のプランでは、前半は街中を通るので信号でストップ&ゴーがありトータル6分/kmで50kmまでいき、その後100kmまで10時間半、その先は粘るだけ粘るというざっくりとしたプランだった。
2kmほどで信号待ちをしていた第1ウェーブの選手に追いつき、トップグループに入ってしまった。
ペースは信号につかまらなければ5分半/kmほどでまあほぼ予定通りのペースだった。
かなりの暑さで20km過ぎから手がむくみはじめ、40kmを過ぎたころには喉がからからになってしまっていた。
水不足はまずいので飲みすぎてるなあ、胃は平気か?と思いつつも飲むしかないのでエイド毎にコップ2杯は飲んでしまっていた。
51.2kmのエイドで足裏ケアをしてから出発するとすぐに最終の第7ウェーブの選手2名に追いつかれた。
この2人は24時間走の日本代表で後ろについて走らせてもらったが、とんでもなくリズムがよく安定していた。
そしてピッチがまねできないぐらい早く、これが日本代表の走りか。。。と感銘を受けた。
少しでもその走りを見させてもらおうと、後ろについて走った。
が、次のエイドで水を飲んだ後に少し飲もうと思った梅ドリンクが濃すぎてもう一杯水を飲む羽目になり、計3杯飲まざるを得なくなってしまった。
これで胃の調子が一気に悪化し、ペースを落しついていくのをあきらめた。
もっと長く見ていたかった。。。

まだ胃腸の調子は早くも悪化してしまったが、まだ脚も身体的にも余裕があり、67.2kmの第1CPに6時間20分ほどで到着した。

(今日はここまで)



18111265_780300688805021_930494058_o.jpg
名古屋城正門から出てくるところ

IMG_2005.jpg
25km付近のエイド。応援のみさごさんもいた

IMG_2011.jpg
50kmのエイドにて足裏ケア

IMG_2023.jpg
67.2km第1チェックポイント到着




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する