ノルディックスキー世界選手権

現在スウェーデンで開催中の、ノルディックスキー世界選手権をBSで視聴した。
ノルディックスキーというとジャンプや複合を思い出す人も多いだろう。
しかし今回の視聴の目的はクロスカントリースキークラシカルのテクニック、ダイアゴナル走法のお手本を見たかったからだ。
そのため、いままであまり注目していなかったクロスカントリースキーを今回初めてまじまじと見た。
そして、そのとんでもない迫力に魅せられた。

走るよりも速いスピードで、坂道を駆け上がっていく選手たち。
エッジのないスキーで猛スピードで坂を滑り降りる選手たち。
そして、ゴール前での接戦とフィニッシュラインを越えて倒れ込む選手たち。
鍛え上げたアスリート達が繰り広げる熱い争いに、衝撃を受け、感動し、胸が熱くなった。
こんなに魅力のある競技、いままでなんで見てこなかったんだろう。
こんなに面白い競技が、なぜ日本では注目されないんだろう。
amatchは特にシンプルに体力を競うクラシカルに魅せられた。
もし興味がわいたなら、ぜひ視聴してみてほしい。

話しがだいぶそれてしまったが、クラシカルの細かいテクニックはあまりにすごすぎてよくわからなかった。
が、姿勢と足さばきについては少しわかった気がする。
確実に言えるのは、あの走法を維持して坂を登るにはとんでもない心肺機能と脚力が必要だろうということだ。
練習あるのみ!


2015年ノルディックスキー世界選手権 ファールン 男子クラシカルスプリント決勝
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する