旭岳ピークハント&山スキー

今日は旭岳に登ってきた。
昨日の前十勝の状況やその他の情報から、パウダーを狙うのは難しいと判断し方針をピークハントに切り替えた。
今回のバディの小樽のF崎氏と相談し、天気も悪くなさそうなので旭岳を狙うことにした。

9:00にロープウェーの旭岳駅を出発。鍛錬のため(節約のため)ロープウェイは使わない。
ゲレンデ滑降を楽しむスキーヤー、ボーダーを尻目にグイグイ登る。
途中で札幌のT氏と偶然出会った。
10:30、姿見駅着。15分ほど建物内で休憩して食事をとる。
11:50、1900m付近でクトー装着。クトーのないF崎氏は早くもアイゼン&ピッケルでシートラ態勢に。
風も出てきた。
12:10、2,100m付近でamatchもスキーを諦めアイゼン&ピッケル装備。当然シートラーゲン。
12:40、山頂着。雲はあるものの視界は良好。風く強くときおり雪煙が舞う。
13:20、北西斜面を滑降ポイントに決め、滑降開始。
13:25、雪面が波打ったクラスト斜面で非常に難しい。先行したF崎氏がスキーを外し流れ止めまで外れてしまい、片方のスキーを流す。
捜索も虚しく、スキーを失う。以後F崎氏は片足スキーに。。。
14:10、旭岳スキー場のゲレンデに合流。
14:40、下山。

当初の予想通り、パウダーは全くと言っていいほどなかった。
波打ったクラスト斜面は非常に難しく、下りのペースもいまいち上がらなかった。
F崎氏は途中でスキーを失うという痛恨のトラブルに見舞われながら、その培ったスキー技術で片足スキーで下降出来たのは良かった。
もしTLTスピードターンがセットされているロシニョールS3を発見されたら、ご一報願います。
それでもピークを踏め、展望も望めたのは良かった。

TLTビンディングの特性か開放値に限界があるので仕方ないが、固いバーンで滑ると板が外れることがある(amatchも固い雪面のゲレンデで何回か外している)。
なお、怪我をして行動不能より板が外れる方が良いとの判断でハイクモードでの滑走はしていない。
板が外れて怪我をする可能性も否定はできないが。。。
TLTビンディングを使用されている皆様も注意されたい。

滑りの様子はこちら

KIMG0740.jpg
姿見駅から山頂を望む

KIMG0743.jpg
標高2,100m付近。ここからアイゼン登行開始

KIMG0744.jpg
すでにシートラで登るF崎氏

KIMG0745.jpg
トムラウシも美しい。

KIMG0747.jpg
頂上直下のF崎氏。元気そのもの

1425217287918.jpg
カマキリ人間のポーズ

KIMG0748.jpg
頂上から白雲岳方面

KIMG0751.jpg
頂上から北鎮岳を眺めるF崎氏

KIMG0752.jpg
頂上標識でのF崎氏

KIMG0754.jpg
amatchの頂上写真。。。なぜか黒い物体が。これしかありません。。。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する