鳥羽めぐり

伊勢の翌日は鳥羽巡り。

メインは鳥羽水族館。
日本最大級の水族館というだけあって、展示の方法、ボリュームともにとても大きい。
10年前?ぐらいに言ったちゅらうみ水族館に勝るとも劣らないクオリティの高さだった。
大人に人気というのもうなずける。

その後は鳥羽マルシェで地元の食材を使ったランチバイキング、さらには寺社巡りと2日間で伊勢・鳥羽を満喫。
天気にも恵まれ良い週末だった。

IMG_3196.jpg
鳥羽水族館といえばジュゴン

IMG_3157.jpg
とウミガメ、かな?

IMG_3142.jpg
寺社巡りも楽しい

お伊勢

今日は伊勢神宮めぐり。
岐阜に転居してからいつか行こうと思っていた。
外宮内宮の往復はランニング。
小さな町の観光はランニングか自転車が効率がいい。(ランなら飲めるしね)

内宮の門前町?は昭和の香りがすごい。
人出も多く賑やかだ。

伊勢神宮は20年おきに遷宮(建て替え)するらしく、 建物自体はまだキレイで歴史を感じさせるものではないが、造りはもちろん古い。
熊野大社と似ていた(気がする)
こうやって技術の伝承がされるのだろう。


ランナーズ7月号にさくら道ランナーの記事が掲載

ランナーズにさくら道に出場した千木良選手の記事が掲載された。
千木良選手とはさくら道2017の後半、五箇山あたりでご一緒させていただいたが、坦々とマイペースで走っているのが印象的な選手だった。
後半でも元気そのものでペースが定まらない自分を尻目に順調に進んでいかれた。

その内容はレースレポートというよりも超長距離レース攻略の新たなアプローチといった感じだ。
簡単に言うと狩猟採集の時代を考えれば人間は本来飢餓に強く、脂肪を糖に変換する機能を鍛えればハンガーノック「低血糖状態」でも行動できる、というものだ。
暑熱順応や高度順応があるようにハンガーノック「低血糖」順応があるというのは説得力がある。
レポートはレース中に血糖値を測るという本格的なもの(自分も目撃)。
ハンガーノック順応方法も提示されていて、試す価値は大いにありそうだ。

興味があるかたはぜひランナーズ7月号を買って読みましょう!



フットサル練習

今夜はフットサルの練習だった。
特に試合の予定もないが。。。

今日は脚も良く動き、ダッシュやストップなども(わりと)しっかりとできたような気がする。
最近は気温も湿度も高く汗がよく出る。
いい汗をかき、脚の調子も良くなってきているのは気持ちが良いモノだ。

今日、さくら道の感想文を提出した。
期限ギリギリだ。汗
書いていると、楽しかった思い出とまた出たいという気持ちが湧き上がってきた。
本当にいいレースだったなあ。

妻木城跡散策

今日はものすごい晴天だった。
所用があり、午後から活動開始だったのでご近所の城跡訪問シリーズということで妻木城に行ってきた。

妻木城は1330年代に築城された(かもしれない?)という歴史ある城跡だ。
(詳しくはwikiなどで)
数年前の出張時に朝ランで来て以来の訪問で、今回は時間があるのでゆっくりと散策した。

城山登山口から急な坂道を登り25分ほどで城跡へ。
建物は残らないが石垣や曲輪、土塁に堀切と戦国の山城らしい構造が残っていてロマンを感じさせる。
(最近は古城めぐりがちょっとしたマイブームなので構造に詳しくなってきた)
なかなか規模が大きく、急な地形もあってここを攻めるのは難しそうだ、などと考えてしまった。

下山後はジョグ。
さくら道以降初めてスピードを出して走ってみた(といっても4:20/kmぐらい)。
走れないこともないが脚の違和感はまだ残っていて、無理せず気長に調子を上げていこうと思う。


木漏れ日の山道をジョグ


城跡からの眺め。御嶽山や中央アルプス一望


本丸跡には鳥居。ロマンある