伊吹山から金華山

日曜日はおはりんを案内して伊吹山へ。

おはりんは伊吹山未踏ということでお手軽100名山をご案内。
通常ルートを案内しても面白くないのでバリエーション?ルートのじょうへい時コースをコースをチョイス。
昨日の白山の疲れなどないようにぐいぐいと登り2時間弱で山頂まで一気登りだった。
上平寺コースは誰とも会わない静かな登山を楽しみ、五号目以降の一般ルートは登山者もトレイルランナーも大勢いた。
心配していた天気も薄曇り程度で琵琶湖まで見晴らせた。
山頂の茶屋で一息して下山。
伊吹山はやっぱりいい山だった。

IMG_3387.jpg
頂上直下でのダッシュ

IMG_3400.jpg
茶屋でかき氷。頭痛い

その後は金華山への最短ルートを登り展望レストランにて遅めのランチ、そのランチの場で誘われた岐阜トレイルランナーのフォトロゲ優勝祝勝会と盛り沢山の一日だった。

遊んでくれた皆さん、ありがとうございました!



白山

土曜日はゆかいな仲間たちと白山登山&軽く縦走。
天気もよく話も尽きない楽しい登山だった。


詳しくは後日!

明日は白山

明日は白山。

みさごさんの案内でおはりんと3名で周遊だ。
この3人での山はかなり久しぶりだ。
3人そろって山はもしかしたら1年前の春、妙高火打周遊以来かもしれない。
明日は天気も良さそうだし、間違いのないメンバーなのでとても楽しみだ。

北海道土産も持参し、下山後は楽しいランチ予定。


アスパラの肉巻きと利尻昆布ラーメン。これも間違いない!

サロベツオロロンシーニックランと皮膚保護クリームプロテクトJ1のコラボ企画

以前より縁なってお世話になっていた、アースブルー製の皮膚保護クリームプロテクトJ1。
サロベツオロロンシーニックランにもここ数年にわたって試供品を提供してくれていた。
そしてこの度、この超マイナーレースとプロテクトJ1のコラボ企画が実現することになった。

アースブルーが発行している足裏追跡ルポのサバイバルスポーツ挑戦記。
その番外編第2回の取材を行うことに。(第1回は峨山道トレイルラン)

試供品を使ってもらい参加者の足裏写真や一言コメントを集め、あらたなルポを作るというもの。
この企画に参加すると、あなたの写真(足裏?笑)とコメントがルポになり全国の販売店に置かれることになる!?
良い記念&思い出になると思います。
先着10名の予定です。参加者にはアースブルーさんから後日素敵な謝礼も予定しています。
興味のある方はレースにエントリーの上、事務局に連絡ください。

なお、参加者の皆さまにプロテクトS1の15mlタイプ(実売価格540円程度)をプレゼント予定です。

サロベツオロロンシーニックランへのエントリーはこちら

皮膚保護クリームプロテクトJ1に関する情報はこちら




ルポのイメージ

トランスイシカリ

先週末のメインイベントその3、トランスイシカリ。
今年のPTLのチームメイトで北海道在住のOさんプロデュースのイベントだ。

まずはトランスイシカリの概要から。

4年前に今回のプロデューサーであるOさんももう一名が完走し、それから開催されていなかったので今回4年ぶりの開催となった。
今回は北海道内外からランナーとボランティアスタッフ合計30名ほどのメンバーが集まった。
コースは石狩湾の銭函から太平洋の錦岡までをトレイルとロードを使って自分の脚で繋ぐイベントでフルコースで100マイル、累積標高差は8000mにおよぶ。
レースではないので1泊2日、中間点の支笏湖畔にて宿泊(テント泊)する。
今回は基本的に集団行動でペースによって一部の山を省略したりしながら太平洋を目指す。
途中で登るピークは13個にもなる。
低山ながらも展望がよい山が多く、ロマンがあるコースだ。

スタートは6月10日午前0時。
行動時間は初日19時間、2日目15時間の計34時間。
なかなか厳しい時間設定で挑戦するには十分だし、かなりの達成感も得られるだろう。

イベントの様子はまた来週にでも。

スタッフのO田さんが開設してくれた素敵な特設ページはこちら

Trans-ISHIKARI-2017概要
コースプロフィール